サポトヨ 技術と人で、安全安心をサポートする

トヨタはサポカー技術で追突事故を約9割低減*1。サポカーはトヨタ

安全安心の社会は、人がつくるもの。
だからこそトヨタは、人をサポートする
予防安全技術の開発に取り組んできました。

たとえば、「Toyota Safety Sense*2」と
「インテリジェントクリアランスソナー」を搭載したプリウスは、
追突事故を約9割低減*1が可能に。
さらに、アルファードやヴェルファイアでは、
夜間歩行者対応の自動ブレーキなど
次世代の機能も搭載。

交通事故死傷者ゼロ社会を目指して、
トヨタのサポカーは、
次のステージへと走り出しています。

■ 予防安全機能は、ドライバーの安全運転を前提とした機能であり、事故の回避や万が一の被害の軽減を目的としています。 各機能には限界がありますので、データを過信せず、安全運転を心がけてください。

*1.プリウスを対象としたToyota Safety Senseとインテリジェントクリアランスソナー搭載車(約12万1000台)と非搭載車による比較。2015年12月~2016年12月の間の追突事故発生率(件/万台・年)について、公益財団法人 交通事故総合分析センター(ITARDA)による事故データを基にトヨタ自動車㈱が独自算出。 *2.装備内容は、プリクラッシュセーフティ(歩行者検知機能付衝突回避支援タイプ/ミリ波レーダー+単眼カメラ方式)、レーンディパーチャーアラート(ステアリング制御機能付)、オートマチックハイビーム、レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)。

トヨタのサポカーを支える予防安全技術 Toyota Safety Sense

カメラ・レーダーなどの基本性能を向上させ、
さらに夜間歩行者などに対応した
自動ブレーキや
ハンドル操作サポートといった新たな機能も追加。
進化をつづける予防安全技術で
安全安心をサポートします。

夜間、飛び出してきた歩行者にヒヤリ。そんな場面をサポート。

Toyota Safety Sense(第2世代)の自動ブレーキは、
重大事故につながりやすい「夜間の歩行者」や
「自転車の飛び出し」にも対応。
これまで以上に幅広い場面でドライバーを
サポートします。

高速道路のドライブに心強い味方です。

Toyota Safety Sense(第2世代)では新たに
ハンドル操作サポートという運転支援機能を搭載。
白線・黄線を検知して、同一車線の中央を走行するようにクルマがハンドル操作までサポートしてくれますから、高速道路などでの運転がグンとラクに
なりますね。

トヨタはサポカー対象車数No.1。だから、“サポカーはトヨタ”なんです。

あの新型車も、あの人気車も、ビジネスカーも。
トヨタならサポカーの対象です。
豊富なトヨタのラインナップ、
ぜひのぞいてみてください。
あなたが気に入るサポカーだって
きっと見つかりますよ。

※トヨタ自動車(株)調べ。 2017年12月現在。

試さないと納得できない。慎重派、大歓迎。

トヨタの予防安全技術を知るためには
やっぱり体験してもらうのがいちばん。
だからトヨタは全国の販売店で
サポカー体験会を
実施中。
ぜひあなたもお店で試してみてください。

幅広い取組みで安全安心をサポート

SNS SHARE