65歳以上の方へサポカー補助金 新車で最大10万円 ※1※2

サポカー補助金は、政府による65歳以上のドライバー交通事故防止対策の一環として、予防安全装置を備えた「対歩行者衝突被害軽減ブレーキ」や「ペダル踏み間違い急発進抑制装置」搭載車、「後付けのペダル踏み間違い急発進等抑制装置」の購入等をサポートする目的として、補助金が交付されるものです。※申請総額が予算額を超過次第、募集が終了となります。予めご了承ください。

  • ※1 対歩行者衝突被害軽減ブレーキと急発進抑制装置が装着された車両の場合。車両本体価格が1000万円以上(税抜き)の車は補助の対象外となります。
  • ※2 補助金額は条件により異なります。詳しくは販売店スタッフにおたずねください。
  • ※2020年2月現在

サポカー補助金について

補助対象者
令和2年3月末時点で満65歳以上となるドライバー 令和2年3月末時点で満65歳以上となるドライバーを雇用する事業者
(事業用登録の場合のみ)
補助額
  • 1

    対歩行者衝突被害軽減
    ブレーキ、およびペダル
    踏み間違い急発進抑制
    装置搭載車

    10万円

    ※5

    軽自動車7万円 ※5

    中古車4万円 ※3※4※5

  • 2

    対歩行者衝突被害軽減
    ブレーキ搭載車

    6万円

    ※5

    軽自動車3万円 ※5

    中古車2万円 ※3※4※5

  • 3

    後付けのペダル踏み間違い
    急発進抑制装置

    障害物検知機能付

    4万円

    ※3※4※5※6

  • ※3.補助支給開始時期は未定です(2020年2月現在)
  • ※4.補助金額は条件により異なります。詳しくは販売店スタッフにおたずねください
  • ※5.制度内容の詳細や国の制度と重複申請可否などについては各自治体によって異なります。詳細情報は各自治体へご確認ください。
  • ※6.補助を受ける対象者は、令和2年3月末時点で満65歳以上となる運転者に装置を販売する者となります。
  • ■補助金の対象は、 審査委員会の審査を経た車両で、補助金の対象車として公表された日以降、新車新規登録または新規検査届出された自動車が対象となります 。
  • ■補助金の交付を受けた新車については、新車新規登録日または新車新規検査届出日より 1 年以上の間、原則として同一の者による使用(車検証上の使用者名義を変更しないこと)が必要となります。
  • ■自家用自動車については、補助金の交付は、1 人につき1台限りで、法人名義での購入は対象外となります 。
  • ■事業用自動車については、法人名義の場合、65歳以上の運転者の人数までが上限となります。
  • ■申請総額が予算額を超過し次第、終了となります。
  • ■車両登録・届出後、一定期間内に審査機関に申請が受理される必要があります。交付決定後申請者に直接交付されます。

サポカーについて
詳しく知りたい方はこちら

サポカー補助金の対象となるトヨタの安全技術

  • グレードによって予防安全装置の設定が異なる場合があります。
  • グレードや予防安全装置の設定によって同じ車種でも安全運転サポート車の区分が異なる場合があります。
  • 予防安全装置の各機能の作動には、速度や対象物等の条件があります。また、道路状況、車両状態、天候等により作動しない場合があります。
    詳しくは、取扱書、またはWEBをご覧いただくか、販売店スタッフにおたずねください。
  • 予防安全装置はドライバーの安全運転を支援するためのものです。機能を過信せず、安全運転を心掛けてください。

トヨタなら40車種以上がサポカー補助金対象※2020年2月現在