2019.12.20
CM & SPEC ANNOUNCE
CM公開中!世界トップレベルの低燃費情報も公開
発売予定の2020年2月中旬が近づいてきましたが、新型車ヤリスのCMが公開中です。今回はCMと、合わせて発表になった燃費・価格情報をご紹介します。
やりたいことへ、走り出そう ─ヤリスの魅力をCMで
公開中のCMは、アクティブに躍動するヤリスとアスリートの走りを重ね合わせた展開。「YARIS&GO!」のメッセージと共に、やりたいことへ走り出す人を応援するCMとなっている。思わず動き出したくなる、走りを楽しみたくなる走りと走りの競演を、今すぐチェック。
ハイブリッド 世界トップレベルの低燃費!
ヤリス(HYBRID X・2WD)の燃費は、WLTCモード燃料消費率(国土交通省審査値)36.0km/L(市街地モード:37.5km/L/郊外モード:40.2km/L/高速道路モード:33.4km/L)で、世界トップレベル*1の低燃費。小型・軽量化を徹底的に追求した新型エンジンと、システム出力を向上させながら電気系・機械系損失を大幅に低減したハイブリッドシステムで、圧倒的な低燃費を実現している。

そして、この驚異的な低燃費でありながら、アクセル操作に対するレスポンスの向上で、意のままにコントロールできる爽快な走りと、先進の高速燃焼技術によって実用域での軽快感をもたらしている。低燃費と力強い走りの両立は、ヤリスの大きな魅力だ。

ちなみにWLTCモードとは、すでにご存知の方も多いと思うが、これまでの日本独自の試験方法によるJC08モードに代わって導入された、高速道路モードなど各走行モードを平均的な使用時間配分で構成した国際的な試験法のこと。3つの走行モード毎の燃費が表示されるため、お客様の走行環境に合った燃燃費との比較がしやすくなっている。

また、燃費情報とともに価格についても発表された。詳しくは下記のサイトで。
ヤリスの詳しい情報はこちら→
■燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて燃料消費率は異なります。
■WLTCモードは、市街地、郊外、高速道路の各走行モードを平均的な使用時間配分で構成した国際的な走行モードです。市街地モードは、信号や渋滞等の影響を受ける比較的低速な走行を想定し、郊外モードは、信号や渋滞等の影響をあまり受けない走行を想定、高速道路モードは、高速道路等での走行を想定しています。

*1. 2019年12月現在。ガソリン乗用車コンパクトクラス。トヨタ自動車(株)調べ。