プリウスPHVについてのご質問

お客様からよくいただくご質問のほか、プリウスPHVについての各種資料がご覧いただけます。

掲載されている情報は、最新モデル(特別仕様車を除く)の情報です。
最新モデルより前のおクルマおよび特別仕様車をお調べの場合は、トヨタ販売店もしくはトヨタ自動車株式会社 お客様相談センターへご相談ください。

各種装備

Qソーラー充電システムによるEV走行可能距離は?
A

ソーラー充電システムによる最大発電量をEV距離換算すると、名古屋を例にした場合、最大は6.1km/日、平均は2.9km/日*1です。 (ソーラー充電システムによる駐車中最大発電量のJC08モード電費換算値)

◆各地の推定EV走行距離[km/日]
札幌:平均2.4/最大6.2、仙台:平均2.4/最大5.7、東京:平均2.4/最大5.3、名古屋:平均2.9/最大6.1、金沢:平均2.4/最大5.3、
大阪:平均2.6/最大5.3、広島:平均2.9/最大5.9、高松:平均2.9/最大5.7、 福岡:平均2.7/最大5.8、那覇:平均3.1/最大5.5

1太陽光発電協会の定める「表示ガイドライン(平成27年度)」に基づき、下記条件で駆動用バッテリーへの充電量を算出し、EV走行距離への換算を行っています。
<車両状態> 方位:真南、角度:0°
<日射量データ> 名古屋、1990年から2009年の平均年の日ごとのデータ(出典:NEDO)
<計算数値>
◆太陽電池損失/温度補正係数<4-5月及び10-11月>8.7%、<6-9月>11.6%、<12-3月>5.8%
◆ソーラーECU損失:19%
◆その他損失1(配線・バッテリー充放電・制御損失):31%
◆その他損失2(駆動用バッテリー充電時損失):<最大算出時>0.23kWh/日、<平均算出時>0.10kWh/日
◆JC08モード電費:10.54km/kWh*2
2電費には、充電器の効率も含まれるため、換算時にはその効率を除いたものを使用しています。
影、積雪、経年劣化、出力抑制、駆動用バッテリー満充電による影響は考慮されておりません。
地域別日照条件、システムの各損失を考慮して、当社発電シミュレーションにより算出された値であり、保証値ではありません。