安全装備

コンパクトだからこそ、妥協のない衝突安全性能を追求しました。

6つのエアバッグで、すべての席に安心を。

SRSエアバッグシステム

SRS*1エアバッグシステム

  1. SRSエアバッグ(運転席・助手席)
  2. SRSサイドエアバッグ(運転席・助手席)*2
  3. SRSカーテンシールドエアバッグ(前後席)*2

[SRSエアバッグ(運転席・助手席)は全車に標準装備。SRSサイドエアバッグ+SRSカーテンシールドエアバッグは全車にメーカーオプション。]

*1.
SRS[乗員保護補助装置]:Supplemental Restraint System
*2.
SRSサイドエアバッグ+SRSカーテンシールドエアバッグを装着した場合、ELR付3点式リヤシートベルト(左右席)はプリテンショナー&フォースリミッター機構付となります。またアシストグリップがリヤ左右席にも装着されます。
  • SRSエアバッグはあくまでシートベルトを補助する装置です。必ずシートベルトをご着用ください。
  • すべてのSRSエアバッグは衝突の条件によっては作動しない場合があります。
  • SRSエアバッグの写真は機能説明のためにSRSエアバッグが作動した状態を再現したものです。
  • SRSサイドエアバッグ、SRSカーテンシールドエアバッグは、側面衝突時には衝突側のみ膨らみます。
  • エアバッグ作動状態の写真は機能説明のためにボディの一部を切断したカットモデルです。
  • チャイルドシートを助手席に装着する時は、後ろ向きにしないなど、ご注意いただきたいことがあります。必ず取扱説明書をご覧ください。
SRSエアバッグシステム

あらゆる方向からの衝突に備え、もしもの時のダメージを軽減。

衝突安全ボディ

衝突安全ボディ

前・後ろ・横からの衝突を想定し、衝突実験を実施。衝突エネルギーを効果的に吸収し、キャビンへのダメージを軽減します。

  • 写真は説明のために着色したものです。
衝突安全ボディ

万一の際、歩行者の安全にも配慮。

歩行者傷害軽減ボディ

歩行者傷害軽減ボディ

万一の対人事故に備えて、歩行者の頭部や脚部への衝撃を緩和する構造を採用しました。

  1. 衝撃吸収カウル構造
  2. 衝撃吸収ワイパーピボット構造
  3. 衝撃吸収フェンダー構造
  4. 衝撃吸収ボンネット構造
  5. 衝撃吸収バンパー構造
歩行者傷害軽減ボディ

万一の衝突の際に、乗員や歩行者の被害を低減させる高い保護性能。

万一の衝突の際に、乗員や歩行者の被害を低減させる高い保護性能。

JNCAP衝突安全性能評価の最高ランク「ファイブスター賞」を獲得

自動車の安全性能を試験・評価する平成24年度自動車アセスメント(前期)において、最高ランクの車に与えられる「ファイブスター賞*3」を獲得しました。

*3.
平成28年度自動車アセスメント
  • 自動車アセスメント(JNCAP:Japan New Car Assessment Program):国土交通省と独立行政法人自動車事故対策機構が、安全な自動車の普及を促進する目的で、平成7年度より公表している自動車安全情報。
  • 衝突時の乗員保護性能と歩行者保護性能を合わせ、車両の総合的な安全性を点数に応じ1~5★の5段階で評価。
  • SRSサイドエアバッグ+SRSカーテンシールドエアバッグ付車。
万一の衝突の際に、乗員や歩行者の被害を低減させる高い保護性能。
  • 装備類の詳しい設定につきましては、諸元表および主要装備一覧表をご覧ください。
  • ボディカラーおよび内装色は、撮影および表示画面の関係で実際の色と異なって見えることがあります。
  • 写真は機能説明のために各ランプを点灯させたものです。実際の走行状態を示すものではありません。
  • 写真は機能説明のためにボディの一部を切断したカットモデルです。
  • 画面はハメ込み合成です。

エクストラナビゲーション

このクルマを検討している方は、以下のクルマも検討しています