ハイブリッドシステムの動作モードイメージ
停車時はアイドリングストップ
信号待ちなどの停車時では、ガソリンを消費しません*1。エンジン停止中でもエアコン(冷房)が使えます。
スタート時はモーターで発進
アクセルを踏むと、モーターだけ*2で発進。静かに、そしてスムーズに走り出します。
モーターとエンジンを効率よく駆動
モーターとエンジンを最適な効率で制御。状況により充電も行い、低負荷時はモーターのみで走行できます。
伸びのある加速フィーリング
加速時はエンジンに加え、バッテリーからもパワーを供給。さらに駆動力がアップします。
減速時にバッテリーに充電
減速時には車輪がモーターを駆動し、発電。エネルギーを効率よく回収し、バッテリーに充電します。
モーターのみで静かに走行可能*3
EVドライブモードなら、モーターのみで静かに走行可能。早朝や深夜にエンジン音を気にしなくてすみます。
*1. ハイブリッドバッテリーの充電量が少なくなると、停車時でもエンジンがかかり発電用モーターを駆動させてハイブリッドバッテリーを充電します。また、暖房時や使用状況に応じてエンジンがかかることがあります。詳しくは取扱説明書をご覧ください。
*2. 状況によりエンジンが作動している場合があります。
*3. ハイブリッドシステムの状態によっては使用できない場合があります。また、走行距離は、ハイブリッドバッテリーの状況によって異なります。詳しくは販売店におたずねください。
■ハイブリッドシステムの状態や走行状況により、実際の動作モードとは異なる場合があります。
ハイブリッドシステムの状況をひと目で。
ハイブリッドシステムインジケーター
(1)パワーエリア
(2)エコエリア
(3)ハイブリッドエコエリア
(4)チャージエリア
ハイブリッドシステムの出力状況や回生状況をリアルタイムに表示。エコ運転を分かりやすくサポートします。また、指針根元にアンビエント照明を設定しました。
燃費と動力性能を高次元で両立。
1.5L 2NR-FKE VVT-iEエンジン
トヨタがハイブリッドカーで培ってきた、高圧縮比&アトキンソンサイクル、クールドEGR*1(排出ガス再循環)システム、低フリクション技術に加え、可変バルブタイミングを電動モーターで制御するVVT-iE*2を採用し、ハイブリッド並みの優れた熱効率を実現。燃費と走りを高次元で両立したエンジンです。さらに、アイドリングストップ機能との融合により、優れた燃費性能を実現しています。
*1. EGR:Exhaust Gas Recirculation
*2. VVT-iE:Variable Valve Timing-intelligent by Electric motor[電動連続可変バルブタイミング機構<吸気側>]
■ガソリン車(2WD)。
■燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて燃料消費率は異なります。
スムーズな走りの愉しさを。
Super CVT-i(自動無段変速機)
変速ショックがなく、エンジンの力を無駄なく路面に伝えるSuper CVT-i*1。低燃費、静粛性、滑らかな走行フィーリングに貢献します。
*1. CVT-i:Continuously Variable Transmission-intelligent
■ガソリン車。 ■写真はG。
■環境対応車 普及促進税制およびリサイクル料金については、各販売店へおたずねください。 ■燃料消費率は定められた試験条件[JC08モード(国土交通省審査値)]のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて燃料消費率は異なります。 ■表示される画面は、グレードやオプション装着により異なります。 ■ボディカラーおよび内装色は、撮影および表示画面の関係で実際の色と異なって見えることがあります。 ■写真の計器盤と画面表示は、機能説明のために通常の状態と異なる表示・点灯をしています。実際の走行状態を示すものではありません。 ■写真は機能説明のためにボディの一部を切断したカットモデルです。 ■一部の写真は合成・イメージです。