駐車をするとき

踏み間違えてもブレーキでサポート。

SUPPORT1

「踏み間違い時サポートブレーキ」は、
計8個のセンサーで
前と後ろをしっかり検知。
間違えてアクセルを踏んでしまったときも、
ブレーキでサポートします。

踏み間違い時サポートブレーキ

インテリジェントクリアランスソナー

前後4つずつ、
計8つのソナーで障害物を検知!

前向き駐車をしようとしてアクセルを踏みすぎた時も、前のソナーが検知!後ろ向き駐車しようとしてブレーキを踏み間違えた時も、後ろのソナーが検知!

ガラスでもしっかり検知!

ソナーならでは!

カメラではなく、ソナー(超音波)により障害物を検知するので、コンビニの壁面などのガラスもしっかりとらえます。

  • 運転者自身でインテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]の自動(被害軽減)ブレーキを試すことはおやめください。
  • ソナーの感知範囲、作動速度には限界があります。
  • また、道路状況、車両状況、天候状況および操作状況によっては、システムが正しく作動しないことがあります。
  • インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]は自動(被害軽減)ブレーキまで働くシステムではありますが、必ず止まることを約束するものではありません。
  • また、衝突の可能性がなくてもシステムが作動する場合もあります。
  • システムを過信せず、必ず運転者が責任を持って周囲の状況を把握し、安全運転に心がけてください。

安全にお使いいただく上で
ご注意いただきたいこと

本システムはあくまで運転を支援する機能です。システムを過信せず、必ずドライバーが責任を持って周囲の状況を把握し、安全運転に心がけてください。道路状況、車両状態、天候状態およびドライバーの操作状態によっては、システムが正しく作動しないことがあります。

踏み間違い時サポートブレーキ(インテリジェントクリアランスソナー)は、
次のような場合有効に作動しないことがあります。

要因01
ソナーが正しく検知できない対象や状況
  • 細いポールに対して

    細いポールに対して

  • 車両を基準にして斜めになっている壁に対して

    車両を基準にして斜めに
    なっている壁に対して

  • 車両の幅からずれている壁に対して

    車両の幅からずれている
    壁に対して

  • 車・二輪車・自転車・歩行者などが車両の横から
    割り込んだり飛び出したりしてきたとき

  • 炎天下や寒冷時でソナー周辺部が
    著しく高温または低温のとき

  • ソナーに氷・雪・泥などが付着したとき

  • 積載状況などにより、車高が著しく変化したとき
    (ノーズアップ・ノーズダウンなど)

  • など

要因02
周辺の超音波を発生するものに
疎外される
  • センサー付近に超音波を発生するものを
    取り付けたとき

踏み間違い時サポートブレーキ
(インテリジェントクリアランスソナー)
搭載車種

SUPPORT2

駐車場でペダルを
踏み間違えた時、急発進を抑制。

サポカーSワイド Safety Support Car S

誤発進抑制制御機能
(前方・後方)

スマートアシストlll

約10km/h以下で障害物を認識後、
踏み間違い(アクセルペダルを強く踏み込んだ場合)を判定してエンジン出力を抑制し、
ブザー音とメーター内表示でお知らせします。

誤発進抑制制御機能(前方)

誤発進抑制制御機能(前方)

前方4m以内に障害物等があることをステレオカメラが検知しているときに、
シフトポジションを「前進」にしたままアクセルペダルを踏み込んだ場合、急発進を抑制します。

誤発進抑制制御機能(後方)

誤発進抑制制御機能(後方)

後方約2〜約3m先までに壁などの障害物等があることをソナーセンサーが検知しているときに、
シフトポジションを「後退」にしたままブレーキペダルと間違えるなどして必要以上にアクセルペダルを踏み込んだ場合、
急発進を抑制します。

  • エンジン出力を制限することで、急な発進を抑えます。
  • ハンドルを切ったり、ターンシグナル(方向指示灯)を使用しているときは、右左折の意志があると判断し、システムは作動しません。
  • ワイパーを高速で使用中は、システムは作動停止します<誤発進抑制制御機能(後方)のみ>。
  • 制御時間には制限があります。一定時間アクセルペダルを踏み続けるとアクセル操作に応じて加速しますのでご注意ください。

誤発進抑制制御機能
(スマートアシストlll)
搭載車種

スマートアシストlllのご注意いただきたいこと

  • ■ スマートアシストlllに頼った運転は絶対に行わないでください。スマートアシストlllは、ドライバーの判断を補助し、事故被害の軽減を目的としています。脇見運転やぼんやり運転などドライバーの前方不注意を防止したり、悪天候時の視界不良下での運転を支援する装置ではありません。また、あらゆる状況での衝突を回避するものではありません。運転時は常に先行車や歩行者との距離や周囲の状況、運転環境に注意して必要に応じてブレーキペダルを踏むなど距離を保ち、安全運転に心がけてください。
  • ■ スマートアシストlllの認識性能・制御性能には限界があります。ドライバーの運転操作、急カーブ、急勾配、雨等の道路状況、および天候によっては、システムが作動しない、または作動が遅れる場合があります。
  • ■ 雪、濃霧、砂嵐の場合や、トンネル内、夜間、日射しの状況によってはステレオカメラ、ソナーセンサーが障害物などを正常に認識できず、適切に作動しない場合があります。
  • ■ 作動条件下であっても、システムが作動しない場合があります。
  • ■ このほか、スマートアシストlllについて重要な注意事項が記載されておりますので、詳しくは取扱説明書をご覧ください。
  • ■ スマートアシストlllの詳細は販売店にお問い合わせください。

交通事故死傷者ゼロ社会に向けて、
トヨタができること。

トヨタの安全技術

関連ページ情報

24時間・365日つながっている。トヨタのコネクティッドサービス
JNCAP 予防安全性能評価の最高ランクを獲得しています。