priusphv

3,178,440円〜メーカー希望小売価格(税込)

37.2km/L
ハイブリッド燃料消費率
JC08モード(国土交通省審査値)
※メーカーオプションの215/45R17タイヤ&17×7J アルミホイールを装着した場合、30.8km/L。
Aプレミアム
2WD
優遇額合計
354,800
エコカー減税
自動車取得税
約95,300円
自動車重量税
約30,000円
グリーン化特例
自動車税(翌年度)
約29,500円
CEV補助金
(クリーンエネルギー自動車導入事業費補助金)
200,000円

先進安全機能

インテリジェントクリアランスソナー
[パーキングサポートブレーキ(静止物)]搭載車
Toyota Safety Sense 装着車
※Sを除く全車に標準装備、Sにメーカーオプション

安全評価

セーフティ・サポートカーS<ワイド>セーフティ・サポートカー*2
*3
JNCAP ASVJNCAP ファイブスター賞
AEBS衝突被害軽減ブレーキ(国土交通省認定)
  1. *1. メーカーオプションの215/45R17タイヤ&17×7J アルミホイールを装着した場合、55.2km。
  2. *2. セーフティ・サポートカーS〈ワイド〉(サポカーS〈ワイド〉)は、Toyota Safety Sense、かつインテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]装着車の場合。
  3. *3. セーフティ・サポートカー(サポカー)は、政府が交通事故防止対策の一環として普及啓発しているものです。自動(被害軽減)ブレーキなどの安全運転を支援する装置を搭載し、ドライバーの安全をサポートします。
EXTERIOR
EXTERIOR DESIGN
なによりも「先進」をイメージさせたい。その姿から、⾛りの愉しさも予感させたい。そんな⼆⾯性を⽬指したプリウスPHVのエクステリアデザイン。エモーショナルに光る4眼LEDヘッドランプ、伸びやかで疾⾛感のあるシルエット、個性が光るリヤビューなど、全⾝で未来と向き合いました。
INTERIOR
EXTERIOR DESIGN
全⾝に⼼地よさが伝わるよう、⼈間⼯学に基づいてデザイン。ロングドライブでも疲れにくいフロントシートをはじめ、どの席に座っても⼤⼈の⽅5⼈が快適に過ごせる空間です。また、本⾰シートにはエアコンからの冷⾵が体を通り抜けるような、吸い込み⽅式のシートベンチレーション(運転席・助⼿席)を採⽤。短時間で冷涼感を得られて、夏の移動をもっと快適にします。*Aプレミアム“ナビパッケージ”、Aプレミアムに標準装備。
EXTERIOR DESIGN
直感的な操作を追求したコックピットは、“⼈間中⼼”に考えた「ICONIC Human-tech」という思想に基づいています。スイッチ類や各種メーターなど、「遠⽅表⽰・⼿元操作」を叶えたそれらのデザインと機能は、まるで⾃分専⽤に設計されたかのよう。また、11.6 インチの⼤画⾯を縦に配置した T-Connect ナビゲーションシステムは、鮮やかな表⽰と扱いやすさで、タブレット感覚の直感的な操作を実現しています。*Aプレミアム“ナビパッケージ”、A“ナビパッケージ”、S“ナビパッケージ”に標準装備。
先ゆくプリウスPHVの特⻑
満充電からのEV⾛⾏距離は、
68.2km
(国⼟交通省審査値)(充電電⼒使⽤時⾛⾏距離)

※メーカーオプションの215/45R17 タイヤ&
17×7J アルミホイールを装着した場合、55.2km。

通勤や買い物など、
普段の運転のほとんどをEVモードで楽しめます。
しかも、アクセルを強めに踏み込んだり、
暖房を使ったりしても、エンジンが
かかりにくくなっています。
太陽光も、⾛るエネルギーに。
⼤型ソーラーパネルを⾞両ルーフに搭載し、
駐⾞中に発電した電⼒をEV⾛⾏に活⽤。
充電スタンドがない駐⾞場や災害等で停電した場合でも、
太陽光さえあれば充電できます。

移動する電源にもなります。

スタートからパワフルに加速。
モーター2個分のパワーで⾛る
「デュアルモータードライブ」システムを採⽤。
群を抜く加速感を実現しました。
もちろん、⾛⾏中は静かなままです。
充電⽅法は、クルマとコンセントをつなぐだけです。
V2Hを使えば、クルマが“頼れる蓄電池”に。
※V2H(Vehicle to Home)とは、クルマの充電に加えて、クルマに蓄えた電気を住宅へ供給できる仕組みのこと。
充電・給電をみる
価格について
試算例
Sの場合
ボディカラーはアティチュードブラックマイカ〈218〉。
メーカー希望小売価格(消費税抜き)
3,178,440(2,943,000円)

優遇額について

  • エコカー減税とは、環境性能に優れた自動車に対して、性能に応じて、自動車重量税と自動車取得税を免税・軽減する措置。
  • グリーン化特例とは、環境性能に優れた自動車に対して、性能に応じて、自動車税および軽自動車税の支払いを軽減する制度。
  • CEV補助金、CEVとはClean Energy Vehicleの略で、日本語ではクリーンエネルギー自動車のこと。環境負荷の低い車を購入する際、補助金が支給される制度。
エコカー減税
自動車取得税
79,400円減税
自動車重量税
30,000円減税
グリーン化特例
自動車税(翌年度)
29,500円減税
CEV補助金
(クリーンエネルギー自動車導入事業費補助金)
200,000円
優遇額合計
338,900円も優遇
価格合計
2,839,540
priusphv

SMART PLAN

あなたのご購入に、
賢い選択という答えを。
残価設定型プランと残額据置き払い、
ふたつの賢い買い方のご提案。
PRIUS PHVウェルキャブ(福祉車両)シリーズ ベース車の静粛性や加速感はそのままに、操る楽しさが増したPRIUS PHV GR SPORT

スタイルシミュレーション

グレード・車種を比較

読み込み中です……。