DISCOVER CROWN SPIRIT PROJECT島根トヨタ

PROJECT

憧れのクラウンのレストアに挑む

島根トヨタが挑戦しているのは6代目クラウンハードトップ。オーナー様がクラウンを見て自分が運転する姿を想像し憧れて購入されたそうだ。愛車として日常の足として大切に乗られ、走り抜けた35年の証は、走行距離20万キロ超え。定期的なメンテナンスはきちんとされており、まだまだ現役で走ることが出来るが、細部を見ると35年走り続けたクルマの傷みはやはり激しい。“これを機に徹底的に直し、この先も安心して乗って頂きたい”という思いをオーナー様にぶつけると“本当に光栄だ。使ってくれ”と快くクルマを貸して頂け、今レストアに挑んでいる。

オーナー様のクルマをレストアするとは?

オーナー様のクルマをレストアするとは、お客様があきらめていたものを、部品が無い中、知恵と技を駆使し“走る・曲がる・止まる”がきちんとでき、安心して愛車に乗って頂ける様に修復すること。そして、オーナー様の驚きを引き出し、それを喜びに変え満足を得ることにある。それはやがて、お客様との絆を深めることにつながり、エンジニアのモチベーションへとつながり、さらにレストアで経験した技術は確実に身に付きエンジニア力を高めることにもつながる。この様な貴重な体験が出来るのは、35年もの長い年月をクラウンが現役で走り続けているからこそ出来る事であり、クラウンの凄さを改めて実感させられた。

レストアから技術革新を読み取る

最近の車と違い、当時のクラウンは、ネジを沢山使い頑丈に組み立てられている。部品1つを外すにも考えて外さないと後で組み立てられなくなる。個々の部品がどう動くかを読み取って初めて分解できる。こういった修理作業は、アッセンブリで部品を交換修理する今の若いエンジニアにとって初めての経験であり、考える力が養われると言う。また昔は、ネジでパーツをつないでボディ剛性など、強度を高めていたが、今はスポット溶接の箇所を増やしたり、レーザー溶接を用い剛性を高めている。このような60年の歴史の中で進化して来た技術革新を読み取れるのもまた、レストアの魅力の1つだ。

クラウンを知ってもらうことがクラウンファンを増やす

“クラウンは決しておやじ車ではない。もっと若い人に乗ってもらいたい。その為にクラウンの良さを知ってもらう仕掛けをする必要がある”と責任者は話す。中でも40・50才代は、色々なことに拘りを持つ世代。その世代にクラウンの良さを知ってもらうには、新旧クラウンを並べてお客様ご自身にクラウンに触れてもらうことで「何十年前の車がこんなに綺麗なんだ」「昔からこんな装備がついていて、時代と共にこう進化してきたんだ」など歴史は勿論、クラウンの拘りや品質の高さを感じてもらうのが一番だと言う。レストアしたクラウンと地域性を活かした仕掛けは現在計画中だそうだが、店舗展開されクラウンファンが増える日もそう遠い日のことではないと感じた。

レストアレポート一覧へ