2019.11.14
YARIS WORLD PREMIERE
数々の新技術を投入し
すべてを刷新
新型車ヤリスが初披露されたYARIS WORLD PREMIEREでは、開発を担当したチーフエンジニアの末沢泰謙も登壇。クラスレスな新世代コンパクトカーを作り上げるために開発された新技術が、次々に紹介されました。当日の模様を収めた動画を中心にお届けします。
あえて小さいことにこだわり開発
新型車ヤリスは、次の時代に求められるコンパクトカーの新たな価値を追求。新開発のGA-Bプラットフォームを初めて採用したほか、エンジンやハイブリッドシステム、トランスミッションなど、すべてゼロベースから作り上げている。

その開発の原動力になったのは、「『もっといいクルマづくり』の原点は、コンパクトカーにあるという信念」だったと語る。「最初に取り組んだのは、コンパクトにベストなTNGAの開発です。新開発のGA-Bプラットフォームと一新したパワーユニットにより、すべての人に走る楽しさを提供したいと考えました」。

他のコンパクトカーが大きくなる傾向にある中、ヤリスはあえて小さいことにこだわったという。「コンパクトならではの、きびきびとした軽快なハンドリング。そして、コンパクトを超える上質な乗り心地。小さくて、軽くて、走りが気持ちいい、ぎゅっと凝縮されているクルマ───それがこのヤリスです」。
ハイブリッド車で世界最高レベルの低燃費を目指す
ヤリスが追求したのは、その走りだけではない。日常使いが多いコンパクトだからこそ、低燃費にもこだわったという。「新世代ハイブリッドシステムの採用と、量販グレードで50キロの軽量化により、トヨタのハイブリッド車、さらには世界のハイブリッド車の中で最高レベルとなる、WLTC燃費20%以上向上を目標に開発しています」。

そして、デザインコンセプトは「B-Dash!」。大胆に、活発に、そして美しく。さらに、鋭い加速で、弾丸のようにダッシュするイメージが込められている。「今にも走り出しそうな躍動感のある凝縮デザイン。徹底的にムダをそぎ落としたキャビンと、ボディ中心から前後タイヤに向かう引き締まった造形で、アクティブな走りを予感させる格好いいスタイルを目指しました」。

もちろん安心・安全のための機能も、最新のToyota Safety Senseを標準装備するなど充実している。「多くの方が乗るコンパクトだからこそ、上級モデルに採用されている安全装備やトヨタ初となる高度な安全機能を積極的に採用しました」。夜間の歩行者を検知し被害軽減を図るプリクラッシュセーフティ。同一車線内中央を走行できるようステアリング操作を支援するレーントレーシングアシスト。駐車場からバックする際に、左右後方から接近してくるクルマを検知するリヤクロストラフィックオートブレーキなど、先進の安全機能が採用されている。
コンパクトカーの域をはるかに超えて
さらに、高度駐車支援システム「Advanced Park」をトヨタで初めて搭載。スマートフォンとの連携ができる「ディスプレイオーディオ」など、最新のコネクティッド技術も数多く採用されている。

コンパクトカーに求められる基本要件を満たしながら「走ることが楽しくなる真の軽快感」、「世界最高レベルの低燃費」、「今にも走り出しそうなデザイン」、「最新の安心・安全装備」を設定。確かに新型車ヤリスには、クラスレスという表現がよく似合う。