DISCOVER CROWN SPIRIT PROJECT京都トヨタ

PROJECT

トヨタの技術力の高さを学ぶ

今の時代はいろんなカタチを樹脂で成形できるが、初代クラウンは鉄の部品を何個も組合せて1つの物、カタチを作り上げている。それはモノづくりの基本的な部分。例えば足回りの屋台骨となるフレームは、コの字の鋼材と鉄板をスポット溶接で繋ぎ合わせる造りで、手作り感が伝わる。しかし、50年以上前に作られたフレームは、錆はあるものの歪んで斜めになったりといった箇所が一切ない。溶接1つ1つは未だにしっかりしており、当時のトヨタの技術力の高さはもちろん、如何に純国産に拘りクラウンを誕生させたかが部品1つ1つの品質の高さから読み取れる。

技術力は歴史が教える

若いエンジニアが車を分解して構造をみる機会は殆ど無いと言っていい。そんな時代だからこそ今回のレストアはクルマの基本、トヨタの技術力を知り学ぶ良きチャンスでもある。しかも半世紀以上前のクラウン、世の中には限りなく少なくなっている初代クラウンを修復して走らせることができれば京都トヨタのエンジニア力もお客様に示すことができる。言葉でいくら「当社は技術力があります」といっても、正直お客様へは伝わりにくい。レストアした初代クラウンを見ていただければ、自ずと分かっていただけるし、新型クラウンと並べて展示すれば、クラウンのDNAもお客様に伝わると思う。

部品調達への工夫

古いクルマをレストアする上での重要課題は、交換部品を探すこと。レストアを始めた頃は全然関係ない部品を一杯買ったが、その中で少しずつノウハウが溜まった。機能部品、エンジンやミッションの部品は、2代目クラウンに代替になっているものが沢山あり、それをベースに探して使えるものは使っている。我々が最も勉強になったのは、オイルシールやベアリング類は、その部品に記載されている刻印が規格になっているということ。その刻印を基に逆引きし、製造元などから部品を取り寄せ殆どを揃えた。入手できないゴム類は、加工業者さんにお願いし作っていただいている。

レストアを見えるカタチで情報発信

レストアは何も実作業するだけがレストアではない。「京都トヨタの技術力、クラウンの魅力をレストアを通じてより多くのお客様に知っていただき興味を持っていただきたい」そんな思いを込めてレストア広報担当グループが、ブログやツール類を作って情報発信している。レストア作業の様子を随時ブログにあげホームページに掲載したり、当時の京都トヨタの古い社名ロゴを復刻させた限定ステッカーを作成し、店頭やイベント時に記念品としてお渡ししている。またレストアの進行状況に合わせ初代クラウンが徐々に復元されていく状況をショールームに実物展示し、来店されるお客様に興味を持ってもらう企画など、完成まで様々なイベントを計画しレストアを支えることで、京都トヨタ全体としてレストアに取組んでいる。

レストアレポート一覧へ