駐車をするとき

障害をお知らせしサポート

駐車時に、周囲の障害物を
ドライバーにしらせ、
衝突回避をサポートします。

障害物へ近づくと、
ブザーと表示でお知らせする。

駐車時の接触や衝突の危険を
お知らせし、
衝突被害をサポート

駐車、発進の低速走行時に、障害物への接近を検知し、ブザーとディスプレイ表示でお知らせします。

メーターディスプレイ表示例

クリアランスソナー&バックソナー
(障害物お知らせ機能)
搭載車種

安全にお使いいただく上で
ご注意いただきたいこと

本システムはあくまで運転を支援する機能です。システムを過信せず、必ずドライバーが責任を持って周囲の状況を把握し、安全運転に心がけてください。道路状況、車両状態、天候状態およびドライバーの操作状態によっては、システムが正しく作動しないことがあります。

障害物お知らせ機能(クリアランスソナー&バックソナー)は、
次のような場合有効に作動しないことがあります。

要因01
ソナーが正しく検知できない対象や状況
  • 細いポールに対して

    細いポールに対して

  • 車両を基準にして斜めになっている壁に対して

    車両を基準にして斜めになっている
    壁に対して

  • 車両の幅からずれている壁に対して

    車両の幅からずれている
    壁に対して

  • 車・二輪車・自転車・歩行者などが
    車両の横から割り込んだり飛び出したりしてきたとき

  • 炎天下や寒冷時でソナー周辺部が
    著しく高温または低温のとき

  • ソナーに氷・雪・泥などが付着したとき

  • 積載状況などにより、車高が著しく変化したとき
    (ノーズアップ・ノーズダウンなど)

  • など

要因02
周辺の超音波を発生するものに
疎外される
  • センサー付近に超音波を発生するものを
    取り付けたとき

警告音と表示で、
障害物の確認をアシスト

コーナーセンサーをクルマの前後に装備。障害物までの距離に応じて警告音を変えてお知らせ。
縦列駐車時や駐車場・車庫などでの取り回しをサポートします。

センサーイメージ図

コーナーセンサー(前方・後方)

搭載車種

  • シフトポジション[D]・[S]・[M]・[N]時は、フロント2箇所、シフトポジション[R]時は、フロント2箇所+リヤ2箇所のセンサーが作動します。

交通事故死傷者ゼロ社会に向けて、
トヨタができること。

トヨタの安全技術