DISCOVER CROWN SPIRIT PROJECT長野トヨタ

PROJECT

難航するも急ピッチで進む

長野トヨタがレストア中のクラウンは、先々代の社長が大事にしていた3代目クラウン。大正13年より長野県に車の歴史を築き92年。8年後に100周年の節目を迎えることもあり“その記念行事に使いたい”とレストアに挑戦している。目標は「車検を取り公道を走ること」。しかし保管状態は良いとはいえず、エンジンは掛からず塗装やゴム類は全面的に劣化している。昨年の9月頃からエンジンの修理に着手したが難航中。いろいろな業者さんに聞きながら手を加え、今年初めにやっと目処が立ったそうだ。それを待っていたかの様に、現在ボディーや足回り、内装のレストアが急ピッチで進められている。

レストアは見えない凄さも教えてくれる

ボディの修復は、塗装を剥がし凸凹で悪いところを叩き出すなど鋼板修正から始まるが、その過程で当時のプレス技術が分かると言う。3代目クラウンは「日本の美が脈うつ斬新なスタイル」とうたわれるように、独特なラインを出すために、今とは違う厚い鋼板をプレス機を用い強い力で引っ張り造っている。そのためよく見ると若干の歪があり、それをサーフェイサーを入れて滑らかにし最終的には見えないように仕上げている。“そこまで手間をかけ美しいラインを出すなんて普通のクルマでは考えられない。クラウンはやっぱり凄い”と、普段見る事のできない隠れたクラウンの拘りを教えてくれるのもレストアの魅力の1つだ。

小さな部品からクラウンの拘りが見える

クラウンはどこを取っても真面目なクルマ造りがされており、エンジニア達は感動を覚えると言う。例えば、ボディとドアをつなぎ、ドアを開閉するドアヒンジ。ドアの重みを支え、衝突時にドアが開いた時に乗員が飛び出さないように丈夫なのが付いている。さらに乗り降りしやすい様にドアが2段階で開き、しかもカム機構とバネを使いその2段階でドアが節度よく確実に止まるように工夫されている。この小さな部品からも、使いやすさを追求し拘って造っていることが分かる。勿論ドアの閉まり音も高級車に相応しいメカニカルで重厚な音。クラウンはどんな小さなことでも高級車を感じる、オーナー様がクラウンに乗る喜びを感じるように拘り造られていることが見えてくる。

クラウンを知るには、自らクラウンに触れる

我々長野トヨタの社員は、当時の車のことをしっかりと知る必要がある。昔からクラウンは、乗る人の快適な空間づくりを追求しているとか、ロゴを七宝焼でつくるなど、細部にまで拘ったつくり込み。そういったクラウンならではのフィロソフィーをレストア作業の中で発見し感じ取ることが重要だと責任者は言う。またレストアに参加できない社員には、全社披露をはじめ新旧クラウンに自らが触れてクラウンのフィロソフィーを感じ取る機会など、いろんな角度でクラウンを知るための企画を練っている。「クラウンを知るには、自らクラウンに触れる」そうすることで初めてクラウンの魅力を自分の言葉でお客様にお伝えでき、営業力を上げることに繋がると、(特に若い世代へ)期待を寄せている。

レストアレポート一覧へ