ランドクルーザー プラドは「セーフティサポートカー」です。

セーフティ・サポートカー(サポカー)は、政府が交通事故防止対策の一環として普及啓発しているものです。
自動ブレーキなどの安全運転を支援する装置を搭載し、ドライバーの安全をサポートします。

  • 安全運転を支援する装置は、あくまで運転を支援する機能です。本機能を過信せず、必ずドライバーが責任を持って運転してください。
  • グレードによって安全装備の設定が異なる場合があります。
  • グレードや安全装備の設定によって同じ車種でも安全運転サポート車の区分が異なる場合があります。
実安全の追求から生まれた、4つの先進安全機能。
Toyota Safety Sense(衝突回避支援パッケージ)
クルマや歩行者などを認識し、前方の安全を見守る、高精度な「2種類の目」。
主な機能

駐車時の接触や衝突の回避に貢献。
クリアランスソナー&バックソナー
車庫入れなどの低速(約10km/h以下)での運転時、超音波センサーが車両前方・後方と障害物の接近を感知し、距離と位置をマルチインフォメーションディスプレイの表示とブザーでドライバーに知らせます。
あらゆる角度から万が一を想定し、安全性を高める。
SRSエアバッグシステム
前席乗員の頭や胸の上体に作用する衝撃力を分散・緩和させるSRS*1エアバッグや、後席乗員の頭部側面まで保護するSRSカーテンシールドエアバッグなどを設定しています。
■SRSエアバッグ(運転席デュアルステージ・助手席シングル)
■SRSサイドエアバッグ(運転席・助手席)
■SRSニーエアバッグ(運転席)
■SRSカーテンシールドエアバッグ(フロント・セカンド・サードシート*2
*1. SRS[乗員保護補助装置]:Supplemental Restraint System
*2. 5人乗りは、フロント・セカンドシートのみとなります。
■SRSエアバッグはシートベルトを補助する装置です。必ずシートベルトをご着用ください。 ■チャイルドシートを助手席に装着するときは、後ろ向きにしないでください。また、前席にはランドクルーザープラド専用の純正シートカバー以外は取り付けないなど、ご注意いただきたい項目があります。必ず取扱説明書をご覧ください。 ■すべてのSRSエアバッグは、衝突の条件によっては作動しない場合があります。 ■SRSサイドエアバッグ、SRSカーテンシールドエアバッグは、実際の衝突時には衝突側のみ膨らみます。 ■写真は機能説明のためにSRSエアバッグが作動した状態を再現したものです。
車線変更時の後方確認をアシスト。
ブラインドスポットモニター〈BSM〉
隣の車線を走る車両をレーダーで検知。車両が死角エリアに入ると、ドアミラーに搭載されたLEDインジケーターを点灯させます。その際、サイドターンランプを点滅させるとLEDインジケーターも点滅し、ドライバーに注意を喚起します。
■検知対象の目安となる大きさは、小型の二輪車よりも大きな車両となります。一部の特殊な道路状況等では、静止物に対してもインジケーターが点灯する場合があります。 ■天候状態、道路状況、および車両状態によっては、ご使用になれない場合があります。 ■ブラインドスポットモニターは、車線変更時の後方確認をアシストするシステムです。実際の車線変更時にはドライバー自ら周囲の安全状況を直接確認する必要があります。
■環境対応車 普及促進税制およびリサイクル料金については、各販売店へおたずねください。 ■燃料消費率は定められた試験条件[JC08モード(国土交通省審査値)]のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて燃料消費率は異なります。 ■ボディカラーおよび内装色は、撮影および表示画面の関係で実際の色と異なって見えることがあります。  ■写真は機能説明のために各ランプを点灯したものです。実際の走行状態を示すものではありません。 ■写真は機能説明のためにボディの一部を切断したカットモデルです。 ■画面はハメ込み合成です。 ■一部の写真は合成・イメージです。