燃費・走行性能

伸びやかで力強く、環境に優しい走りをもたらすメカニズム。

さらにクリーンかつパワフルに。

1GD-FTV

2.8L 1GD-FTVディーゼルエンジン

コモンレール式燃料噴射システムや空冷式インタークーラー付ターボチャージャーなどの採用により、排気量は抑えながら最高出力111kW、最大トルク300N・mという力強い動力性能を実現。また、DPR*1(排出ガス浄化装置)と尿素SCR*2システムなどの組み合わせにより排出ガスのクリーン化を果たし、フリクションの低減などにより燃費も向上させたディーゼルエンジンです。

*1.
DPR:Diesel Particulate active Reduction
*2.
SCR:Selective Catalytic Reduction
1GD-FTV
1GD-FTVエンジンシステム図

コモンレール式燃料噴射システム

超高圧で燃料を燃焼室に直接噴射する電子制御式コモンレールシステムを採用。ソレノイドインジェクターの採用により、高応答かつ高精度な燃料噴射とエンジン制御を可能とし、ディーゼルエンジンの概念を変えるクリーン性、低騒音、低振動を実現しています。

ターボチャージャー

1GD-FTVエンジンのために専用開発したターボチャージャーは、タービンの形状を最適化することにより小型・高効率化。さらに、可変ノズルベーンや軸受け機構の改良などで、低燃費と排出ガス規制対応に貢献するとともに、低騒音化も実現しています。

DPR(排出ガス浄化装置)

排気ガス中のPM(粒子状物質)を吸着するDPR触媒を排気管の中に設置。一定量になるとエンジン制御でフィルターの温度を上げ、堆積したPMを燃焼・除去します。

尿素SCRシステム

尿素水溶液(AdBlue®*3)を尿素SCR触媒内に噴射することで、有害なNOx(窒素酸化物)を化学反応により窒素と水に還元する画期的な排出ガス浄化システムです。1GD-FTVエンジン搭載車両は尿素水溶液(AdBlue®)の補充が必要となります。尿素水溶液は、主要国道沿いにあるトラックが給油可能なガソリンスタンドまたは販売店にて補充ができます。
高品位尿素水「AdBlue®
ディーゼルエンジン車の排出ガスに含まれるNOx(窒素酸化物)を低減するために用いられる化学品でJIS規格に適合したものです。

*3.
AdBlue®は、ドイツ自動車工業会(VDA)の登録商標です。

尿素水溶液(AdBlue®)のタンク容量は7.4Lで、1000km走行すると約1L消費します。なお、尿素水溶液の残量がなくなるとエンジンの再始動ができなくなります。詳しくは、取扱説明書をご覧ください。

お客様の使用環境や運転方法によって、消費量は異なります。

環境性能と燃費性能が大幅に向上

高出力と低燃費を両立したガソリンエンジン。

2TR-FE

2.7L 2TR-FE Dual VVT-i*4ガソリンエンジン

Dual VVT-i(吸・排気連続可変バルブタイミング機構)の採用などによりエンジン性能を引き出し、力強いパワーを獲得するとともに燃費向上を達成しています。

*4.
VVT-i:Variable Valve Timing-intelligent
2TR-FE

快適なドライブを支える細やかな配慮。

イージーメンテナンス
■写真はガソリン車。

イージーメンテナンス

エンジン冷却水やウォッシャー液のタンク等をフロント部に内蔵。日常的なメンテナンスが容易にできるように配慮しています。

イージーメンテナンス
■写真はガソリン車。
  • 装備類の詳しい設定につきましては、諸元表および主要装備一覧表をご覧ください。
  • ボディカラーおよび内装色は、撮影および表示画面の関係で実際の色と異なって見えることがあります。
  • 写真は機能説明のために各ランプを点灯させたものです。実際の走行状態を示すものではありません。
  • 写真は機能説明のためにボディの一部を切断したカットモデルです。
  • 画面はハメ込み合成です。
  • 一部の写真は合成・イメージです。

エクストラナビゲーション

このクルマを検討している方は、以下のクルマも検討しています