本コンテンツは Internet Explorer 7以下には非対応です。
ブラウザのバージョンをアップデートしてご覧ください。

本コンテンツは
iOS7以降、Andorid 2.4以降で
お楽しみいただけます。

はじまりに

2014年12月15日。
トヨタは世界で初めて、
水素で動く燃料電池自動車MIRAIの
一般発売をスタートしました。
環境問題や資源の枯渇など、人類の課題を解決する
夢のエネルギーと言われてきた水素。
何十年もかけて普及のための開発に取り組んできた
トヨタにとって、とても誇らしく、嬉しかった日です。
しかし、限られた販売台数でお客様をお待たせしている中、
生産体制もまだまだ充実させなければいけません。
そして、水素社会としての基盤を整え、
理想的に循環させるためには、
今まで以上に社会全体の協力が不可欠になってきます。
この夢はトヨタだけで叶えられるものではなく、
みんなの願いがひとつになって初めて、実現できるもの。
そう決意を新たにしたわたしたちは、
水素社会の意義について語り合い、
考えを深め、そして広めるための場を
つくることにしました。

そしてここではもうひとつ、
伝えたい大切なことがあります。
それは、希望というチカラについてです。
たとえ先が見えなくても、
前に踏み出したいと思った、あの熱い気持ち。
長年の開発を支えてきた、あの熱い気持ち。
そう、未来への希望を持ち続けたからこそ、
わたしたちは前に進み、新しい可能性を手に入れました。
希望こそが、エネルギーなのです。
それは、水素のように、目に見えないけど、
水素のように、世界中にあって。
水素のように、尽きることがない。
そんな、あなたの中にも、
わたしの中にもある無尽蔵なエネルギーを見つけて、
育てていく場をトヨタはつくりたい、と思いました。
ひとりひとりの希望が化学反応を起こして、
新しい未来を生み出してくれたら、最高です。
未来へ進むエネルギーを育てる。 H2OPE スタート

HOPEに会いに行く photo:Katsumi Omori text:Kosuke Ide 未来の植物博士が、石垣島で出会ったもの。 中学生 三浦 夕昇 Yuhi Miura
HOPEに会いに行く photo:Katsumi Omori text:Kosuke Ide 未来の植物博士が、石垣島で出会ったもの。 中学生 三浦 夕昇 Yuhi Miura
植物に夢中で、驚くほど詳しい少年がいる。そんな話を聞き、彼と旅に出ようと決めた。彼がずっと行きたかった場所へ。
図鑑でしか見たことのない、南洋の木々に会いに行く。図鑑でしか見たことのない、南洋の木々に会いに行く。

 保育園から帰ってくると、鞄の中にいつも葉っぱやどんぐりが入っていた。「お絵描き」の時間には、街路樹の絵を描いた。レゴブロックで遊ぶときは木を作った。お母さんに「おもちゃを買って欲しい」とせがんだことはほとんどなかったが、サンタさんにプレゼントして欲しいとお願いしたのは、ピンオークの「苗木」だった……。
 そんな数々の「伝説」を裏付けるかのように、当時のスナップ写真のほとんどに、その小さな手に枝や葉をしっかりと握りしめている少年の姿が写っている。今年、中学1年生になった三浦夕昇くんの植物への関心がいつどのように始まったのか、その正確な答えは彼の両親も、また彼自身さえも持ち合わせていない。ただ言えることは、「ずっと好きだったし、今も好きだ」ということ。植物図鑑を飽くことなく眺め、身の回りにあるあらゆる木々や草花を見て、触れて、調べ尽くした。詳細な植物の絵を描き、特徴を書き込んだノートは十冊以上に及ぶ。当然、調べるだけでは飽き足らず、育て始めた。今や神戸にある自宅の庭には90種を超える植物の鉢植えが並び、その世話を欠かしたことはない。

夕昇くんは物心ついた時からずっと植物が好きで、いつも木々に触れ、その姿を絵に描いた。小学校に入ってからは、スケッチと情報を描き込んだノートをつけるようになった。

初めて出会う木ばかりで、入学式みたい。

高い木を見上げ、観察する目は好奇心に溢れている。

そんな彼が、「ずっと行ってみたかった」という場所ーそのひとつが、沖縄だった。中でも、東シナ海に浮かぶ日本最南西端の島嶼群、八重山諸島には特別な興味があった。本州では見られない、図鑑の中だけでしか拝むことのできなかった木々に直に会いに行きたい。そんな夕昇くんの「夢」をお裾分けしてもらいたいという思いで、彼とともに石垣島へ飛んだ。
 「こんにちは……よろしくお願いします」。初めて出会った夕昇くんは、少しおとなしくてシャイで、だけど利発で礼儀正しい普通の少年といった雰囲気。はにかむように笑う表情は、時に幼さも感じさせて可愛らしい。さっそく彼とレンタカーに乗り込んで北東へ、島を代表する景勝地である川平湾へと向かう。発車してすぐ、夕昇くんの眼が車窓の外に“釘付け〞になっているのに気がついた。「あっ、モクマオウだ」「リュウキュウマツだ。かっこいいな」「あれはユスラヤシかな」。流れ去る景色の中では、それぞれの木々の詳細をじっくりと検あらためることはできない。それでも、その眼の輝きから、すでに彼の心が高揚しているのが伝わってくる。多くの人にとっては抽象的な「木」や「森」でしかないもの、「その他大勢」の脇役に見えるものも、彼にとってはひとつひとつに名前があり、キャラクターを持つ個性的な俳優たちなのだ。その植物を見る眼の「解像度」の高さに、早くも驚かされてしまう。
 川平湾に到着し、有名なエメラルドグリーンの美しい浜を前にしても、夕昇くんの足はやはりその背後に聳そびえる亜熱帯の森に向かう。

 アダンの茂る森を歩き回り、ある地点で立ち止まると、バックパックからおもむろに取り出したのは「マイ剪定鋏」。「アカギですね。これは家で挿し木(植物の茎や枝の一部を切り取って土の中に挿し、根を出させて増やすこと)できそうだな」と言うが早いか、その枝を鋏で短く切り、葉をすべて半分ほどの大きさに切り落とした。
 「葉を小さくしておくと根が出やすいんです。穂木は斜めに切っておくと、水や土に触れる面積が広くなります」。枝は乾燥しないよう、鋏を入れているジップ付きのビニール袋に一緒に入れる。その一連の動作の鮮やかな手際はもはや熟練の職人のようでもあり、珍しい穂木を手中に収めてニヤリと微笑むその姿はまるで「ハンター」のそれだ。「初めて出会う木ばかりだから、何だか“入学式〞みたいな感じですねえ」。その嬉しそうな表情に、こちらも入学式を迎えた子の親みたいな気持ちになる。どうやら式は滞りなく終わり、授業はいよいよスタートのようだ。

上:夕昇くんの外出に欠かせない、愛用の剪定鋏。下:挿し木のための穂木は、葉っぱを切り落としておく。

HOPEに会いにいく
アンドロイドを作れば、「人間とは何か」がわかる。 ロボット工学者 石黒 浩HOPEに会いにいく 〝赤ちゃんを手助け〟してきた70年。 助産師 坂本フジヱ南極で見つけた「30億年前の地球」 生態学者 田邊優貴子