装備

「積める」がうれしい! スライドドア開口高:1,190mm、スライドドア開口幅:770mm、荷室高(ハイルーフ):1,235mm、(標準ルーフ)1,115mm、荷室長(2名乗車時):1,860mm、(4名乗車時):955mm、荷室フロア長(2名乗車時)*1:1,950mm、荷室幅(2名乗車時):1,315mm、(4名乗車時):1,375mm、ホイールベース:2,450mm 最大積載量|2名乗車時:350kg、4名乗車時:250kg*クルーズターボ“SA3”、クルーズターボは2名乗車時200kg、4名乗車時100kg。
デラックス“SAⅢ”(2WD)。ボディカラーはブライトシルバーメタリックS28
*1.
荷室フロア長とは、助手席シートスライドを最前端にした際の助手席後端からバックドアまでの長さです。

ワイドな開口と低床フロアで、積み降ろしスムーズ。

ルーフサイド幅1,020mm■一般的な引っ越し用段ボール(497×315×293mm)を4段積んだ際(フロアから約1,175mm)の有効幅。 バックドア開口高1,155mm■スペシャルクリーンバージョン“SA3”、スペシャルクリーンバージョン、スペシャル“SA3”、スペシャルの標準ルーフは1,040mm。 バックドア開口幅(最大値)1,335mm 荷室フロア地上高635mm

大きな物や長い物も積みやすい、ワイドな開口を実現。バックドア、左右のスライドドアと三方向からの積み降ろしが可能です。低床フロア設計なので、重い荷物の積み降ろしも負担なく行えます。

ルーフサイド幅1,020mm■一般的な引っ越し用段ボール(497×315×293mm)を4段積んだ際(フロアから約1,175mm)の有効幅。 バックドア開口高1,155mm■スペシャルクリーンバージョン“SA3”、スペシャルクリーンバージョン、スペシャル“SA3”、スペシャルの標準ルーフは1,040mm。 バックドア開口幅(最大値)1,335mm 荷室フロア地上高635mm

実際に載せる物を考えた、ムダのない設計。

助手席前倒し時スペース長2,630mm パンケースの場合(680×420×100mm)66ケース ビールケースの場合(445×365×315mm)36ケース みかん箱の場合(380×310×280mm)65個 畳の場合中京間(1,820×910×55mm)8枚

スクエア形状の荷室は、空間の隅々までを効率よく使うことが可能。各種ケース、段ボールなどの箱物はもちろん、畳なども積むことができます。助手席を前に倒せば*2、6畳相当のカーペットも入るスペースが確保できます。

*2.
助手席前倒し機構は、クルーズターボ“SAⅢ”、クルーズターボ、クルーズ“SAⅢ”、クルーズを除く全車に標準装備。
  • 積載例の数値はあくまでも容積の参考数値です。最大積載量の350kgの範囲内でご使用ください。(クルーズターボ“SAⅢ”、クルーズターボの最大積載量は200kg)
助手席前倒し時スペース長2,630mm パンケースの場合(680×420×100mm)66ケース ビールケースの場合(445×365×315mm)36ケース みかん箱の場合(380×310×280mm)65個 畳の場合中京間(1,820×910×55mm)8枚

夜間の荷物の積み降ろし時に便利。

荷室LEDランプ

荷室LEDランプ

明るい光で荷室内を照らし、暗い場所での積み降ろしをサポートします。

[クルーズターボ“SAⅢ”、クルーズ“SAⅢ”に標準装備]

荷室LEDランプ

荷室の使い勝手を高める、ユースフルナット&ホールを装備。

ユースフルナット&ホール

バーやフック、ネットなどの販売店装着オプションと組み合わせることで、荷室をより効率的に使えます。

  • ユースフルナットの配置個数について詳しくは主要装備一覧表をご覧ください。
ユースフルナット&ホール
  • 装備類の詳しい設定につきましては、諸元表および主要装備一覧表をご覧ください。
  • 数値はデラックス“SAⅢ”、デラックス、スペシャルクリーンバージョン“SAⅢ”、スペシャルクリーンバージョン、スペシャル“SAⅢ”、スペシャル。その他のグレードについては主要諸元表をご覧ください。
  • 写真の小物類は撮影のために用意したものです。
  • ボディカラーおよび内装色は、撮影および表示画面の関係で実際の色と異なって見えることがあります。
  • 写真は機能説明のために各ランプを点灯させたものです。実際の走行状態を示すものではありません。
  • 写真は機能説明のためにボディの一部を切断したカットモデルです。
  • 画面はハメ込み合成です。
  • 標準状態以外のシートアレンジにすると走行できない場合や、ご注意いただきたい項目があります。必ず取扱説明書をご覧ください。
  • シートの操作方法については、ご注意いただきたい項目があります。必ず取扱説明書をご覧ください。

エクストラナビゲーション

このクルマを検討している方は、以下のクルマも検討しています