安全性能

ルーミーは「セーフティ・サポートカーS<ワイド>」です。

セーフティ・サポートカーS<ワイド>*1(サポカーS<ワイド>*1)は、政府が交通事故防止対策の一環として普及啓発しているものです。自動ブレーキ(対歩行者)、ペダル踏み間違い時加速抑制装置など安全運転を支援する装置を搭載し、高齢者を含む全てのドライバーの安全をサポートします。

*1. 衝突回避支援システム(スマートアシスト)装着車。
セーフティ・サポートカー
  • 安全運転を支援する装置は、あくまで運転を支援する機能です。本機能を過信せず、必ずドライバーが責任を持って運転してください。
  • グレードによって安全装備の設定が異なる場合があります。
  • グレードや安全装備の設定によって同じ車種でも安全運転サポート車の区分が異なる場合があります。
衝突回避支援システム(スマートアシスト
明るい光で安心ドライブ。
LEDヘッドランプ(オートレベリング機能付)/LEDフロントフォグランプ+LEDイルミネーションランプ
先行車・対向車への眩惑防止に配慮したオートレベリング機能付のLEDヘッドランプと、霧の発生など悪天候時の視界確保をサポートするLEDフロントフォグランプを採用しました。
[LEDヘッドランプ(オートレベリング機能付)はカスタムG-T、カスタムGに標準装備。G-T、Gにメーカーオプション。LEDフロントフォグランプ+LEDイルミネーションランプはカスタムG-T、カスタムGに標準装備。その他のグレードにメーカーオプション]
■写真はカスタムG-T。
点灯忘れを防止。
コンライト(ライト自動点灯・消灯システム)
車外の明るさに応じて自動的にヘッドランプなどを点灯・消灯。夕暮れ時やトンネルなどで役立ちます。
後続車に急ブレーキをお知らせ。
緊急ブレーキシグナル
急ブレーキをかけるとハザードランプが自動的に点滅。被視認性を高めた大きなランプで後続車に注意を促し、追突される可能性の低減に寄与します。
雨降りのバック時に、後方視界を確保。
リバース連動間欠リヤワイパー
フロントワイパー作動中にシフトポジションを「R」にすると、自動でリヤワイパーが作動します。
全乗員のシートベルト装着を確認できる。
全席シートベルト締め忘れ警告灯
前席に加え、後席乗員のシートベルト締め忘れも警告灯でお知らせします。
急ブレーキ時でもクルマを適切に制御。
EBD付ABS&ブレーキアシスト
制動時のタイヤロックを防ぐABS*1に加えて、車両の走行状態に応じた適切な制動力を前後・左右輪に配分するEBD*2機能を採用。ブレーキアシスト*3は、緊急時などに急速度でブレーキペダルが踏み込まれた場合、より強い制動力を発生させます。
ABSなし:タイヤがロックしてしまうと、ハンドルを切ってもタイヤが滑るだけでクルマは曲がりません。
ABSあり:ABSがタイヤのロックを防ぐので、速度を落としながらハンドル操作で曲がることができます。
*1. ABS:Anti-lock Brake System
*2. EBD[電子制動力配分制御]:Electronic Brake force Distribution
*3. アシストが必要な時には、ブレーキペダルを踏み続けてください。
■急ブレーキは危険を回避するための反射的な行為です。それ以外は通常のブレーキ操作を行うようにしてください。 ■図は作動イメージです。
坂道でもスムーズに発進。
ヒルスタートアシストコントロール
坂道での発進時、ブレーキからアクセルに踏み替える際に、ブレーキ油圧を保持することによって、車両のずり落ちを緩和し、スムーズな発進を実現します。
■図は作動イメージです。
あらゆる方向からの衝突を想定。
衝突安全ボディ
前・後ろ・横からの衝突実験を実施。衝撃を効率よく吸収・分散するボディと強固なキャビンで、十分な客室空間を確保します。
■写真は説明のために着色したものです。
歩行者にもやさしい設計。
歩行者傷害軽減ボディ
A:衝撃吸収カウル構造
B:衝撃吸収ワイパーピボット構造
C:衝撃吸収フェンダー構造
D:衝撃吸収ボンネット構造
E:衝撃吸収バンパー構造
万一の対人事故に備えて、歩行者の頭部や脚部への衝撃を緩和する構造を採用しました。
■ボディカラーおよび内装色は、撮影および表示画面の関係で実際の色と異なって見えることがあります。 ■写真は機能説明のために各ランプを点灯したものです。実際の走行状態を示すものではありません。 ■写真は機能説明のためにボディの一部を切断したカットモデルです。 ■画面はハメ込み合成です。 ■一部の写真は合成・イメージです。 ■環境対応車 普及促進税制及びリサイクル料金については、各販売店へおたずねください。