Toyota Safety Sense ソフトウェアアップグレード Toyota Safety Sense ソフトウェアアップグレード

今お乗りのクルマに
もっと安心と安全を。
Toyota Safety Senseの
一部機能を“アップグレード”できます!

ソフトウェア
アップグレードをすると…

  • チェック

    搭載機能の強化

  • チェック

    新規機能の追加

これらがクルマの買い替えや、部品交換なしで行えます。

アップグレード商品概要

運転支援アップデート
(商品名:トヨタセーフティセンス最新化1)

商品概要

追加される機能は車種により異なります。
以下の対象車種一覧から選択してください。

アップグレードいただくと
以下の機能が強化または追加されます。

信号のある交差点で右左折する場合、交差点進入時の減速をサポートします。

機能詳細

プロアクティブドライビングアシストの機能追加(信号のある交差点に対する右左折減速支援)

プロアクティブドライビングアシストの機能追加(信号のある交差点に対する右左折減速支援)

プロアクティブドライビングアシストが、新たに「信号のある交差点に対する右左折減速支援」に対応します。信号のある交差点への接近を検出した時、ドライバーのアクセルOFFとウインカー操作に応じて緩やかに減速します。

  • 次のような状況ではシステムが作動しないおそれがあります。
  • 信号機の灯色が黄色のとき
  • 信号機が一灯式や二灯式のとき
ドライバーの操作を先読みしてステアリング反力を変化させることで、不要な操作を抑えたり、操作遅れを防止し、スムーズな走行をサポートします。

機能詳細

プロアクティブドライビングアシストの機能追加(車線内走行時常時操舵支援)

プロアクティブドライビングアシストの機能追加(車線内走行時常時操舵支援)

ドライバーの操作を先読みしてステアリング反力を変化させることで、不要な操作を抑えたり操作遅れを防止し、スムーズな走行をサポートします。また反力変化のみでステアリングを自動で回すことはありません。

  • 本機能を利用するには、アップグレード後に機能カスタマイズ画面にて操舵アシスト(SA)機能をONにしていただく必要がございます。
アクセルペダル踏み間違いで起きる衝突への対応範囲を拡大します。

機能詳細

プリクラッシュセーフティの対応範囲拡大(踏み間違い時のサポート)

プリクラッシュセーフティの対応範囲拡大(踏み間違い時のサポート)

  1. 従来の歩行者・自転車・車両に加え、壁のような構造物をカメラとミリ波レーダーで検知し、低速時加速抑制機能の作動対象に追加します。
  2. 徐行時の低速時加速抑制機能の作動開始タイミングを早期化し、アクセルペダル踏み間違いで起きる衝突への対応範囲を拡大します。
  • 本機能はパーキングサポートブレーキ(前後方静止物)の代替機能となるシステムではありません。
  • 障害物の形状や材質によっては作動しない場合があります。
衝突警報やプリクラッシュブレーキもカーブ中や夜間などの対応シーンを拡大します。

機能詳細

プリクラッシュセーフティの対応範囲拡大

プリクラッシュセーフティの対応範囲拡大

プリクラッシュセーフティの衝突リスクの推定精度を向上させ、カーブ中や夜間での対応シーンを拡大します。

  • カーブの大きさや形状によっては作動できないことがあります。
  • 歩行者の動きや周辺の状況によっては作動できないことがあります。

販売価格

(消費税抜き

ソフトウェアアップグレードを
ご利用いただくには

  • 1

    T-Connectのご契約が必要となります。

  • 2

    運転支援機能のソフトウェアバージョンをご確認ください。

    現在のソフトウェアが「02.01」未満のお客様は手順3のソフトウェア更新を実施してください。

    1. ナビ画面の画面右「コネクティッドメニュー」をタッチします。
    2. 「運転支援アップデート」アプリをタッチします。
    3. 現在のソフトウェアにソフトウェアバージョンが表示されます。
    運転支援機能のソフトウェアバージョン確認方法
  • 3

    〈運転支援ソフトウェアバージョンが「2.01」未満の場合〉運転支援機能のソフトウェア更新を行ってください。

    【ソフトウェア更新】Toyota Safety Sense
    • ソフトウェア更新自体は無料です。
    • ソフトウェア更新中も運転支援機能を含めて、通常通り車両を運転いただけます。
    • ソフトウェア更新中に車両電源をOFFすると更新は中断されますが、次回電源をONした時に自動で再開されます。
  • 4

    アップグレード商品のご購入

    クレジットカードをご利用される予定のお客様は、事前にMy TOYOTA(WEB)にて支払い方法のご登録をお願いします。

    車載機(ディスプレイオーディオ)で購入

    【車内ディスプレイからの購入】Toyota Safety Senseソフトウェアアップグレード

    My TOYOTAサイトで購入

    【ウェブサイトからの購入】Toyota Safety Senseソフトウェアアップグレード

    お近くの販売店で購入

Toyota Safety Senseソフトウェアバージョン・購入状況の確認方法
  • 1

    ナビ画面の画面右「コネクティッドメニュー」をタッチします。

    コネクティッドメニュー
  • 2

    「運転支援アップデート」アプリをタッチします。

    • アプリ配置位置は車両により異なる場合があります。
    運転支援アップデート
  • 3

    ソフトウェアバージョン・購入状況が表示されます。

    • 有料オプションの項目は、Toyota Safety Senseソフトウェアバージョン02.01以上で表示されます。
    有料版の購入状況

よくあるご質問

支払い方法を登録(変更)したい
  • 1

    My TOYOTA(WEB)へログインし、ガレージより対象車両を選択し“T-Connectご契約内容へ”をタップしてください。

    T-Connectご契約内容をタップ T-Connectご契約内容をタップ
  • 2

    契約者情報のお支払い方法から、登録・変更をタップします。

    • 既に支払方法が登録されている場合には、クレジットカード情報の一部が表示されます。
    登録・変更をタップ 登録・変更をタップ
  • 3

    お支払方法を選択し、次へをタップします。

    お支払方法を選択お支払方法を選択
  • 4

    選択した支払方法の情報を入力します。

    クレジットカードを
    選択した場合

    選択した支払方法の情報を入力 選択した支払方法の情報を入力

    TOYOTA Walletを
    選択した場合

    選択した支払方法の情報を入力 選択した支払方法の情報を入力

    これで登録は完了です

機能をON-OFF/カスタマイズしたい
  • プロアクティブドライビングアシスト

    マルチインフォメーションディスプレイのカスタマイズ画面から、ON/OFF設定および支援タイミングを切り替えることができます。

  • プリクラッシュセーフティ

    マルチインフォメーションディスプレイのカスタマイズ画面から、ON/OFF設定および警報タイミングを切り替えることができます。

詳細は各車両の取扱説明書をご確認ください。

ご注意いただきたい事項

ご注意いただきたい事項

Toyota Safety Sense を安全にお使いいただく上でご注意いただきたいこと

システムには限界があります。システムを過信せず、安全運転に心がけてください。

  • 運転者には安全運転の義務があります。運転者は各システムを過信せず、つねに自らの責任で周囲の状況を把握し、ご自身の操作で安全を確保してください。
  • 各システムに頼ったり、安全を委ねる運転をすると思わぬ事故につながり、重大な傷害におよぶか最悪の場合は死亡につながるおそれがあります。
  • ご使用の前には、あらかじめ取扱説明書で各システムの特徴・操作方法を必ずご確認ください。
  • 運転者自身でプリクラッシュセーフティの衝突被害軽減ブレーキ制御を試すことはおやめください。対象や状況によってはシステムが正常に作動せず、思わぬ事故につながる恐れがあります。

<トヨタセーフティセンス最新化1 使用上の注意事項>

■プロアクティブドライビングアシスト

信号のある交差点に対する右左折時の減速支援は、約30km/h~約80km/hのときに作動します。
次のような状況ではシステムが作動しないおそれがあります。

  • 信号機の灯色が黄色のとき
  • 信号機が一灯式や二灯式のとき

本機能だけでは減速が不十分な場合があります。周囲の安全を確認し、ドライバー自身でブレーキ操作ください。

車線内走行時常時操舵支援は約10km/h~約140km/hの時に作動します。
本機能は反力変化が発生するのみでステアリングを自動で回すことはないためドライバー自身でステアリング操作ください。
詳しくは取扱説明書をご覧ください。

■プリクラッシュセーフティ

低速時加速抑制機能は、自車速約15km/h以下で作動します。
次のよう状況では壁を作動対象として検知できず、低速時加速抑制が作動しないおそれがあります。

  • ガラス扉や網目状のフェンスなど壁の背面が透けているとき
  • シャッターなど壁の模様が横縞のとき
  • 壁が傾いていたり、高さが低いとき
  • 壁がポールなど幅の狭いもののとき
  • 壁が生垣など草木のとき
  • 壁に路面などが映りこんでいるとき
  • 壁と地面や背景との境界が不明瞭なとき
  • 自車が壁に斜めに近づくとき

プリクラッシュセーフティは、道路状況、車両状態、天候状態およびドライバーの操作状態等によっては、作動しない場合があります。
本機能を過信せず、必ずドライバーが責任を持って運転してください。
詳しくは取扱説明書をご覧ください。

ご購入にあたっては、下記の利用規約・特定商取引法もご確認ください。

ソフトウェア更新情報はこちら

ソフトウェア更新情報

対象のお客様には、配信日より順次ナビ画面(車載器)およびMy TOYOTA(WEB)にお知らせが届きますのでご確認ください。

2023.08.30

  • ■バージョン

    02.01
  • ■更新内容

    トヨタセーフティセンスを含む運転支援機能をより快適にご使用いただくためのソフトウェア更新

    ①プリクラッシュセーフティ
    (衝突回避・被害低減をサポート)
    作動条件や作動タイミングなどの変更

    ②プロアクティブドライビングアシスト
    (安全運転をさりげなくサポート)
    作動タイミングやグラフィック表示条件の変更
  • ■対象車種

    車種 更新
    対象
    機能
    クラウン(クロスオーバー)(2022年7月~)
    シエンタ(2022年8月~)
    ①②
    GRカローラ(2022年12月~2023年7月)