緊急事態でも安心

もしもの時、クルマが緊急通報 ヘルプネット Help Net

たとえば、こんな場面でも安心

  • 体調を崩して動けなくなった
  • 交通事故にあって意識を失った

ヘルプネットができること

もしもの時にクルマに接続したオペレーターが事故の状況によって緊急車両やドクターヘリを派遣。
作動する状況で2つのタイプのヘルプネットをご用意しています。

  • ボタンひとつで
    すぐに緊急通報できるから安心

    ワンタッチタイプ

    自分がどこにいるのか、正確に伝えるのが難しい緊急事態でもヘルプネットボタンを押すだけで位置情報が専門のオペレーターに送信されるため、通常の通報より緊急車両の出動が短縮できます。

  • エアバッグの作動を検知して
    自動で通報してくれるから安心

    エアバッグ連動タイプ

    エアバッグが作動した場合、自動で専門のオペレーターに接続します。またオペレーターの呼びかけにお客様が応答できないときは、オペレーターが緊急車両の手配を行います。

緊急車両だけでなく
ドクターヘリの派遣にも対応 
D-Call Net

D-Call Netはヘルプネットの事故自動通報システムを利用し、死亡重症確率、車両からのセンサー情報、通報場所、接続した消防本部等のデータを連携該当病院に送信します。ヘルプネットから送信されたデータを基に早期判断を行い、消防と病院で連携し、ドクターヘリを利用して現地に医師を派遣します。

ヘルプネットの仕組み

ヘルプネットセンターでは緊急通報と同時に、車載システムからの「緊急情報」を受信し、オペレーター卓画面上に、会員情報、車両情報、及び緊急事態発生地点の地図を表示します。オペレーターは、この画面を見ながらドライバーとの音声通話により救援活動に必要な情報の確認を行います。これらの情報をもとにオペレーターは、接続する救急機関(警察/リモート操作/カーファインダー)に搭載しています。
詳しくはこちら

  • ※通話料はお客さま負担です。(DCMパッケージ/DCM単体の場合、T-Connect基本利用料に含まれます。)
  • ※ご利用にはサービス開始操作が必要です。また、DCMパッケージ/DCM単体以外の場合、サービス利用開始日より2年ごとに登録情報の更新が必要です。
  • ※ハンズフリーの設定が必要です。(DCMパッケージ/DCM単体除く。)
  • ※場所、時間帯、天候などによってドクターヘリが出動できない場合があります。
  • ※“D-Call Net®”は認定NPO法人 救急ヘリ病院ネットワーク(HEM-Net)の登録商標です。D-Call Net®の詳細は、HEM-Netサイト(http://www.hemnet.jp/)をご確認ください。

その他の
コネクティッドサービスを見る