本コンテンツは Internet Explorer 7以下には非対応です。
ブラウザのバージョンをアップデートしてご覧ください。

本コンテンツは
iOS7以降、Andorid 2.4以降で
お楽しみいただけます。

はじまりに

2014年12月15日。
トヨタは世界で初めて、
水素で動く燃料電池自動車MIRAIの
一般発売をスタートしました。
環境問題や資源の枯渇など、人類の課題を解決する
夢のエネルギーと言われてきた水素。
何十年もかけて普及のための開発に取り組んできた
トヨタにとって、とても誇らしく、嬉しかった日です。
しかし、限られた販売台数でお客様をお待たせしている中、
生産体制もまだまだ充実させなければいけません。
そして、水素社会としての基盤を整え、
理想的に循環させるためには、
今まで以上に社会全体の協力が不可欠になってきます。
この夢はトヨタだけで叶えられるものではなく、
みんなの願いがひとつになって初めて、実現できるもの。
そう決意を新たにしたわたしたちは、
水素社会の意義について語り合い、
考えを深め、そして広めるための場を
つくることにしました。

そしてここではもうひとつ、
伝えたい大切なことがあります。
それは、希望というチカラについてです。
たとえ先が見えなくても、
前に踏み出したいと思った、あの熱い気持ち。
長年の開発を支えてきた、あの熱い気持ち。
そう、未来への希望を持ち続けたからこそ、
わたしたちは前に進み、新しい可能性を手に入れました。
希望こそが、エネルギーなのです。
それは、水素のように、目に見えないけど、
水素のように、世界中にあって。
水素のように、尽きることがない。
そんな、あなたの中にも、
わたしの中にもある無尽蔵なエネルギーを見つけて、
育てていく場をトヨタはつくりたい、と思いました。
ひとりひとりの希望が化学反応を起こして、
新しい未来を生み出してくれたら、最高です。
未来へ進むエネルギーを育てる。 H2OPE スタート

タナカ カツキの水草水槽教室

2012年「世界水草レイアウトコンテスト」
世界ランキング22位のタナカさんの作品
(画像提供:株式会社アクアデザインアマノ)

photo : Shinichi Masumoto / edit : Madoka Hattori

水草水槽とは、水草や流木、石などを水槽の中にレイアウトして、美しい景色を楽しむ遊びです。バクテリア、水草、魚とつながる良好な生態系を水槽内につくることが大切なポイント。あなたもお部屋で、サステイナブルな自然を感じてみませんか。

水草水槽のしくみ

照明 光を受けて、水草が成長し、光合成をします。 光合成でできた酸素で、魚やバクテリアが活動します。 生体が活動で出したCO2も水中に溶け込んでいます。 魚のフンをバクテリアが分解し、水草の養分の元を作り出します。 CO2の添加で、光合成を促進させます。 CO2ボンベ バクテリアは「ろ過器」あたりにたっぷりいます。 ろ過器 だから水がこんなに透明なのです
植物が育つとともに水がキレイになってゆく生態系を手応えとして感じられるそれが水草水槽なのです

水草水槽のしくみ

照明 光を受けて、水草が成長し、光合成をします。 光合成でできた酸素で、魚やバクテリアが活動します。 生体が活動で出したCO2も水中に溶け込んでいます。 魚のフンをバクテリアが分解し、水草の養分の元を作り出します。 CO2の添加で、光合成を促進させます。 CO2ボンベ バクテリアは「ろ過器」あたりにたっぷりいます。 ろ過器 だから水がこんなに透明なのです
  1. 1光を受けて、水草が成長し、光合成をします。
  2. 2CO2の添加で、光合成を促進させます。
  3. 3
    魚のフンをバクテリアが分解し、水草の養分の元を作り出します。
  4. 4光合成でできた酸素で、魚やバクテリアが活動します。
  5. 5生体が活動で出したCO2も水中に溶け込んでいます。
  6. 6バクテリアは「ろ過器」あたりにたっぷりいます。
植物が育つとともに水がキレイになってゆく生態系を手応えとして感じられるそれが水草水槽なのです

大自然に続く窓

光合成が見える!

できたてほやほやの酸素。
葉には光合成でできた気泡が見えます。

生きた絵画 飽きないね リビングに大自然☆

水草水槽は毎日変化します。

水草にはいろんな形があります
魚も飼える

魚を入れることで、自然の
サイクルがうまれます。

メンテナンスは週に1回1/3の水換え

エビや貝がお掃除。
伸びすぎた草はカット!

日本の水道水は植物がたいへん育ちやすいのです風景が変わる 水槽を見てるみたいだな 自然の創造主は誰だ!! スゲー

水草水槽に関わることで、今まで見ていた
景色の感じ方が変わります。

こんな小さなものでも楽しめます 手軽でオシャレボトルアクアリウム
VOL.2に続く

タナカカツキ|たなか・かつき

1966年、大阪府出身。18歳でマンガ家デビュー。著書に『オッス!トン子ちゃん』(ポプラ文庫)、『サ道』(PARCO出版)、『水草水槽のせかい』(リトルモア)など。2014年「世界水草レイアウトコンテスト」世界13位。教鞭をとる京都精華大学では水槽学部(架空の学部)を立ち上げるなど、日々、水草水槽の魅力を伝えている。

おすすめ記事
はじまりの一滴 - 東京の水源を巡る旅 - 写真 鈴木理策未来の植物博士が、石垣島で出会ったもの。 中学生 三浦夕昇