駐車をするとき

後方から接近する車両を検知して警告。

駐車場で後退する時に、
死角からの障害を検知し
ドライバーへ警告してくれる機能です。

左右後方の車両を検知し、
ドライバーに注意喚起する。

後方から接近する車両を知らせ、
衝突被害の軽減をサポート

後退する際に、自車の左右後方から接近してくる車両をレーダーで検知し、ドアミラー内のインジケーター点滅とブザーによりドライバーに注意を喚起します。
衝突の危険性がある場合は自動的にブレーキ制御を行うことで接近車両との衝突被害軽減をサポートします。

マルチインフォメーション ディスプレイ表示

リアクロストラフィック
オートブレーキ
(後方衝突被害軽減サポート)
搭載車種

  • [ブラインドスポットモニターとリヤクロストラフィックオートブレーキは、Xを除くT-Connect SDナビゲーションシステム装着車にセットでメーカーオプション]
  • *1. カラーヘッドアップディスプレイ装着車は、マルチインフォメーションディスプレイ内に表示された注意喚起メッセージがヘッドアップディスプレイにも表示されます。
  • リヤクロストラフィックオートブレーキは自動(被害軽減)ブレーキまで働くシステムではありますが、必ず止まることを約束するものではありません。道路状況、車両状態および天候状態等によっては作動しない場合があります。また、衝突の可能性がなくてもシステムが作動する場合もあります。詳しくは取扱説明書をご覧ください。
  • リヤクロストラフィックオートブレーキのレーダーは真後ろの車両を検知できないため、必ずバックモニターと合わせてご使用ください。
  • 安全運転を行う責任は運転者にあります。常に周囲の状況を把握し、安全運転に努めてください。
  • ソナーの検知範囲、作動速度には限界があります。必ず車両周辺の安全を確認しながら運転してください。
  • リヤクロストラフィックオートブレーキの自動(被害軽減)ブレーキが作動した場合でもブレーキ制御は2秒で解除されるため、そのまま後退できます。また、ブレーキペダルを踏んでもブレーキ制御は解除されるため、再度アクセルペダルを踏むことで後退できます。
  • 写真は作動イメージです。
  • 写真のカメラ、レーダーの検知範囲はイメージです。

自車後方の歩行者を検知し、ブレーキを自動で行う。

自車後方のクルマだけでなく、
歩行者も検知し衝突回避をサポート

駐車場から後退する際に、自車後方の歩行者をカメラで検知し、ブザーによりドライバーに注意喚起します。
衝突の可能性がある場合は、自動的にブレーキ制御を行うことで、接近車両や歩行者との衝突被害軽減を支援します。

パーキングサポートブレーキ(後方歩行者)

パーキングサポートブレーキ
(後方接近者)
搭載車種

  • リヤクロストラフィックオートブレーキ、パーキングサポートブレーキ(後方歩行者)は、自動(被害軽減)ブレーキまで働くシステムではありますが、必ず止まることを約束するものではありません。道路状況、車両状態および天候状態等によっては作動しない場合があります。また、衝突の可能性がなくてもシステムが作動する場合もあります。詳しくは取扱説明書をご覧ください。
  • リヤクロストラフィックアラートおよびリヤカメラディテクションは、あくまで運転補助機能です。本機能を過信せず、運転に際してはドライバー自ら周囲の安全状況を直接確認する必要があります。また天候状態、道路状況、および車両状態によっては、ご使用になれない場合があります。
  • 安全運転を行う責任は運転者にあります。常に周囲の状況を把握し、安全運転に努めてください。
  • ソナーの検知範囲、作動速度には限界があります。必ず車両周辺の安全を確認しながら運転してください。
  • 運転者自身でリヤクロストラフィックオートブレーキ、パーキングサポートブレーキ(後方歩行者)の自動(被害軽減)ブレーキ制御を試すことはおやめください。
  • リヤクロストラフィックオートブレーキ、パーキングサポートブレーキ(後方歩行者)の自動(被害軽減)ブレーキが作動した場合でもブレーキ制御は2秒で解除されるため、そのまま後退できます。また、ブレーキペダルを踏んでもブレーキ制御は解除されるため、再度アクセルペダルを踏むことで後退できます。
  • パーキングサポートブレーキ(後方歩行者)は、歩行者以外の立体物に対しても作動することがあります。ブレーキ作動後はブレーキを踏んで周囲の確認をお願いします。
  • 写真は作動イメージです。
  • 写真のカメラ、レーダーの検知範囲はイメージです。

交通事故死傷者ゼロ社会に向けて、
トヨタができること。

トヨタの安全技術