万が一の事故のとき

クルマだけでなく、歩行者との衝突回避もサポート。

走行中に前方の車両と
歩行者を認識し、
衝突の危険性があると判断した場合に運転者へ注意喚起。
さらに危険性が高まった場合には
緊急ブレーキで減速。
衝突の回避や、衝突時の被害軽減に寄与します。

衝突警報機能/
衝突回避支援ブレーキ機能
(スマートアシストlll)

01 衝突
警報
機能

走行中に
前方の車両や歩行者を
ステレオカメラが検知し、
衝突の危険性があると
判断した場合、
ブザー音とメーター内表示で
お知らせします。

作動条件

02 事前
ブレーキ

衝突の危険性が
さらに高まったと
システムが判断した場合、
自動的に弱いブレーキを
かけます。

作動条件

03 被害軽減
ブレーキ
アシスト

事前ブレーキが
作動しているときに
ドライバーが
ブレーキペダルを踏み込むと、
ブレーキアシストが作動し、
ブレーキ制動力を高めます。

作動条件

04 緊急
ブレーキ

衝突が避けられないと
システムが判断した場合、
強いブレーキで減速。
衝突の回避や、
被害の軽減をサポートします。

作動条件
  • 対車両の場合は前方約60m以内で作動し、対歩行者の場合は前方約30m以内で作動します。また、作動したときの速度差が約4~約30km/hであれば衝突を回避できる場合があり、速度差が約30~約80km/h(対歩行者の場合は約30~約50km/h)であれば被害を軽減できる場合があります。
  • 状況によっては、衝突回避支援ブレーキ機能が作動せず、衝突の回避、被害の軽減ができない場合があります。
  • 衝突回避支援ブレーキ機能作動中にアクセルペダルを踏んだ場合等には、作動を解除する場合があります。
  • 衝突回避により車両停止後、衝突回避支援ブレーキ機能が解除されます。クリープ現象により前進しますので、停止後は必ずブレーキペダルを踏んでください。
  • 衝突回避支援ブレーキ機能は、主に先行車、歩行者に作動します。ただし、二輪車や電柱、壁などに対しても作動することがありますが、これらへの衝突を回避することを目的とはしていません。
  • 歩行者が大きな荷物を持っているなど、ステレオカメラが歩行者として正しく認識できない場合は作動しません。
  • 車両、バイク、自転車、歩行者の割り込み、飛び出しには対応できません。

衝突警報機能
(対車両・歩行者)
衝突回避支援ブレーキ機能
(対車両・歩行者)搭載車種

スマートアシストlllのご注意いただきたいこと

  • ■ スマートアシストlllに頼った運転は絶対に行わないでください。スマートアシストlllは、ドライバーの判断を補助し、事故被害の軽減を目的としています。脇見運転やぼんやり運転などドライバーの前方不注意を防止したり、悪天候時の視界不良下での運転を支援する装置ではありません。また、あらゆる状況での衝突を回避するものではありません。運転時は常に先行車や歩行者との距離や周囲の状況、運転環境に注意して必要に応じてブレーキペダルを踏むなど距離を保ち、安全運転に心がけてください。
  • ■ スマートアシストlllの認識性能・制御性能には限界があります。ドライバーの運転操作、急カーブ、急勾配、雨等の道路状況、および天候によっては、システムが作動しない、または作動が遅れる場合があります。
  • ■ 雪、濃霧、砂嵐の場合や、トンネル内、夜間、日射しの状況によってはステレオカメラ、ソナーセンサーが障害物などを正常に認識できず、適切に作動しない場合があります。
  • ■ 作動条件下であっても、システムが作動しない場合があります。
  • ■ このほか、スマートアシストlllについて重要な注意事項が記載されておりますので、詳しくは取扱説明書をご覧ください。
  • ■ スマートアシストlllの詳細は販売店にお問い合わせください。

交通事故死傷者ゼロ社会に向けて、
トヨタができること。

トヨタの安全技術

関連ページ情報

24時間・365日つながっている。トヨタのコネクティッドサービス
JNCAP 予防安全性能評価の最高ランクを獲得しています。