Q

クルマに乗る機会が少なくなった場合の、バッテリーあがりを防ぐ方法を教えてください。

A

おクルマに乗る機会が極端に少ない場合、自然放電(バッテリーに蓄えられた電気の量が自然に少しずつ減っていく現象)によりバッテリーあがりを引き起こす可能性があります。これを防ぐには以下の方法があります。

風通しの良い換気が出来る場所で、2週間に1度、30分程度の時間エンジンを掛け、(電動車の場合はREADY-ONにし)補機バッテリーを充電してください。
発電機等(オルタネータ/DCDCコンバータ)が搭載されており、エンジンを掛ける(電動車の場合はREADY-ONにする)ことで自動的に充電されます。

バッテリーの状態により異なりますので、目安となります。

なお、おクルマの放置期間の長さによっては、バッテリーが劣化している場合があります。その場合は、販売店でバッテリー点検を受けてください。

ご意見をお聞かせください
トヨタ自動車株式会社 お客様相談センター

ご愛用車のお問い合わせは、自動車検査証(車検証)をご用意いただくとスムーズな対応が可能です。

フォームでお問い合わせ

受付:年中無休 24時間受付

ご購入・ご利用中のおクルマ・​おクルマ以外の弊社について​

お車の故障や修理に関するご相談についてインターネットでのお問い合わせは、時間を要しますので、最寄りのトヨタ販売店または、お電話にて当社お客様相談センターまでお問い合わせくださいますようお願いいたします。

インターネットによるフォームでのお問い合わせ後、当社からメールを受け付けた旨の返信メールが届かない場合は、お手数をおかけしますが、お電話にて当社お客様相談センターまでお問い合わせくださいますようお願いいたします。※こちらは、日本国内でお乗りの日本仕様車をお乗りのお客様専用向けのお問い合わせ窓口です。This service is only for customers who drive Japanese specification vehicles in Japan.

当ホームページについて、お気づきの点(誤字・脱字・リンク切れなどの不具合)がございましたらお知らせください。

お電話でお問い合わせ

受付:年中無休 9:00~18:00

  1. 1:ナビ・オーディオに関するご相談
  2. 2:その他のご相談

IP電話をご利用の場合は、チャットもしくはインターネットによるフォームでのお問い合わせをご利用ください。

手話でお問い合わせ

受付:年中無休 9:00~18:00