Q

【クルマのいろは】クルマへ自転車を積む時、どのように固定すればいいの?

A

お客様より、「クルマに自転車を積むことができますか?」とのご質問をいただきます。クルマの荷室にある「デッキフック」と、そのデッキフックに取り付ける備品があれば固定・搭載が可能です。

なお、デッキフックは車両により設定がない場合がありますので、まずは、デッキフックの有無を確認してみてくださいね。

また、荷室の広さ、高さにより、搭載できない場合もありますので、事前に搭載する自転車のサイズと荷室の広さ・高さも確認しましょう。

<デッキフックを使った自転車の固定方法>※一例
  • 作業時間:10分(目安)
  • 使用した車両・備品
  • ①車両:ヤリスクロス(2020/8発売)
    ①車両:ヤリスクロス(2020/8発売)
  • ②自転車(児童用・22インチ)
    ②自転車(児童用・22インチ)
  • ③<必須>フレックスベルト(車種専用純正用品)※
    ③<必須>フレックスベルト(車種専用純正用品)
    荷物固定用のベルト。ロープなどでもOK!
④<任意>ラゲージソフトトレイ(車種専用純正用品)※
④<任意>ラゲージソフトトレイ(車種専用純正用品)
デッキの汚れ防止のために敷くマット。必須ではありません。

③・④は車両搭載されていません。お客様ご自身でご用意いただく必要があります

  • 手順
1
自転車を搭載する準備
  • リヤシートを前に倒します。
  • バックドアを開き、荷室に④ラゲージソフトトレイを敷きます(任意)。

自転車を載せる際に、傷がつかないよう、不要になった厚手の布などを荷室からバンパーにかけて覆うのもオススメです!

2
自転車を荷室に搭載
  • バックドアがしっかり閉まるよう、自転車を荷室内に収めましょう!
3
自転車を固定
  • デッキフックの場所を確認し、対角線上に③フレックスベルトを固定していきます。
    4点の固定順は問いません。
ポイント1

自転車の上からベルトをするよりも、自転車のタイヤや自転車のフレームなどの部品にベルトをくぐらせると、安定感がUPします!

ポイント2

ベルトにたるみがでないようベルトの長さを調整しましょう!
自転車を揺すってみて、動かなければOKです!

(ご参考)

ご紹介した以外にも、載せ方は色々♪
クルマ・自転車の種類・サイズに合わせた載せ方をしてみましょう^^

なお、1人で持ち上がらない自転車や荷物を搭載する際は、2人以上で協力するなどして、搭載時の安全を確保してくださいね。

ご意見をお聞かせください
トヨタ自動車株式会社 お客様相談センター

ご愛用車のお問い合わせは、自動車検査証(車検証)をご用意いただくとスムーズな対応が可能です。

フォームでお問い合わせ

受付:年中無休 24時間受付

ご購入・ご利用中のおクルマ・​おクルマ以外の弊社について​

お車の故障や修理に関するご相談についてインターネットでのお問い合わせは、時間を要しますので、最寄りのトヨタ販売店または、お電話にて当社お客様相談センターまでお問い合わせくださいますようお願いいたします。

インターネットによるフォームでのお問い合わせ後、当社からメールを受け付けた旨の返信メールが届かない場合は、お手数をおかけしますが、お電話にて当社お客様相談センターまでお問い合わせくださいますようお願いいたします。※こちらは、日本国内でお乗りの日本仕様車をお乗りのお客様専用向けのお問い合わせ窓口です。This service is only for customers who drive Japanese specification vehicles in Japan.

当ホームページについて、お気づきの点(誤字・脱字・リンク切れなどの不具合)がございましたらお知らせください。

お電話でお問い合わせ

受付:年中無休 9:00~18:00

  1. 1:ナビ・オーディオに関するご相談
  2. 2:その他のご相談

IP電話をご利用の場合は、チャットもしくはインターネットによるフォームでのお問い合わせをご利用ください。

手話でお問い合わせ

受付:年中無休 9:00~18:00