クルマづくり

未来のモビリティ社会を描く、
トヨタのクルマづくり。

トヨタはクルマが走る世界中の町・社会を、クルマづくりによってもっとより良く楽しくしていきたい。
未来に向けて幅広い領域で「期待を超える価値」を提供し、新たなモビリティ社会を創造したい。
コネクティッドカーによりクルマとヒトの関係が新しくなり、一人ひとりに寄り添った「ヒト」を中心とした安全技術はさらなる進化を遂げる。
そんな未来のモビリティ社会を描くためのトヨタのクルマづくりを「グローバル・テクノロジー・カルチャー・KAIZEN・安全安心」の5つのキーワードから読み解いていきます。

トヨタが「タクシー専用デザイン」に込めた想い

昨年秋に発表されたトヨタの「ジャパンタクシー」。
ちょっとレトロな和風デザインに見えながらも、中身はハイテク。システム構築やAIを駆使して、渋滞を回避するような技も併せもちます。
あらゆるディテールに込められているのは、日本ならではの「おもてなしの心」。
1950年代から自社製のタクシー車を手がけてきたトヨタだからこそできたこと。新しいタクシー専用デザインの秘密を探ります。

記事全文へ

自動運転の先にある「安全安心」な未来のモビリティ社会

ライドシェアやカーシェアなどを含む「MaaS」市場の拡大とともに一般化していくと予想される自動運転システムは、
果たしてどのように「安全安心」なモビリティ社会を実現していくのでしょうか?
渋滞を物理学の見地から長年、解析してきた物理学者・西成活裕教授の研究室を、トヨタ自動車の自動運転システムの開発を担当する松尾芳明主査が訪ね、未来の可能性を語り合いました。

記事全文へ