本コンテンツは Internet Explorer 7以下には非対応です。
ブラウザのバージョンをアップデートしてご覧ください。

本コンテンツは
iOS7以降、Andorid 2.4以降で
お楽しみいただけます。

はじまりに

2014年12月15日。
トヨタは世界で初めて、
水素で動く燃料電池自動車MIRAIの
一般発売をスタートしました。
環境問題や資源の枯渇など、人類の課題を解決する
夢のエネルギーと言われてきた水素。
何十年もかけて普及のための開発に取り組んできた
トヨタにとって、とても誇らしく、嬉しかった日です。
しかし、限られた販売台数でお客様をお待たせしている中、
生産体制もまだまだ充実させなければいけません。
そして、水素社会としての基盤を整え、
理想的に循環させるためには、
今まで以上に社会全体の協力が不可欠になってきます。
この夢はトヨタだけで叶えられるものではなく、
みんなの願いがひとつになって初めて、実現できるもの。
そう決意を新たにしたわたしたちは、
水素社会の意義について語り合い、
考えを深め、そして広めるための場を
つくることにしました。

そしてここではもうひとつ、
伝えたい大切なことがあります。
それは、希望というチカラについてです。
たとえ先が見えなくても、
前に踏み出したいと思った、あの熱い気持ち。
長年の開発を支えてきた、あの熱い気持ち。
そう、未来への希望を持ち続けたからこそ、
わたしたちは前に進み、新しい可能性を手に入れました。
希望こそが、エネルギーなのです。
それは、水素のように、目に見えないけど、
水素のように、世界中にあって。
水素のように、尽きることがない。
そんな、あなたの中にも、
わたしの中にもある無尽蔵なエネルギーを見つけて、
育てていく場をトヨタはつくりたい、と思いました。
ひとりひとりの希望が化学反応を起こして、
新しい未来を生み出してくれたら、最高です。
未来へ進むエネルギーを育てる。 H2OPE スタート

HOPEに会いに行く photo:Tomoyo Yamazaki text:Hirokuni Kanki アンドロイドを作れば、「人間」がわかる。 ロボット工学者 石黒 浩 Hiroshi Ishiguro
HOPEに会いに行く photo:Tomoyo Yamazaki text:Hirokuni Kanki アンドロイドを作れば、「人間」がわかる。 ロボット工学者 石黒 浩 Hiroshi Ishiguro
生命とは、何だろう。そして、人間を人間たらしめるものとは。いまだ謎に満ちた研究テーマにアンドロイドを開発することでアプローチする人物がいる。生命とは、何だろう。そして、人間を人間たらしめるものとは。いまだ謎に満ちた研究テーマにアンドロイドを開発することでアプローチする人物がいる。
人間がうみ出したアンドロイド。それは、私たちの内面の鏡だ。

 自らにソックリな姿のアンドロイドを製作したことでも知られるロボット工学者の石黒浩教授。お茶の間では、マツコ・デラックスさんをモデルにしたアンドロイド「マツコロイド」でおなじみかもしれない。近年はアンドロイドによる演劇も海外で成功させるなど、日本を代表する研究者だ。
 世界を飛び回る石黒教授が研究の拠点を置くのは、大阪大学の研究室。この週も市内のデパートでは女性販売員型アンドロイド「ミナミちゃん」が活躍していた。平日にもかかわらず、紳士服売場で1日に5万円をひとりで(1体で?)売り上げるという好成績を残した。
 「『売れないと彼女が可哀想』とお客さんが感情移入してくれるんです。ほとんど人間と同じ扱いですよ。おじいちゃん、おばあちゃんにとっては、もはや人間と同じかそれ以上の存在。実際はロボットと知っているにもかかわらず『家族よりも話しやすい』と言ってくれましたからね(笑)」
 数年後の社会では、こうした接客風景が一般化するのだろうか。でも、石黒教授が研究のゴールにするのは、人間の代わりになるアンドロイドの実現に止まらない。
 「それだけのことならば、僕が研究する前に実現していることかもしれません。例えば、小さな子どもが人形を持ってきて、一生懸命に話しかけている場面を思い浮かべてください。その子にとって手にしている人形は、人間と同じ存在なんですよ」
 アンドロイドに人間らしさや心を感じるのは、受け手しだいというわけだ。いずれアンドロイドが人形ではなく、本当に心を持つ日がやって来るのだろうか。そもそも、その「心」自体がどういうものか科学でも分かっていない、と石黒教授は言う。
 「あなたの心を見せてくださいと言われても、取り出して見せられるものではありませんよね。ある複雑なものに接して、よく仕組みは分からないけれど、こちらの内面も複雑に動く。そうした反応に、今は取りあえず『心』と名づけているだけなのです」
 「脳死」が人の死なのか、または心臓が止まったら人の死なのか。いまだ議論が続いているように。まだ「人間」の明確な定義はなされていないのだという。
 人間を人間たらしめているものは、いったい何だろう。石黒教授は「社会との関係性」に着目する。
 「歴史上、奴隷という存在が解放される以前まで、悲しいことに彼らはほぼ“人間”とはみなされてませんでした。彼らがいつ“人間”となったのかを僕に言わせれば、『社会から人権を与えられてから』。社会の承認によって“人間”が生まれるのです。だから、その対象が有機体でできていようが、機械でできていようが関係はないんです」

研究室にはさまざまなオブジェが並ぶ。「ハグビー」という黒い人形は、抱き枕型通信メディア。遠距離にいる人に存在感を伝える。

石黒教授はあらゆることが器用にこなせる。写真撮影も特技の1つ。飾られた自作アンドロイドのポートレートが、不思議な魅力を放つ。

外に向いた感覚器官に、自分の内面を映し出す。

人間とは、いったい何だろう。この果てしない疑問への答えを、石黒教授はアンドロイドの開発を通じて追い続けている。
 「眼や耳などの人間の感覚器は、内側には向かずに、すべて外側に向いています。そのため、人間が自分の内面を知りたい場合、自らの中味を、外側の世界に『鏡』として映し出すしかありません」
 こうして石黒教授は、「人間の鏡」としてアンドロイドを製作してきた。アンドロイドという実物に投影され、初めて分かることも多い。
 「実験ではアンドロイドにカメラやセンサー類を取り付け、人間の感覚器につなげました。すると、アンドロイドの身体を、まるで自分の身体のように感じる『乗り移った感覚』が得られます。理論では予想していましたが、実際に身体でやってみると一発で分かるものでした。僕も含め、人間の想像力というものは相当に乏しいものです。頭の中に構築された知識世界とは、制限されたものですから」

自分の奥底にあるものを、見る勇気があるか?

 ロボットを研究すること。それは意外にも、「絵を描くこと」に似ているという。
 「絵を描くというのは、まさに自分を表現するということです。人間の内面をキャンバスに描くという点では、アンドロイドをつくるのに似ていますね。僕は大学に入るまで、絵描きになりたかったんですが、自信がなくて諦めました。その代わりにコンピュータを勉強して、そのうち人工知能の研究、ロボットの製作をやり出してから、また絵を描くのに似たようなことへと戻ったんですね」
 研究の源泉となっている、石黒教授の思い、それは人間が太古から、文学や芸術を通じて追い求めてきたものと重なっていた。
 「僕が関心があるのは『人間とは何か』であり、それは突き詰めれば、『自分自身をちゃんと理解したい』ということなのです。子ども時代からずっと自分というものがよく分からなかったんですね。どこかで客観的に見ているもうひとりの自分がいる。自分の脳から心や意識が生まれている、という実感がない。考えるほど不思議で、この世界が夢かどうかも分からなくなってくるほどでした」
 誰でも、本当は自分の奥底にあるものに興味がある。けれど、そこから一歩引いてしまって、冷静に自分を見ていない人が多いのでは、と石黒教授は考えている。
 「自分の拠りどころや、自分そのものは何なのかに興味を持つ。それは、人間なのだから当然です。だから僕の研究も、人間のことを考え続けている。誰もがやっている生きる活動の一部のようなものだととらえています」
 研究テーマを見つけるのも、その時々の直観を信じることが多い。最先端のロボット研究を突き動かすのは、幼い頃からの情熱と、尽きることのない好奇心だった。
 「小さい頃に『何でだろう』と疑問に思っていたことが、研究を続けるうちにだんだん分かってくる瞬間があります。ぼんやり考え続けても分からないので、いろいろやるんですよね。絵を描いたり、モノをつくったり、ロボットの形にしてみたり。知らないものに対する理解を深めようとしないのは、ひょっとして生きていないのと同じ状態かもしれませんよ」
 人間が今のところアンドロイドより優れているのは、自分のことを考え続けられることにある。しかし、うっかりすると、彼らに追い越されてしまうかもしれない。

石黒 浩|いしぐろ・ひろし

大阪大学基礎工学研究科教授/ATR石黒浩特別研究所客員所長。 大阪大学基礎工学研究科博士課程修了。工学博士。人と関わるヒューマノイドやアンドロイドなど、社会で活動するロボットの実現を目指し、知的システムの基礎的な研究を行う。

おすすめ記事
未来の植物博士が、石垣島で出会ったもの。 中学生 三浦夕昇HOPEに会いにいく 〝赤ちゃんを手助け〟してきた70年。 助産師 坂本フジヱ南極で見つけた「30億年前の地球」 生態学者 田邊優貴子