安全装備

一歩先にある安全を見守る、先進の技術。Toyota Safety Sense
Toyota Safety Sense
ミリ波レーダー/単眼カメラ

交通事故死傷者ゼロ社会という究極の願いを目指し、進化し続ける予防安全パッケージ。それがトヨタセーフティセンスです。進化したミリ波レーダーと単眼カメラにより、危険な状況を避けられるようにサポートします。

ミリ波レーダー/単眼カメラ

「セーフティ・サポートカーS<ワイド>」です。

サポカーS ワイド Safety Support Car S

セーフティ・サポートカーS<ワイド>(サポカーS<ワイド>)は、政府が交通事故防止対策の一環として普及啓発しているものです。自動ブレーキ(対歩行者)、ペダル踏み間違い時加速抑制装置、車線逸脱警報、先進ライトなどの安全運転を支援する装置を搭載し、高齢者を含む全てのドライバーの安全をサポートします。

  • 安全運転を支援する装置は、あくまで運転を支援する機能です。本機能を過信せず、必ずドライバーが責任を持って運転してください。
サポカーS ワイド Safety Support Car S

ぶつからないをサポート。

プリクラッシュセーフティ(歩行者[昼夜]・自転車運転者[昼]検知機能付衝突回避支援タイプ/ミリ波レーダー+単眼カメラ方式)

  • 昼間、自転車が車道にとび出したときも、ミリ波レーダーと単眼カメラで検知。
    昼間、自転車が車道にとび出したときも、ミリ波レーダーと単眼カメラで検知。
  • 昼間はもちろん、夜間の歩行者も検知。
    昼間はもちろん、夜間の歩行者も検知。

前方の車両や歩行者(昼夜)、自転車運転者(昼)をミリ波レーダーと単眼カメラで検出。警報ブザーとマルチインフォメーションディスプレイ表示で衝突の可能性を知らせ、ブレーキを踏めた場合はプリクラッシュブレーキアシスト。ブレーキを踏めなかった場合はプリクラッシュブレーキを作動させ、衝突回避または被害軽減をサポートします。プリクラッシュブレーキは歩行者や自転車運転者に対しては自車が約10~80km/hの速度域で作動し、たとえば、歩行者との速度差が約40km/hの場合には、衝突回避または被害軽減をサポートします。また、車両に対しては自車が約10km/h以上で作動。たとえば、停止車両に対し自車の速度が約50km/hの場合は、衝突回避または被害軽減をサポートします。

  • 道路状況、車両状態、天候状態およびドライバーの操作状態等によっては、作動しない場合があります。詳しくは取扱説明書をご覧ください。
  • プリクラッシュセーフティはあくまで運転を支援する機能です。本機能を過信せず、必ずドライバーが責任を持って運転してください。
  • 数値は社内測定値。

はみ出さないをサポート。

レーンディパーチャーアラート[LDA]*1(ステアリング制御機能付)

レーンディパーチャーアラート[LDA](ステアリング制御機能付)

道路上の白線(黄線)を単眼カメラで認識し、ドライバーがウインカー操作を行わずに車線を逸脱する可能性がある場合、ブザーとマルチインフォメーションディスプレイ表示による警報でお知らせ。さらに電動パワーステアリングを制御することで、車線逸脱を回避しやすいようにドライバーのステアリング操作をサポートします。

*1.
車線逸脱警報。
  • 本システムは幅約3m以上の車線を自車速度約50km/h以上で走行時に作動します。また道路状況、車両状態および天候状態等によっては、ご使用になれない場合があります。詳しくは取扱説明書をご覧ください。
  • レーンディパーチャーアラート[LDA]はあくまで運転補助機能です。本機能を過信せず、必ずドライバーが責任を持って運転してください。

ついていくをサポート。

レーダークルーズコントロール(ブレーキ制御付)

  • 設定した車速内で追従支援してくれるので、ロングドライブも快適。
    設定した車速内で追従支援してくれるので、ロングドライブも快適。

    ミリ波レーダーと単眼カメラで先行車を認識し、設定車速内で希望の車間距離(3段階)を保ちながら追従制御します。また、設定車速を保ち定速走行することもできます。さらに、約80km/h以上で、右車線へ車線変更する場合、ウインカーと連動して設定速度まで早めに加速することで、追い越しを支援します。
  • 先行車が自車より遅いときは減速制御し、適切な車間距離を保って追従。
    先行車が自車より遅いときは減速制御し、適切な車間距離を保って追従。

    自車線上に自車より遅い先行車を検知すると、モーター出力制御、またはブレーキ制御を行い減速します。
  • 車間距離制御は状況により限界があります。システムを過信せず、安全運転をお願いします。
  • 設定速度は、制限速度、交通の流れ、路面環境、天候などを考慮して適切に設定してください。設定速度の確認は運転者が行う必要があります。
  • 道路状況、車両状態および天候状態等によっては、ご使用になれない場合があります。
  • 高速道路や自動車専用道路でご使用ください。詳しくは取扱説明書をご覧ください。

標識の見逃し防止をサポート。

ロードサインアシスト[RSA*2

  • 見逃しやすい道路標識をディスプレイに表示。
    見逃しやすい道路標識をディスプレイに表示。
  • マルチインフォメーションディスプレイ表示例
    マルチインフォメーションディスプレイ表示例
    速度規制値を超えた場合などには、表示とブザーでお知らせする機能も。

前方のカメラで認識した「最高速度」「はみ出し通行禁止」「車両進入禁止」「一時停止」の道路標識を、マルチインフォメーションディスプレイに表示。道路標識の見落としを減らし、安全運転を促します。また、カメラによって認識された「最高速度」「はみ出し通行禁止」「車両進入禁止」の道路標識に対し、違反動作を行っているとシステムが判断した場合、表示の反転や点滅でドライバーに告知する機能もあります。

*2.
RSA:Road Sign Assist
  • カスタマイズにより、ブザー音(「最高速度」「はみ出し通行禁止」「車両進入禁止」)を作動させることや、告知なしにすることも可能です。

夜間の見やすさをサポート。

オートマチックハイビーム[AHB*3

  • 歩行者や障害物のいち早い発見に貢献。
    歩行者や障害物のいち早い発見に貢献。

    ハイビームとロービームを自動切替。遠くまで照らせるハイビームでの走行頻度が高まり、夜間走行時の視野が広がります。
  • 面倒なヘッドライトの切り替えが不要。
    面倒なヘッドライトの切り替えが不要。

    ハイビームとロービームが自動で切り替わるので、切り替え忘れを防げます。
*3.
AHB:Automatic High Beam
  • 自車速度約30km/h以上で作動します。
  • ハイビーム・ロービームの切替自動制御には、状況により限界があります。運転時には常に周囲の状況に注意し、必要に応じて手動で切替えるなど、安全運転を心掛けてください。
  • 道路状況、車両状態および天候状態等によっては、作動しない場合やご利用になれない場合があります。詳しくは取扱説明書をご覧ください。
付帯機能

前のクルマの発進をお知らせ。

先行車発進告知機能[TMN]

先行車発進告知機能[TMN*4

信号待ちや渋滞で先行車に続いて停止し、先行車の発進に気づかずそのままでいる場合には、ブザー&ディスプレイ表示でお知らせ。

*4.
TMN:Traffic Movement Notification
  • シフトポジションが「P」「R」以外でブレーキペダルを踏んで停車している時に作動します。シフトポジションが「N」の時、ブレーキペダルを踏んでいなくても作動します。
  • 先行車が約4m以上進んでも自車が止まったままだとシステムが判断した場合に作動します。なお、機能のON/OFFおよび通知タイミングの変更が可能です。詳しくは取扱説明書をご覧ください。
先行車発進告知機能[TMN]
  • Toyota Safety Senseを安全にお使いいただく上での留意事項説明
  • Toyota Safety Senseは予防安全パッケージです。ご契約に際し、Toyota Safety Senseおよびその各システムを安全にお使いいただくための留意事項についてご説明いたします。
  • ご使用になる際のお客さまへのお願い
  • 運転者には安全運転の義務があります。運転者は各システムを過信せず、常に自らの責任で周囲の状況を把握し、ご自身の操作で安全を確保してください。
  • 各システムに頼ったり、安全を委ねる運転をすると思わぬ事故につながり、重大な傷害におよぶか最悪の場合は死亡につながるおそれがあります。
  • ご使用の前には、あらかじめ取扱説明書で各システムの特徴・操作方法を必ずご確認ください。
  • お客様ご自身でプリクラッシュセーフティの作動テストを行わないでください。対象(マネキンや段ボールで作動対象を模したものなど)や状況によってはシステムが正常に作動せず、思わぬ事故につながるおそれがあります。
  • 装備類の詳しい設定につきましては、諸元表および主要装備一覧表をご覧ください。
  • 写真は作動イメージです。
  • 写真のカメラ・レーダーの検知範囲はイメージです。
  • 写真の画面表示は機能説明のために通常の状態とは異なる表示・点灯をしています。実際の走行状態を示すものではありません。
  • ボディカラーおよび内装色は、撮影および表示画面の関係で実際の色と異なって見えることがあります。
  • 写真は機能説明のためにボディの一部を切断したカットモデルです。
  • 画面はハメ込み合成です。
  • 一部の写真は合成・イメージです。

エクストラナビゲーション

トヨタのおすすめのクルマ