プリウスPHVは「セーフティ・サポートカーS<ワイド>、セーフティ・サポートカー」 です。

セーフティ・サポートカーS<ワイド>(サポカーS<ワイド>)、セーフティ・サポートカー(サポカー)は、政府が交通事故防止対策の一環として普及啓発しているものです。自動ブレーキやペダル踏み間違い時加速抑制装置など安全運転を支援する装置を搭載し、高齢者を含む全てのドライバーの安全をサポートします。

セーフティ・サポートカーS<ワイド> セーフティ・サポートカー
  • 安全運転を支援する装置は、あくまで運転を支援する機能です。本機能を過信せず、必ずドライバーが責任を持って運転してください。
  • グレードによって安全装備の設定が異なる場合があります。
  • グレードや安全装備の設定によって同じ車種でも安全運転サポート車の区分が異なる場合があります。
歩行者の飛び出しや危険をいち早くお知らせし、ぶつからないようにサポート。—自動ブレーキ プリクラッシュセーフティ・歩行者[昼]検知機能付
自動ブレーキをはじめとした、さまざまなリスクに備える先進の予防安全パッケージ。
Toyota Safety Sense
車両だけでなく歩行者も検知し、衝突を回避、被害を軽減する自動ブレーキをはじめとした先進の安全機能をひとつに。予期せぬ事故・衝突の回避を総合的にサポートします。
■撮影した車両は、販売車両と一部仕様が異なる場合があります。
主な機能
踏み間違えたとき、ぶつからないよう自動でブレーキ。
踏み間違い時サポートブレーキ
(インテリジェントクリアランスソナー・巻き込み警報機能付)
センサーで前と後ろをしっかり感知。間違えてアクセルを踏んだときも、障害物をいち早く察知し、自動でブレーキをかけます。

さらに、車両側面への障害物の接近を判定し、巻き込みの危険を表示と音で知らせます。
衝突時の被害を軽減するために。
SRSエアバッグ+SRSサイドエアバッグ+SRSカーテンシールドエアバッグ
事故の衝撃で深刻なダメージを負わないように。さまざまなケースに応じた各種のSRSエアバッグが、乗る人の身体を衝撃から守ります。
*SRS:Supplemental Restraint System(乗員保護補助装置)
■撮影した車両は、販売車両と一部仕様が異なる場合があります。
■充電電力使用時走行距離・燃料消費率は定められた試験条件(JC08 モード)のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じてEV走行距離・燃料消費率は大きく異なります。 ■ボディカラーおよび内装色は、撮影および表示画面の関係で実際の色と異なって見えることがあります。 ■写真は機能説明のために各ランプを点灯したものです。実際の走行状態を示すものではありません。 ■写真は機能説明のためにボディの一部を切断したカットモデルです。 ■画面はハメ込み合成です。 ■一部の写真は合成・イメージです。 ■環境対応車 普及促進税制及びリサイクル料金については、各販売店へおたずねください。