高級車にふさわしい上質な乗り心地と高い運動性能を両立。

路面から伝わる振動を受け止めるのではなく、上手にいなし、しなやかな動きを追求。
併せて、コーナリング時に張りのあるグリップ感をもたらすチューニングを行い、
高級車に求められる上質な乗り心地と操縦安定性を高い次元で両立させました。

振動をいなし、張りのあるグリップ感をもたらすサスペンション。

アッパーアームに開断面構造を設け、ねじり剛性のみを最適化。
アッパーアームに開断面構造を設け、ねじり剛性のみを最適化。
振動をいなし、張りのあるグリップ感をもたらすサスペンション。
【トヨタのテクノロジー】いなしサスペンション
  • 撮影車両は、燃費ステッカーなどが販売車両とは異なる場合があります。

リヤサスペンションのアッパーアームを開断面構造とすることで、サスペンションのしなやかな動きを高めました。これにより、以前は吸収しきれなかった路面からの振動を上手にいなすことで上質な乗り心地を確保しています。
さらに、アーム類の先端部に装着されるラバーブッシュの動的ばね定数(硬さ)を最適化し、車両挙動の安定性を損なわずに路面からの不要な振動を除去。ショックアブソーバーの減衰力、フロントバウンドストッパーの改良とともに乗り心地を向上させています。

また、フロントのタイロッドエンド、及びリヤのトー★1コントロールアームにオフセット形状を採用し、剛性をチューニングしました。これにより、横方向から力が加わった際のトー変化特性を安定方向に向くようにして、旋回時の高い安定性と「張り」のあるグリップ感をもたらし、操舵に対する車両挙動の穏やかさを実現しています。

★1.
クルマを上から見たときのタイヤの角度のこと。前端が内向きの場合はトーイン、外向きの場合はトーアウトと呼び、この向きによって旋回性能、直進性能が変化します。
アッパーアームに開断面構造を設け、ねじり剛性のみを最適化。
アッパーアームに開断面構造を設け、ねじり剛性のみを最適化。
振動をいなし、張りのあるグリップ感をもたらすサスペンション。
【トヨタのテクノロジー】いなしサスペンション
  • 撮影車両は、燃費ステッカーなどが販売車両とは異なる場合があります。

搭載車種

  • クラウン アスリート
    クラウン アスリート
  • クラウン ロイヤル
    クラウン ロイヤル
  • 撮影車両は開発当時のもので、販売車両とは異なる場合があります。また、装備の設定はグレードにより異なります。
  • ボディカラーおよび内装色は、撮影および表示画面の関係で実際の色と異なって見えることがあります。
  • 写真は機能説明のために各ランプを点灯させたものです。実際の走行状態を示すものではありません。
  • 写真は機能説明のためにボディの一部を切断したカットモデルです。
  • 画面はハメ込み合成です。
  • 標準状態以外のシートアレンジにすると走行できない場合や、ご注意いただきたい項目があります。必ず取扱説明書をご覧ください。
  • シートの操作方法については、ご注意いただきたい項目があります。必ず取扱説明書をご覧ください。
  • 数値は社内測定値。測定箇所により数値は異なります。