ボディ&シャシー
全身強化で、気持ちのいい走りを。
高剛性ボディ
あらゆる道で、快適な乗り心地と優れた操縦安定性を叶えるために。プリウスPHVはその基本となるボディを徹底的に鍛え上げました。「キャビン環状骨格」や「リヤボディ環状骨格」などの環状骨格構造をはじめ、結合剛性を高めるレーザースクリューウェルディング(LSW)という最新溶接技術や、構造用接着材などの採用により、ボディ剛性が向上。また、ホットスタンプ材*1(超高張力鋼板)の採用拡大などにより高いキャビン強度と軽量化を両立。快適な乗り心地と優れた操縦安定性を実現するだけでなく、静粛性や安全性にも貢献するなど、クルマに求められるポテンシャルを総合的に高めています。
*1. 熱を使ったプレス加工により高い強度と軽量化を実現する部材。
静寂という名のおもてなしを。
室内の静粛性
ドアを閉めた瞬間から始まる、静寂なクルージング。振動・騒音を抑える高剛性ボディに加え、接合部のすき間が少ない構造にしています。また、ドアや窓、そしてフロアカーペットから天井に至るまで、入念なノイズ対策を実施。さらに、エンジンノイズを特定の周波数で打ち消す新構造を採用するなど、EV走行の静かさに加えて、高速走行時の静粛性にも配慮しています。
風切音の低減
高遮音性ウインドシールドガラス採用/ドア遮音度向上/遮音性フロントドアガラス採用
エンジンノイズの低減
フードサイレンサー吸音率向上/サイレンサー付エンジンアンダーカバー採用/ダッシュサイレンサー遮音性向上
車内への音の侵入を抑制
ボディ気密性の向上/ルーフヘッドライニング吸音率向上/フロアカーペット吸遮音度向上/リヤデッキまわり吸音率向上
重厚感のあるドアの閉まり音
制振材の設定/ドア剛性の向上
路面のストレスを限りなくゼロに。
ショックの少ないサスペンション
圧倒的な走行ショックの少なさを成し得たプリウス。そのDNAを受け継ぎながら、乗り味をさらに最適化すべくリヤサスペンションに専用チューニングを実施しました。ダブルウィッシュボーン式サスペンションを採用し、しなやかに動く足回りと強固なボディの組み合わせによって、路面からの衝撃をしっかりと吸収。荒れた路面や段差を乗り越える時もショックの少ない安定した走りをもたらし、快適な乗り心地を実現します。また、優れた応答性と安定感によって、コーナリングも軽やかに気持ちよく曲がることが可能になりました。
足元にも及ぶ機能美。
アルミホイール
風とともに駆け抜けるために、機能美を追求した2つのアルミホイールをご用意しました。専用デザインの15インチは、アルミホイールとホイールキャップを組み合わせて「軽量化」と「空力性能」の向上を両立。17インチには、ブラック塗装のアルミホイールとシルバーの樹脂加飾パーツを組み合わせるとともに、サスペンションにも専用のチューニングを施しています。
15インチ(ホイールキャップ付)
17インチ(センターオーナメント付)
[Aプレミアム、A“レザーパッケージ”、Aにメーカーオプション]
エンジンの暖機を早め、空気抵抗も低減。
グリルシャッター
走行状態やエンジンの暖機状態に合わせて、シャッターを自動開閉。冷却系に必要な走行風が過剰な走行シーンではシャッターを閉じ、その流れを積極的に床下に導くことにより、床下の整流効果を向上。エンジンの暖機を促進しながら、空気抵抗の低減を図ります。
グリルシャッター閉
グリルシャッター開
道路の凹凸に応じて車体の揺れを抑制。
ばね上制振制御
路面の凹凸に応じて、モーターのトルクをリアルタイムに制御することで、車体の上下の縦揺れ(ピッチング)を抑制し、滑らかでフラットな乗り心地に貢献します。
■充電電力使用時走行距離・燃料消費率は定められた試験条件(JC08 モード)のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じてEV走行距離・燃料消費率は大きく異なります。 ■ボディカラーおよび内装色は、撮影および表示画面の関係で実際の色と異なって見えることがあります。 ■写真は機能説明のために各ランプを点灯したものです。実際の走行状態を示すものではありません。 ■写真は機能説明のためにボディの一部を切断したカットモデルです。 ■画面はハメ込み合成です。 ■一部の写真は合成・イメージです。 ■環境対応車 普及促進税制及びリサイクル料金については、各販売店へおたずねください。