サイドリフトアップシート車(脱着タイプ)

  • サイドリフトアップシート車(脱着タイプ)

セカンドシートが回転して、車外へスライドダウン。
シートは脱着でき、車いすとしてご利用いただけます。
脱着シートには、介護用の車いすとしてご利用いただける“手動式”と、自走が可能な“電動式”の2タイプをご用意しました。

操作の流れ

  • 安全のため各操作は介助の方が確実に行ってください。
  • 写真は降車時の手順を説明しています。乗車時は逆の手順で行ってください。

[参考]写真のモデルの身長は150cmです。

シートが干渉して操作ができない場合がありますので、操作をする前に助手席シートおよびサードシートを調整する必要があります。
操作時はサードシート左席に座らないでください。
サイドリフトアップシート車(脱着タイプ)操作の流れ

サイドリフトアップシート(脱着タイプ)について

シートに深く着座できない方、ひざや首が曲がらない方の場合、足や頭がボディにあたり、座った状態でのシートの回転が困難になりますのでご注意ください。
また、脱着操作にはボディから1,650mm以上のスペースが必要となります。

  • 体勢保持のため、アームレストとフットレストをご使用ください。
  • サイドリフトアップシートは、ベース車のシートとは異なります。フルリクライニングおよび横スライドはできません。また、シートスライド量、シートバック角度はベース車と異なります。なお、シート座面高はベース車よりも高くなります。
  • セカンドシート右席のシートスライド量はベース車よりも小さくなり、超ロングスライドおよび横スライドはできません。
  • サードシート左席の足元スペースが狭くなります。また、操作時はサードシート左席に座らないでください。
  • サイドリフトアップシートを車いすとして使用する場合は、車外でのシートリクライニング操作はできません(シートバック角度17°)。
  • サイドリフトアップシートにチャイルドシートを装着した場合には、サイドリフトアップシートの操作は行わないでください。

サイドリフトアップシート車(脱着タイプ)諸元(単位:mm)

サイドリフトアップシート車(脱着タイプ)諸元(単位:mm)
  • 各寸法値は設計値を示します。実測値は若干異なることがあります。

サイドリフトアップシート車(脱着タイプ)標準装備

★詳細はクリックでご覧になれます。

  • 脱着シート
    脱着シート
  • 手動式
    手動式
    シートは手動の介護用車いすとしてご利用いただけます。
    介助ブレーキ付きです。
  • 電動式
    電動式
    コントロールパネルやジョイスティックで
    前進・後進・速度コントロールなどの操作が簡単にできます。
  • 手動車いす用固定装置
    手動車いす用固定装置
    ラゲージスペースに折りたたみ式の手動車いす1台分の固定装置を設けています。
    4本のベルトでしっかりと固定します。
    *サードシートを着座状態にして固定してください。
    *収納可能な手動車いすの目安は「収納可能な手動車いすの目安」の表をご覧ください。
    *専用車いすは販売店装着オプション。

収納可能な手動車いすの目安(車いす折りたたみ時)

  • (大車輪径:24インチ以下、全高:860mm以下、全長:1,100mm以下、折りたたみ幅:330mm以下)
  • 上記の寸法内であっても、車いすの形状、オプション装着の状況などによっては収納できない場合があります。詳しくは販売店におたずねの上、お持ちの車いすなどを使用して実車でご確認ください。
自動メモリー機能付脱着シート
シートを室内に戻すと、降車前のシートポジション(スライド位置・リクライニング角度)に自動的に復帰します。

電動式専用装備

★詳細はクリックでご覧になれます。

  • ジョイスティック
    ジョイスティック
    ジョイスティックで前進、後進、速度コントロール、方向転換などができます。
    *アームレスト(右側)に装着。シートの昇降時は、右側アームレストを必ず下げて操作してください。
  • コントロールパネル
    コントロールパネル
    スイッチ操作で前進、後進、速度の切替ができます。右側ハンドルに設置されます。
  • 手動/電動切替スイッチ
    手動/電動切替スイッチ
    状況に応じて手動/電動の切替ができます。シート背面に設置されます。
  • バッテリー(2個搭載)
    バッテリー(2個搭載)
    容量:24V-6.7Ah
    *左側のみ接続されます。バッテリーの消耗に合わせて、位置の入れ替えが必要となります。
    *バッテリーの残量が少なくなると赤ランプが点滅して、ブザーが「ピピピピ」と4回鳴り警告します。
  • 充電器
    充電器
    家庭用100V電源で充電します。
    *車両電源での充電は行わないでください。

“電動式”について

  • 8°以上の坂は登ることができません。
  • じゃり道での走行はできません。
  • 25mm以上の段差は、乗り越えができません。
  • 介助の方が必ず付き添ってください。
  • コントロールパネル、ジョイスティックでの操作は、先に使用した方が優先となります。同時に両方のスイッチ操作はできません。

脱着シート諸元

脱着シート諸元

価格表

サイドリフトアップシート車(脱着タイプ)価格表(消費税非課税)

  駆動 手動式 電動式
メーカー希望小売価格*1 北海道地区メーカー希望小売価格*2 メーカー希望小売価格*1 北海道地区メーカー希望小売価格*2
エスティマ AERAS 2WD 3,473,000円 3,535,000円 3,956,000円 4,018,000円
4WD 3,673,000円 3,735,000円 4,156,000円 4,218,000円
AERAS PREMIUM 2WD 3,555,000円 3,617,000円 4,038,000円 4,100,000円
4WD 3,755,000円 3,817,000円 4,238,000円 4,300,000円
エスティマ
ハイブリッド
AERAS E-Four 4,468,000円 4,530,000円 4,951,000円 5,013,000円
AERAS PREMIUM E-Four 4,504,000円 4,566,000円 4,987,000円 5,049,000円
*1.
沖縄地区は価格が異なります。
*2.
北海道地区の価格には寒冷地仕様の価格が含まれます。
  • 価格はメーカー希望小売価格<(消費税非課税)'17年4月現在のもの>で参考価格です。価格は販売店が独自に定めていますので、詳しくは各販売店におたずねください。
  • 価格はパンク修理キット、タイヤ交換用工具付の価格です。
  • 価格にはオプション価格は含まれていません。
  • 保険料、税金(除く消費税)、登録料などの諸費用は別途申し受けます。
  • 自動車リサイクル法の施行により、下表に記載のリサイクル料金が別途必要となります。
  • 全車消費税は非課税となり、メーカー希望小売価格は消費税抜きの価格となります。

販売店装着オプション

★詳細はクリックでご覧になれます。

  • 専用車いす 自操式(22インチ)
    専用車いす 自操式(22インチ)
    安全性、乗り心地を向上させたアルミ製車いすです。
    *ヘッドレストは取り外しができます。
    *介助ブレーキは無しとなります。
  • 専用シートカバー フルカバータイプ(1台分)
    専用シートカバー
    フルカバータイプ(1台分)
  • 専用シートカバー 吸水タイプ
    専用シートカバー
    吸水タイプ(サイドリフトアップシート1席分)
    吸水性に優れたカバーです。
  • 胸部固定ベルト(サイドリフトアップシート用)
    胸部固定ベルト(サイドリフトアップシート用)
    着座姿勢をサポートします。
    *胸部固定ベルトはシートベルトに代わるものではありません。走行中は必ずシートベルトを着用してください。
  • 専用フロアマット(1台分)
    専用フロアマット(1台分)
  • 予備バッテリー(1個)
    予備バッテリー(1個)
    *予備バッテリーとして単独で選択できます。
  • 車いすステッカー
    車いすステッカー
    縦113mm×横105mm

寸法図(単位:mm)

エスティマ AERAS(2WD)サイドリフトアップシート車(脱着タイプ)

  • 寸法図(平面図) 室内幅:1,580、全幅:1,810
  • 寸法図(側面図) 全長:4,820、ホイールベース:2,950、室内長:3,010、室内高:1,255、全高:1,730

詳細な諸元、装備一覧は下記のPDFよりご確認ください。

自動車リサイクル法の施行により、下表のリサイクル料金が別途必要となります。

  • リサイクル料金表(単位:円)
  リサイクル預託金 資金管理料金 合計
シュレッダーダスト料金 エアバッグ類料金 フロン類料金 情報管理料金
エスティマ 9,960 1,930 1,650 130 290 13,960
エスティマハイブリッド 10,380 1,930 1,650 130 290 14,380
  • リサイクル料金は'17年4月時点の金額。
  • リサイクル預託金が預託済のお車を商品車として譲渡する旧所有者(譲渡人)は、車両価値部分とリサイクル預託金相当額の合計額を新所有者(譲受人)からお受け取りになることにより、リサイクル預託金の返金を受けることができます。詳しくは、取り扱い販売店におたずねください。

エクストラナビゲーション