Q

クルマが水没したり、道路が冠水したときの対応方法を教えて。

A

万が一、おクルマが水没・漂流した場合は、車内に留まると危険です。落ち着いて次のように対応してください。

まずシートベルトをはずしてください。
ドアを開けることが出来る場合、ドアを開けて車外に出てください。
ドアを開けることが出来ない場合、パワーウインドウスイッチでドアガラスを開けて避難経路を確保してください。

水面がドアにかかると、水圧で内側からドアを開けることが困難となり、ドア高さの半分を超えると、内側からほぼ開けられなくなります。

ドアガラスが開けられる場合、窓から車外に出てください。

ドアやドアガラスを開けることが出来ない場合、販売店装着オプションの緊急脱出用ハンマー※1を使用して、ドアガラスを割ることにより、避難経路を確保できる場合があります。※2

※1車種により、販売店装着オプションの設定有無が異なります。

※2フロントウィンドウガラスや合わせガラスを採用しているドアガラス、リアウィンドウガラスは緊急脱出用ハンマーで割ることができません。合わせガラスの見分け方は図Aをご参照ください。

緊急脱出用ハンマー「レスキューマンⅢ(ハンマー&カッター)」の使用方法についてはこちらからご確認ください。

上記でもドアガラスが開けられない場合※1、落ち着いて車内外の水圧差がなくなるまで浸水するのを待ってから※2ドアを開けて車外に出てください。

※1水位が床面を超えて時間が経過すると、電気装置が損傷し、パワーウィンドウやパワースライドドアが動作しなくなったり、エンジンやモーターが停止し、再始動できなくなるおそれがあります。

※2車内外の水位が同じ高さになるまで浸水すると、内側からドアが開くようになります。

万が一、道路が冠水した場合は、落ち着いて次のように対応してください。

水位が車両の床面より低い場合には、冠水していない道路へ避難してください。その際、周囲の状況をよく観察して、低速で慎重に走行してください。

水位は周囲の車両や路肩の縁石高さを目安にしてください。フロアマットが濡れてきたら水位が床面を超えている可能性があります。また水位が床面以下であっても、走行速度が大きくなると、エンジンや駆動用バッテリーが停止して動作しなくなるおそれがあります。

水位が車両の床面より高い場合やタイヤが空転していると感じた場合には、安全な場所に停車し、早めに車外に出てください。水位がタイヤより高い場合や車両が動かない場合にはクルマが水没したときの脱出方法にしたがって、速やかに車外に出てください。

タイヤが完全に水没したり、水流がある場合は、移動が困難になり、流されるおそれがあります。併せて、国土交通省のプレスリリースもご参照ください。

ご意見をお聞かせください
トヨタ自動車株式会社 お客様相談センター

ご愛用車のお問い合わせは、自動車検査証(車検証)をご用意いただくとスムーズな対応が可能です。

フォームでお問い合わせ

受付:年中無休 24時間受付

ご購入・ご利用中のおクルマ・​おクルマ以外の弊社について​

お車の故障や修理に関するご相談についてインターネットでのお問い合わせは、時間を要しますので、最寄りのトヨタ販売店または、お電話にて当社お客様相談センターまでお問い合わせくださいますようお願いいたします。

インターネットによるフォームでのお問い合わせ後、当社からメールを受け付けた旨の返信メールが届かない場合は、お手数をおかけしますが、お電話にて当社お客様相談センターまでお問い合わせくださいますようお願いいたします。※こちらは、日本国内でお乗りの日本仕様車をお乗りのお客様専用向けのお問い合わせ窓口です。This service is only for customers who drive Japanese specification vehicles in Japan.

当ホームページについて、お気づきの点(誤字・脱字・リンク切れなどの不具合)がございましたらお知らせください。

お電話でお問い合わせ

受付:年中無休 9:00~18:00

  1. 1:ナビ・オーディオに関するご相談
  2. 2:その他のご相談

IP電話をご利用の場合は、チャットもしくはインターネットによるフォームでのお問い合わせをご利用ください。

手話でお問い合わせ

受付:年中無休 9:00~18:00