本コンテンツは Internet Explorer 7以下には非対応です。
ブラウザのバージョンをアップデートしてご覧ください。

本コンテンツは
iOS7以降、Andorid 2.4以降で
お楽しみいただけます。

はじまりに

2014年12月15日。
トヨタは世界で初めて、
水素で動く燃料電池自動車MIRAIの
一般発売をスタートしました。
環境問題や資源の枯渇など、人類の課題を解決する
夢のエネルギーと言われてきた水素。
何十年もかけて普及のための開発に取り組んできた
トヨタにとって、とても誇らしく、嬉しかった日です。
しかし、限られた販売台数でお客様をお待たせしている中、
生産体制もまだまだ充実させなければいけません。
そして、水素社会としての基盤を整え、
理想的に循環させるためには、
今まで以上に社会全体の協力が不可欠になってきます。
この夢はトヨタだけで叶えられるものではなく、
みんなの願いがひとつになって初めて、実現できるもの。
そう決意を新たにしたわたしたちは、
水素社会の意義について語り合い、
考えを深め、そして広めるための場を
つくることにしました。

そしてここではもうひとつ、
伝えたい大切なことがあります。
それは、希望というチカラについてです。
たとえ先が見えなくても、
前に踏み出したいと思った、あの熱い気持ち。
長年の開発を支えてきた、あの熱い気持ち。
そう、未来への希望を持ち続けたからこそ、
わたしたちは前に進み、新しい可能性を手に入れました。
希望こそが、エネルギーなのです。
それは、水素のように、目に見えないけど、
水素のように、世界中にあって。
水素のように、尽きることがない。
そんな、あなたの中にも、
わたしの中にもある無尽蔵なエネルギーを見つけて、
育てていく場をトヨタはつくりたい、と思いました。
ひとりひとりの希望が化学反応を起こして、
新しい未来を生み出してくれたら、最高です。
未来へ進むエネルギーを育てる。 H2OPE スタート

energy図鑑 PAST&FUTURE

新しいエネルギーを手にするたびに、人類は進化してきた。初めて火を利用したその日から、産業革命以降の爆発的なイノベーションを経て、わたしたちの暮らしはエネルギーとは切っても切れない関係だ。はてさて、これからのエネルギーは、何から生み出され、どんな働きをしていくのだろう?エネルギーの歴史と未来を俯瞰してみよう。新しいエネルギーを手にするたびに、人類は進化してきた。初めて火を利用したその日から、産業革命以降の爆発的なイノベーションを経て、わたしたちの暮らしはエネルギーとは切っても切れない関係だ。はてさて、これからのエネルギーは、何から生み出され、どんな働きをしていくのだろう?エネルギーの歴史と未来を俯瞰してみよう。

1
紀元前50万年頃
人類が「火」を
手に入れる
それまで落雷や火山の噴火による自然火災から利用していた火を、発火の技術と道具によって絶やさない方法を発見。肉や魚を焼いたり、照明や暖房、のちには土器をつくるのにも利用するようになった。人の暮らしとエネルギーがつながったのはこのときから。

2
紀元前9000年頃
家畜のパワーを
利用
農耕の発達によって人が定住し、文明を築き始める。このとき農地では、牛や馬などの力がモノの運搬に利用され、さらに紀元前3500年頃には荷車の発明により、家畜のエネルギーと組み合わせることで、長い道のりでもたくさんのモノが運べるようになった。

3
紀元前1000年頃~1500年頃
水と風の
エネルギーを活用
農耕と牧畜が発展する中、川の流れを利用する水車や、大地に勢いよく吹く風を利用する風車が発明される。その力で穀物を挽いたり、水を汲み上げるなど大変な仕事がまかなえるようになった。自然のエネルギーを利用し、暮らしをより豊かにしようとする工夫が生まれた。

4
1500年頃
木炭が燃料の中心に
16世紀以降から、技術進化した水車を用いてたくさんの酸素を木炭と鉄鉱石に送り込んで鉄をつくる「木炭高炉法」が主流に。古くからつくられていた木炭が、鉄鉱石をとかして鉄を取り出す燃料になった。その結果、森林資源を大量に消費し、製鉄所の近くで多くの森が消滅した。

5
1765年
石炭で動く
蒸気機関が登場
ワットが1765年に蒸気機関を発明し、動力源の主役は自然エネルギーから化石燃料へ。蒸気機関車や蒸気船をはじめ、工場を動かすパワーの源になるなど、さまざまな分野に石炭が応用された。ここからイギリスを中心に産業革命が起こり、近代化へと拍車がかかった。

6
1859年
石油の大量生産が
可能に
石油の採掘が1859年にアメリカで始まり、大量生産が可能に。 さらには、1950年代に中東地域やアフリカで油田が相次いで発見され、安くて大量に使える石油がエネルギーの主役へとシフト。交通、暖房、火力発電の燃料、化学製品の原料として広がっていった。

7
1891年
世界初の風力発電が
登場
見えない風も、エネルギーになる。風の力による羽根の回転運動で電気を起こす風力発電は、デンマークの物理学者がその基礎を築いたが、CO2を輩出しない再生可能エネルギーとして近年注目されるように。現在のデンマークでは、国の総電力の4割弱を風力でまかなっている。

8
1892年
バイオの
エネルギーの開発
ピーナツ油から精製した燃料を使うディーゼルエンジンが1892年に開発され、近年では菜種油、パーム油などの油脂でできたバイオ燃料の作成効率がアップ。特にミドリムシ燃料は生産力と軽い性質からジェット機への利用が注目されている。

9
1904年
大地の力を再利用
1904年、温泉や活火山近くの地中の熱を利用して蒸気を発生させ、タービンを回して発電する地熱発電の実験がイタリアで成功。発電量の低さが難点だったが、土地の特性を活かせるエネルギーとして日本では温泉の多い九州で盛んに。

10
1951年
世界初の
発電用原子炉完成
1938年、ウランを核分裂させたときに発生する核エネルギーが発見され、1951年にアメリカで世界初の原子力発電所がつくられた。その後、1970年代に起こったオイルショックによって石油に依存していた世界経済がゆらぎ、日本や世界各地で原子力発電が建設されるように。

11
1952年
水から生まれる
電気
水を電気分解して水素ガスからエネルギーをつくりだせる方法が1801年に発見され、1952年に燃料電池として実用化された。燃やしてもCO2を出さず、水しか残らない。また貯めて運べることから水素は、未来の重要なエネルギーとして世界中の期待を集めている。

12
1954年
太陽電池が
発明される
物質に光を当てて電気を発生させる太陽電池が1954年に登場。その20年後の日本では、石油に代わるエネルギーとして太陽光を活用する道を模索する「サンシャイン計画」が国家主導で動き始めた。太陽の恵みが新たなかたちで生活に関わるように。

13
1987年
地下を流れる
下水のパワー
都市生活で排出される下水の熱を再利用した発電が1987年から東京都などで一部導入されている。地中にある下水の熱は大気にくらべ、冬は暖かく夏は冷たく、温度が安定しているため、外気との温度差を利用し、冷暖房や給湯に活用できる。

14
2003年
振動から発電!?
空気の振動という「音」のエネルギーを発電に活かす実験が2003年から慶応義塾大学のベンチャー企業で始動。家の床から高速道路まで、振動を利用して発電できることが注目されている。振動のエネルギーを電気にかえることにより、防音や免震の効果も期待されている。

illustration:Summer House / edit & text:Arina Tsukada/
supervision:Ryogo Hayano
おすすめ記事
空想プロダクト 電気をためる方法が水素だけだったら、電池はどうなるの? takram design engineering水素社会科見学 Vol.1 プロパンガスの岩谷は水素の岩谷だった。 岩谷産業株式会社