シエンタ「セーフティ・サポートカー」です。

セーフティ・サポートカー(サポカー)は、政府が交通事故防止対策の一環として普及啓発しているものです。
自動ブレーキなどの安全運転を支援する装置を搭載し、ドライバーの安全をサポートします。

*Toyota Safety Sense C(全車にメーカーオプション)装着車
  • 安全運転を支援する装置は、あくまで運転を支援する機能です。
    本機能を過信せず、必ずドライバーが責任を持って運転してください。
  • グレードによって安全装備の設定が異なる場合があります。
  • グレードや安全装備の設定によって同じ車種でも安全運転サポート車の区分が異なる場合があります。
自動ブレーキをはじめとした、さまざまなリスクに備える先進の予防安全パッケージ。
Toyota Safety Sense C(衝突回避支援パッケージ)
衝突の回避、被害軽減をサポートする自動ブレーキをはじめとした先進の安全機能をひとつに。予期せぬ事故・衝突の回避を総合的にサポートします。
[全車にメーカーオプション]
主な機能

慌ててシフト操作ミスをした場合などの急発進・急加速を抑制。
ドライブスタートコントロール
シフト操作時の急発進・急加速を抑制し、
衝突の被害軽減に寄与するシステムです。
サードシートまでしっかり守る。
SRSエアバッグ+SRSサイドエアバッグ+SRSカーテンシールドエアバッグ
事故の衝撃で深刻なダメージを負わないように。さまざまなケースに応じた各種のSRSエアバッグが、乗る人の身体を衝撃から守ります。
■SRS[乗員保護補助装置]:Supplemental Restraint System

*1.自動車アセスメント(JNCAP:Japan New Car Assessment Program):国土交通省と独立行政法人 自動車事故対策機構が、安全な自動車の普及を促進する目的で、1995年度より公表している自動車安全情報。
*2.予防安全性能評価:JNCAPに2014年度より新たに導入され、以下の得点(合計46点満点)により車両の予防安全性能を、「ASV」、「ASV+」の2段階で評価。①衝突被害軽減制動制御装置[対車両]<プリクラッシュセーフティシステム> 32点 ②車線逸脱警報装置<レーンディパーチャーアラート> 8点 ③後方視界情報提供装置<バックモニター等> 6点(2015年度から追加)
*3.Toyota Safety Sense C搭載及びメーカーオプション(バックカメラ)または販売店装着オプション(バックガイドモニターまたはマルチビューバックガイドモニター)装着車
*4.2015年度自動車アセスメント
*5.試験車はガソリン車
■環境対応車 普及促進税制及びリサイクル料金については、各販売店へおたずねください。 ■燃料消費率は定められた試験条件[JC08モード(国土交通省審査値)]のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて燃料消費率は異なります。 ■グレードやオプション装着により設定が異なります。 ■ボディカラーおよび内装色は、撮影および表示画面の関係で実際の色と異なって見えることがあります。  ■写真は機能説明のために各ランプを点灯したものです。実際の走行状態を示すものではありません。 ■写真は機能説明のためにボディの一部を切断したカットモデルです。 ■画面はハメ込み合成です。 ■一部の写真は合成・イメージです。  ■新・安全性能総合評価:衝突時の乗員保護性能と歩行者保護性能を合わせ、車両の総合的な安全性を点数に応じ1〜5★の5段階で評価