燃費・走行性能

かっこよさは、楽しさのはじまり。 TNGAによる低重心パッケージ

低重心ボディ

全身強化で、気持ちのいい走りを。

高剛性・高強度ボディ

高剛性・高強度ボディ

人もクルマも体が資本。毎日気持ちよく駆け抜けるために、プリウスはその基本となるボディを徹底的に鍛え上げました。「キャビン環状骨格」や「リヤボディ環状骨格」などの環状骨格構造をはじめ、結合剛性を高めるレーザースクリューウェルディング(LSW)という最新溶接技術や、構造用接着材などの採用により、ボディ剛性が向上。また、ホットスタンプ材*1(超高張力鋼板)の採用拡大などにより高いキャビン強度と軽量化を両立。快適な乗り心地と優れた操縦安定性を実現するだけでなく、静粛性や安全性にも貢献するなど、クルマに求められるポテンシャルを総合的に高めています。

高剛性・高強度ボディ

いつもの段差も、滑らかな道のように。

ショックの少ないサスペンション

ショックの少ないサスペンション

走行時のショックの少なさに、きっと衝撃を受けるはず。プリウスはサスペンションをすべて一新しました。特筆すべきは、リヤに採用したダブルウィッシュボーン式サスペンション。しなやかに動く足回りと強固なボディの組み合わせによって、路面からの衝撃をしっかりと吸収。荒れた路面や段差を乗り越えるときもショックの少ない安定した走りをもたらし、快適な乗り心地を実現します。また、優れた応答性と安定感によって、コーナリングも軽やかに気持ちよく曲がることが可能になりました。

ショックの少ないサスペンション

進化した走り

生まれ変わるために、つくり方も変えました。

レーザースクリューウェルディング(LSW)

プリウスを開発するにあたって、最新の溶接技術を工場に導入しました。その名はレーザースクリューウェルディング(LSW)。溶接打点の間隔を短くし、結合したい部位に打点を集中できるのが特徴です。たとえるなら「ボタン」ではなく「ジッパー」のようなイメージ。効率的に接合することができ、ボディ剛性を大幅に向上させます。

道路の凹凸に応じて車体の揺れを抑制。

[作動イメージ図]凸路面時と凹路面時

ばね上制振制御

路面の凹凸に応じて、モーターのトルクをリアルタイムに制御することで、車体の上下の縦揺れ(ピッチング)を抑制し、滑らかでフラットな乗り心地に貢献します。

[作動イメージ図]凸路面時と凹路面時

坂道でもスムーズに発進。

ヒルスタートアシストコントロールイメージ図

ヒルスタートアシストコントロール

坂道での発進時、ブレーキからアクセルに踏み替える際に、ブレーキ油圧を保持することによって車両のずり落ちを緩和し、スムーズな発進を実現します。

ヒルスタートアシストコントロールイメージ図

状況や気分に合わせて、走りをチョイス。

ドライブモードスイッチ・EVドライブモードスイッチ

ドライブモードスイッチ*2(ノーマルモード/パワーモード/エコドライブモード)・EVドライブモードスイッチ

パワーモード

気持ちのいい走りを楽しみたかったら、このパワーモードを。アクセル操作に対する駆動力の制御に加え、ドライバーの運転情報を検知し、その状況に合わせて加速や減速をスポーティにチェンジするシステムを採用。ドライバーが運転を楽しんでいるとシステムが判断すると、加速レスポンスを鋭くしたり、またワインディングロードを走っているときはエンジンブレーキを積極的にかけるなど、俊敏な走りをサポートします。

エコドライブモード

アクセル操作に対する駆動力は穏やかになり、暖房・冷房の効き具合も抑えられ環境に配慮した走行になります。

EVドライブモード*3

モーターのみで静かに走行できます。深夜のエンジン音や、ガレージでの排出ガスを抑えたいときに便利です。

ドライブモードスイッチ・EVドライブモードスイッチ

無理なく、無駄なく、快適なドライブを。

エコ空調モードスイッチ

エコ空調モードスイッチ

スイッチひとつで、エコドライブモード選択時にエアコンの作動を通常の状態に戻したり、反対にエアコンのみエコモードにすることも可能に。燃費の向上とドライブ中の快適さを心地よく両立します。

エコ空調モードスイッチ
*1.
熱を使ったプレス加工により高い強度と軽量化を実現する部材。
*2.
ドライブモードスイッチを押すことで、ノーマルモード(通常走行)からエコドライブモード、パワーモードへと走行モードを切り替えることができます。表示は、マルチインフォメーションディスプレイ内に表示されます。
*3.
エンジン、ハイブリッドバッテリーの状態、エアコンの使用状況や運転方法(急加速・車速)、道路状況(登坂)などによっては、バッテリー残量に関わらずEV走行が解除され、エンジンが作動します。
  • 装備類の詳しい設定につきましては、諸元表および主要装備一覧表をご覧ください。
  • ボディカラーおよび内装色は、撮影および表示画面の関係で実際の色と異なって見えることがあります。
  • 写真は機能説明のために各ランプを点灯させたものです。実際の走行状態を示すものではありません。
  • 写真は機能説明のためにボディの一部を切断したカットモデルです。
  • 画面はハメ込み合成です。
  • 一部の写真は合成・イメージです。

エクストラナビゲーション

このクルマを検討している方は、以下のクルマも検討しています