進化する予防安全パッケージ、Toyota Safety Sense搭載の機能

※車種により設定される機能が異なります。

Toyota Safety Sense(第2世代)

*1 歩行者〔昼夜〕・自転車運転者〔昼〕検知機能付衝突回避支援タイプ

Toyota Safety Sense

*2 歩行者・車両検知機能付衝突回避支援タイプ、
または車両検知機能付衝突回避支援タイプ

パフォーマンス

高感度カメラの採用、レーダーの広角化。さらなる新機能の追加。“次世代”たる理由がここにあります。

夜間の検知に優れた高感度なカメラの採用、
動きの速い物体をとらえるための
レーダーの改良により基本性能が向上。
さらにハンドル操作サポートなどの
運転支援機能も新たに追加。
“次世代”の予防安全技術を搭載した
トヨタのサポカー、はじまっています。

プリクラッシュセーフティ

夜間の死亡事故は昼間の約2.3倍。だから、Toyota Safety Sense(第2世代)では夜間の歩行者にも対応しました。

歩行者の死亡事故は、夜間に多く発生。
その差は昼間の約2.3倍ほど。
Toyota Safety Sense(第2世代)では、
自動ブレーキ性能の向上により
検知対象を拡大。
「夜間の歩行者」、さらには「走行中の自転車運転者(昼間)」も
検知して
安全運転を支援します。

レーントレーシングアシスト

加速・減速とハンドル操作を同時に制御。高速道路での運転をクルマがアシストします。

同一車線内の中央を走行できるよう、
クルマがハンドル操作をアシストする
「レーントレーシングアシスト」を新搭載。
高速道路での長時間の運転や加減速の多い
渋滞中のドライバーの負担軽減をサポートする
運転支援機能です。

ロードサインアシスト

道路標識をディスプレイに表示して、見落としの軽減をサポート。

走行中の道路標識をカメラで検知。
制限速度や一時停止、進入禁止、はみ出し禁止などをディスプレイ上で確認できます。

※画像はイメージです。実際の機能や作動状況とは異なる場合があります。

Toyota Safety Sense(第2世代)
搭載車の情報はこちら

SNS SHARE