路面状況に適した走りを瞬時に実現。
マルチテレインセレクト
MUD&SAND
滑りやすい路面(ぬかるみ、砂地路、深雪路、ダート路など)
LOOSE ROCK
土と石が混じった滑りやすい路面(がれき路、ブッシュ路など)
MOGUL
凹凸の激しい路面(モーグル路、溝、斜面、登坂路など)
ROCK&DIRT
段差の多い路面(モーグル路、V溝、岩場など)
ROCK
岩石の多い路面(岩場など)
作動条件
トランスファーギヤ位置:L4
VSC&TRC非OFF状態
オフロード走行において、タイヤの空転によるスタックや、駆動力不足による失速が起こりやすい路面状況に応じた走行支援を、5つのモード(MUD&SAND/LOOSE ROCK/MOGUL/ROCK&DIRT/ROCK)から選択できるシステムです。選択したモードごとにエンジンスロットル特性、アクティブトラクションコントロールのブレーキ油圧を最適に制御。走破性を確保し、本格4WDならではの悪路を征する歓びと安全性を高レベルで実現します。また、分かりやすい操作アドバイスをマルチインフォメーションディスプレイに表示し、運転をサポートします。
■マルチテレインセレクトはオフロード走行を補助する装置です。 ■マルチテレインセレクトについては、作動条件および走行条件についてご注意いただきたい項目があります。必ず「オフロード走行取扱説明書」をご覧ください。
[TZ-Gにメーカーオプション]
■撮影した車両は、販売車両と一部仕様が異なる場合があります。
ステアリング操作のみで難路を走破。
クロールコントロール
クロールコントロールシステム作動イメージ(スタック状態からの後退脱出)
クロールコントロールスイッチ
凹凸の大きいオフロードや滑りやすい路面、および急勾配の坂道を走行する際、アクセルやブレーキ操作をすることなく、ステアリング操作のみで極低速走行が可能です。ホイールスピンや車輪のロックを抑制するためスタックからの脱出能力が高く、駆動系への負荷も軽減。状況に応じて5段階の速度設定が可能です。また、より駆動力が必要な場面では、マルチテレインセレクトスイッチを同時押しした状態でアクセルを踏むことにより、設定車速に応じてアクティブトラクションコントロールを自動で制御します。
■マルチテレインセレクト+クロールコントロールを選択した場合、ダウンヒルアシストコントロール(DAC)制御スイッチは非装着となります。また、ダイヤル式スイッチが2個になります。
[TZ-Gにメーカーオプション]
作動条件
トランスファーギヤ位置:L4
■撮影した車両は、販売車両と一部仕様が異なる場合があります。
雪道などの悪路でも安定走行を実現。
アクティブトラクションコントロール
雪道やオフロードなどでスリップを検知すると、空転した車輪にブレーキをかけ、残りの車輪に駆動力を配分。悪路でも安定した走行を可能にします。
[2.8Lディーゼル車に標準装備]
オンロードに安定性を。オフロードに走破性を。
KDSS
KDSSシステム図
走行シーンにとらわれることなく、快適な乗り心地と優れた操縦安定性を高次元で両立するKDSS*1を採用しています。
*1. KDSS: Kinetic Dynamic Suspension System(キネティック ダイナミック サスペンション システム)
■写真は機能説明のためのイメージです。
[TZ-Gに標準装備]
KDSSイメージ
旋回時のロール(横揺れ)制御
オンロード
スタビライザーの効力を利かせ、コーナリング時などにおける車体の傾きを抑制。アキュムレーターを最適に制御し、細かい振動も吸収します。石畳なども心地よく走行できます。
フラット感、走破性の確保
オフロード
スタビライザーの効力をなくし、大きなホイールストロークを確保。タイヤを路面から浮きにくくし、優れた悪路走破性を発揮します。
■撮影した車両は、販売車両と一部仕様が異なる場合があります。
コーナリング時に安定性を発揮。
フルタイム4WD(トルセンⓇLSD付トランスファー)
2.8Lディーゼル車
2.7Lガソリン車
センターデフに、トルセンⓇ*1LSD*2を採用。路面状況や走行状態に反応して、前後のトルク配分を最適にコントロールします。通常時のトルク配分「前40:後60」を、旋回加速時にはリヤ寄りにして優れたコーナリング性能を発揮。前後輪のいずれかがスリップした際にも瞬時に他方にトルクを配分し、車両の安定性を回復させます。
*1. “トルセン®”は株式会社JTEKTの登録商標です。
*2. LSD: Limited Slip Differential
さまざまな状況下で最適な走りができる。
リヤ電子制御エアサスペンション
車高調整スイッチ
3つの車高「ロー/ノーマル/ハイ」をスイッチ操作により選択できます。乗員数、積載量にかかわらず一定の車高を維持するオートレベリング機能、一定の速度になると安定性確保のためノーマルに復帰させる車速感応制御も搭載しています。
[TZ-Gに標準装備]
ローモード(乗降時)
ノーマルモード(通常走行時)
ハイモード(悪路走行時)
コーナーの連続でも、滑らかな乗り心地。
NAVI・AI-AVS
状況に応じて減衰力を制御するサスペンションシステム「AVS*1」にナビゲーションシステムを融合させたNAVI・AI-AVS。ナビゲーションシステムから受信した前方のコーナー情報をもとに、ショックアブソーバーの減衰力を最適に制御。優れたコーナリング性能を発揮します。
*2. AVS: Adaptive Variable Suspension System AVSはTZ-Gに標準装備。
[TZ-Gにメーカーオプション]
コーナリング・直進時の安定性を確保。
トルセン®LSD(リヤ)
リヤタイヤのトラクション性能を確保するトルセン®LSDを採用。旋回加速時には後左右輪の荷重に応じて駆動力を最適に配分し、高いコントロール性能を実現。直進では路面状況の変化にレスポンスよく反応し、安定性を確保します。
[TZ-Gに標準装備]
スムーズに坂を登り進めるボディ設計。
対地障害角
最大安定傾斜角42°、登坂能力42°と優れたオフロード性能を発揮します。アプローチアングル、デパーチャーアングルなども本格4WDにふさわしい値をマークしています。
■数値は設計値です。
気流を操りクルマを安定させる。
エアロスタビライジングフィン
ドアミラー付け根部とリヤコンビネーションランプサイド部に小さなフィンを設置。気流にあえて小さな渦を発生させることで車体を左右から押さえつけ、優れた操縦安定性を実現しています。
■環境対応車 普及促進税制およびリサイクル料金については、各販売店へおたずねください。 ■燃料消費率は定められた試験条件[JC08モード(国土交通省審査値)]のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて燃料消費率は異なります。 ■ボディカラーおよび内装色は、撮影および表示画面の関係で実際の色と異なって見えることがあります。 ■写真は機能説明のために各ランプを点灯したものです。実際の走行状態を示すものではありません。 ■写真は機能説明のためにボディの一部を切断したカットモデルです。 ■掲載の装備につきましては、実際の道路状況によってはご使用になれない場合があります。詳しくは取扱説明書をご覧いただくか、販売店におたずねください。 ■画面はハメ込み合成です。 ■一部の写真は合成・イメージです。