1台の車と1枚のボードから始まる、特別な休日。

10:35AM よく晴れた、日曜の午前。家族と一緒にゆっくり朝食を楽しんだ後は、自然と触れ合う準備をはじめよう。バックドアを開けば、とっておきの休日が始まっていく。

指1本。確かな感触とともに、エンジンが息を吹き返す。ステアリングホイールから伝わる振動。シフトチェンジと一緒に、気持ちが高まっていく。玄関で見送る家族に軽く手を振ったら、あとは一路、海へ。吹き抜ける風に潮の香りが混じるまで、まっすぐ走る。天気は晴れ、風はオフショア。今日は、久々のサーフィン日和になりそうだ。

自然と遊び、自然に学ぶ。自分だけのサーフ・タイム。

01:12PM 波のサイズの変化を考えれば、サーフボードは2本がベスト。HIACEなら、ロングボードも楽に乗せることができる。海ぎわに車を停めて、今日のコンディションを観察。ワックスを塗り終え、ウェットスーツに着替えたら、パドリングで沖へ。ドルフィンスルーと一緒に、些細なストレスや悩みはどこかへ洗い流されていく。

海と別れ、街へ。日常への帰路も、HIACEと一緒に。

05:25PM 数時間のサーフ・タイムも、日暮れと共に終了。シャワーを浴びて着替えたら、注文していた子供用のサーフボードを受け取りに、サーフショップへ。“プレゼント”用のリボンで飾られた小さな板を積み込んで、街へ向かう。

07:50PM 到着は、待ち合わせの10分前。静かな車内でしばらく夜景を楽しんでいると、手を振りながら駆けて来る妻と息子が見えてきた。HIACEをパーキングに停めて、夕食へ。おいしくお腹を満たしたら、帰りの車内で“プレゼント”のお披露目といこうか。

HIACE
  • お見積り
  • 販売店検索
  • カタログ請求
  • お見積り
  • 販売店検索
  • カタログ請求