本コンテンツは Internet Explorer 7以下には非対応です。
ブラウザのバージョンをアップデートしてご覧ください。

本コンテンツは
iOS7以降、Andorid 2.4以降で
お楽しみいただけます。

はじまりに

2014年12月15日。
トヨタは世界で初めて、
水素で動く燃料電池自動車MIRAIの
一般発売をスタートしました。
環境問題や資源の枯渇など、人類の課題を解決する
夢のエネルギーと言われてきた水素。
何十年もかけて普及のための開発に取り組んできた
トヨタにとって、とても誇らしく、嬉しかった日です。
しかし、限られた販売台数でお客様をお待たせしている中、
生産体制もまだまだ充実させなければいけません。
そして、水素社会としての基盤を整え、
理想的に循環させるためには、
今まで以上に社会全体の協力が不可欠になってきます。
この夢はトヨタだけで叶えられるものではなく、
みんなの願いがひとつになって初めて、実現できるもの。
そう決意を新たにしたわたしたちは、
水素社会の意義について語り合い、
考えを深め、そして広めるための場を
つくることにしました。

そしてここではもうひとつ、
伝えたい大切なことがあります。
それは、希望というチカラについてです。
たとえ先が見えなくても、
前に踏み出したいと思った、あの熱い気持ち。
長年の開発を支えてきた、あの熱い気持ち。
そう、未来への希望を持ち続けたからこそ、
わたしたちは前に進み、新しい可能性を手に入れました。
希望こそが、エネルギーなのです。
それは、水素のように、目に見えないけど、
水素のように、世界中にあって。
水素のように、尽きることがない。
そんな、あなたの中にも、
わたしの中にもある無尽蔵なエネルギーを見つけて、
育てていく場をトヨタはつくりたい、と思いました。
ひとりひとりの希望が化学反応を起こして、
新しい未来を生み出してくれたら、最高です。
未来へ進むエネルギーを育てる。 H2OPE スタート

はじまりの一滴

写真 鈴木理策

edit & text : Madoka Hattori

東京都大田区羽田空港

東京都世田谷区玉川二丁目

東京都羽村市羽東三丁目

東京都西多摩郡奥多摩町原五番地

山梨県甲州市塩山一ノ瀬高橋

山梨県甲州市塩山一ノ瀬高橋

はじまりの一滴 -東京の水道を巡る旅-

羽田空港沖


多摩川の河口には1931年に開港した羽田空港があり、河口をせき止めないような形で何度も埋め立てを繰り返している。近くには干潮時に干潟が現れ、カニやトビハゼが動き回る場所もある。

二子玉川


東京世田谷区を横断する住宅街として人気のこの場所。多摩川河川敷には緑も多く、BBQや散歩する人でにぎわう。毎年8月に開催される花火大会は約100万人を動員し、水面にも花が咲く。

羽村取水堰・玉川上水


現役の東京都水道施設でもある多摩川河口の上流約54kmに位置し、江戸中に飲料を提供。上水沿いには、水質を浄化すると信じられていた桜が多く植えられ、江戸期より花見客が集まった。

小河内ダム


水道専用貯水池として、日本最大級といわれるダム。ここで貯えられた水はダム直下の多摩川第1発電所で発電に使用後、多摩川に放流され、水道水として取水される。

水干


約138kmにおよぶ多摩川の源流地。「沢の行き止まり」を意味する水干は、山梨県笠取山周辺に位置する。周辺の水源林は、100年以上前から管理され、登山コースとしても開放されている。

鈴木理策|すずき・りさく

1963年、和歌山県新宮市生まれ。2000年 第25回木村伊兵衛写真賞受賞。06年より東京藝術大学美術学部先端芸術表現科准教授。写真集に『海と山のあいだ』(amanasalto, 2015)、『Atelier of Cézanne』(Nazraeli Press,2013)、『White』(edition nord, 2012)等。東京オペラシティアートギャラリーで個展「意識の流れ」を開催(2015年7月18日~9月23日)。

おすすめ記事
タナカカツキの水草水槽教室 水草水槽のしくみを見てみよう。 タナカカツキ南極で見つけた「30億年前の地球」 生態学者 田邊優貴子