駐車をサポートする運転支援機能

「死角から人が現れた」「壁や障害物の目測を間違えた」など、
車庫入れや駐車の際にヒヤリ!とした経験をした方も多いのでは
ないでしょうか?
実際、右のグラフのように駐車場でも様々な事故が起こっています。
トヨタでは、駐車時の踏み間違いによる誤発進を抑える機能や、
クルマが駐車をアシストしてくれる機能など、
駐車時に役立つ機能が数多くあります。

駐車場で起こる事故何がある?

駐車シーンで役立つ機能はこちら

各機能ボタンをクリックするか、ページ内でスクロールすると、機能の詳細説明箇所に移ります。

  • 機能01

    踏み間違えてもサポート

    踏み間違えてもブレーキでサポート。

    駐車スペースでは、頻繁にアクセルとブレーキを操作します。
    だからあわてて踏み間違えてしまう可能性も。

    「踏み間違い時サポートブレーキ」は、計8個のセンサーで前と後ろをしっかり検知。
    間違えてアクセルを踏んでしまったときも、障害物にぶつからないように、ブレーキでサポートします。

    搭載車種について

    • 「踏み間違い時サポートブレーキ」の特長

      • 前後4つずつ、
        計8つのソナーで障害物を検知!

      • ガラスでもしっかり検知!

        カメラではなく、ソナー(超音波)により障害物を検知するので、
        コンビニの壁面などのガラスもしっかりとらえます。

    • 「踏み間違い時サポートブレーキ」がはたらく流れ

        • 踏み
          間違えた!

          • 前方に障害物を検知している場合、

            ブレーキと間違えて、
            アクセルを踏むと・・・

        • 警告

          • 「ブザー・ディスプレイ
            表示」で警報

            障害物を検知し、
            衝突の危険を
            ドライバーに
            お知らせします。

        • エンジン
          制御

          • エンジンの出力を抑制

            急発進・急加速を
            しないよう
            コントロールします。

        • 自動ブレーキ

          • 「自動ブレーキ」作動

            さらに距離が縮まると、
            表示とともに、
            自動ブレーキが作動。

          • ※自動ブレーキが
            はたらいてから
            約2秒後に解除します。

        ■ソナーの検知範囲、作動速度には限界があります。必ず車両周辺の安全を確認しながら運転してください。
        ■発進時などで、アクセルONかつブレーキOFF状態でのみ作動します。
        ■道路状況、車両状態および天候状態等によっては作動しない場合があります。また、衝突の可能性がなくてもシステムが作動する場合もあります。詳しくはトヨタ販売店におたずねください。

    • ご注意いただきたいこと

      本システムはあくまで運転を支援する機能です。システムを過信せず、
      必ずドライバーが責任を持って周囲の状況を把握し、安全運転を心がけてください。

      道路状況、車両状態、天候状態およびドライバーの操作状態によっては、
      システムが正しく作動しないことがあります。

      踏み間違い時サポートブレーキ(インテリジェントクリアランスソナー)は、
      次のような場合有効に
      作動しないことがあります。

      • ソナーが正しく検知できない対象や状況

        • 細いポールに対して

        • 車両を基準にして
          斜めになっている
          壁に対して

        • 車両の幅からずれている
          壁に対して

        • 車・二輪車・自転車・歩行者などが
          車両の横から割り込んだり
          飛び出したりしてきたとき

        • 炎天下や寒冷時でソナー周辺部が
          著しく高温または低温のとき

        • ソナーに氷・雪・泥などが付着したとき

        • 積載状況などにより、車高が著しく変化したとき
           (ノーズアップ・ノーズダウンなど)

        • など

      • 周辺の超音波を
        発生するものに
        疎外される

        センサー付近に
        超音波を発生するものを
        取り付けたとき

    • 踏み間違い時サポートブレーキ
      (インテリジェントクリアランスソナー)搭載車種

  • 機能02

    駐車のときなどに、踏み間違いによる衝突の危険をお知らせ。

    駐車時は、壁や隣のクルマが気になったり、
    目視で見えなかった障害物にぶつかりそうになることも。

    「障害物接近お知らせ機能」は、計8個のソナーがクルマの前と後ろを検知。
    障害物に近づくと、ブザーと表示でお知らせします。

    搭載車種について

    • 「障害物お知らせ機能」の特長

      • ブザーと表示。ダブルでしっかりお知らせ!

    • 「障害物お知らせ機能」がはたらく流れ

        • 見つけて

          お知らせ

          • センサーで
            障害物を検知。

            駐車・発進の
            低速走行時に、
            障害物を検知したら、
            ブザーと
            ディスプレイ表示で
            お知らせします。

        ■ソナーの検知範囲、作動速度には限界があります。必ず車両周辺の安全を確認しながら運転してください。
        ■道路状況、車両状態および天候状態等によっては作動しない場合もあります。また、衝突の可能性がなくてもシステムが作動する場合もあります。詳しくはトヨタ販売店におたずねください。

    • ご注意いただきたいこと

      本システムはあくまで運転を支援する機能です。システムを過信せず、
      必ずドライバーが責任を持って周囲の状況を把握し、安全運転を心がけてください。

      道路状況、車両状態、天候状態およびドライバーの操作状態によっては、
      システムが正しく作動しないことがあります。

      障害物お知らせ機能
      (クリアランスソナー)は、
      次のような場合有効に
      作動しないことがあります。

      • ソナーで正しく認識できない

        • 細いポールに対して

        • 車両基準で斜めになっている壁に対して

        • 車両の幅からずれている
          壁に対して

        • 車・二輪車・自転車・歩行者などの
          障害物が車両の横から割り込んだり
          飛び出したりしてきたとき

        • 炎天下や寒冷時でソナー周辺部が
          著しく高温または低温のとき

        • ソナーに氷・雪・泥などが付着したとき

        • 積載状況などにより、車高が著しく変化したとき
           (ノーズアップ・ノーズダウンなど)

        • など

      • 周辺の超音波を
        発生するものに
        疎外される

        センサー付近に
        超音波を発生するものを
        取り付けたとき

    • 障害物お知らせ機能(クリアランスソナー)搭載車種

  • 機能03

    シフト操作ミス時の急発進・急加速を抑制します。

    「ドライブスタートコントロール」は、シフト操作ミスによる急発進・急加速を抑制し、
    衝突の被害軽減に寄与するシステムです。

    搭載車種について

    • 「ドライブスタートコントロール」がはたらく流れ

        • 警告

          • シフト操作ミスを
            お知らせ。

            アクセルを
            踏み込んだまま
            シフトを「R」→「D」へ
            変更した時に
            ディスプレイ表示で
            お知らせ。

        • エンジン
          出力制御

          • エンジン出力を制御。

            急発進・急加速を
            させないように
            エンジンパワーを
            制御します。

    • ドライブスタートコントロール搭載車種

  • 機能04

    苦手な駐車もクルマがアシスト。

    何回やっても慣れない…。駐車が苦手な方にとって、
    その瞬間は不安と緊張の連続です。

    「インテリジェントパーキングアシスト」なら、駐車枠をクルマが認識し、必要なステアリング操作をアシストしてくれるので、駐車の負担がぐっと減ります。

    搭載車種について

    • 「インテリジェントパーキングアシスト」の特長
      インテリジェントパーキングアシスト2の場合

      • 超音波センサーとカメラで駐車スペースを検出。
        バック駐車時のステアリング操作を自動でアシストします。

      • 縦列駐車や縦列駐車からの発進にも対応。
        自動ステアリング操作で狭いスペースでも安心。

    • 「インテリジェントパーキングアシスト」がはたらく流れ
      インテリジェントパーキングアシスト2の場合

        • 駐車場に
          入ったら

          • [前進誘導機能(区画線ありのみ)]

            スイッチで駐車モードを
            選択し、ゆっくり前進。

        • 駐車

          • 自動でステアリングを
            操作しながら、
            超音波センサーとカメラが
            駐車スペースを検知。

          • 後退開始位置に停止後、
            駐車枠にまっすぐ入るよう
            自動でステアリング操作。

        *状況に応じて使用できない場合があります。詳しくは販売店におたずねください。
        なお、安全確認およびブレーキ操作は運転する方が十分に行ってください。
        パノラミックビューモニターとの同時装着はできません。

    • インテリジェントパーキングアシスト搭載車種

  • 機能05

    周囲をぐるりと見渡せるから、安全確認もラクラク。

    クルマの周囲には死角がいっぱい…。
    駐車や発進のとき思わぬところに障害物があることも。

    「パノラミックビューモニター」は、クルマを上から見下ろしたような画像をナビ画面に表示。
    運転席からの目視では見にくい車両周囲の状況をリアルタイムで確認できます。

    搭載車種について

    • 「パノラミックビューモニター」の特長

      • 上から見下ろした視点でクルマの
        周囲の状況が確認できます。

    • 「パノラミックビューモニター」の機能

      • 直接目視できないところも確認できる。
        シースルービュー機能

        ボディやシートなどを
        透かしたような表示により、
        車両周辺の、直接目視できない
        場所の様子も確認できます。

      • 見通しの悪い場所からの発進も安心。
        左右確認サポート機能

        駐車場や見通しの
        悪い場所からの発進時、
        側方から現れる人やクルマを検知すると、
        画面内に黄色の枠を表示。
        同時に音でお知らせします。

        *周囲の明るさ、移動物の速度によってお知らせできなかったり、お知らせが遅れたりする場合があります。また静止物はお知らせできません。
        ■カメラが映し出す範囲は限られており、実際より遠く見える場合があります。映像を過信せず、必ず車両周辺の安全を直接確認しながら運転してください。
        インテリジェントパーキングアシスト・インテリジェントパーキングアシスト2との同時装着はできません。

    • パノラミックビューモニター搭載車種

  • 機能06

    ガイドラインを見ながら、スムーズにバック駐車。

    バックからの駐車などの際、駐車位置のガイドラインをナビ画面に表示。
    よりスムーズな駐車をサポートします。

    • 「(広角カラー)バックガイドモニター」の特長

      • バック駐車に便利なガイドライン表示。

        シフトポジションを「R」に入れたときに、後方のカメラでとらえた画像と、
        ハンドル操作に連動して動くガイドラインをモニターに表示。

        広角カラーバックガイドモニターでは、
        画角を180°までワイド化できるワイドモードへの切り替えにより、
        より後方視界が見やすく広がります。

        ■ 必ず周囲の安全を直接確認しながら運転してください。広角カラーバックガイドモニターはカメラのレンズの特性により、画面に映る人や障害物は実際の位置や距離と異なります。