どんな状況でも走破できる強靭さを手に入れる。

過酷な状況下で何万キロも走破できる耐久性は、ラダーフレームが支える車体構造によってもたらされています。
今日のSUVの車体構造は、乗用車とおなじくフレームとボディを一体化し車体全体で強度・剛性を担うモノコックが主流です。
しかし、高いレベルの強度・剛性、そして耐久性を追求するにはシンプルで頑丈なラダーフレームの上に
ボディを載せる別体式の方が合理的で適しており、快適なドライビングにも大きく貢献しています。

優れた強度・剛性を発揮するラダーフレームを採用した別体構造がもたらす、抜群の耐久性。

ラダーフレーム

ラダーフレームは、文字通りの梯子状で車体の前後方向を貫くサイドレールと横方向のクロスメンバーで構成されます。シンプルですがサイドレールの板厚や断面の大きさ、左右の組幅を最適化することで曲げや捻じれに対する高い強度・剛性が容易に確保でき、優れた耐久性を発揮します。
また、一体式のモノコックの場合は車体にかかる力をボディ全体で受けますが、フレームとボディの別体構造では基本的にラダーフレームが担う仕組みであるため、走行中の衝突や転倒でボディが衝撃を受けても、モノコック構造の車体に比べてダメージがフレームに伝わりにくいという安全面でのメリットが高いです。さらに、路面や駆動系からの振動・騒音が直接ボディには伝わりにくく、快適な乗り心地に寄与するといったメリットもあります。

ラダーフレーム

搭載車種

  • ランドクルーザー
    ランドクルーザー
  • ランドクルーザー プラド
    ランドクルーザー プラド
  • 撮影車両は開発当時のもので、販売車両とは異なる場合があります。また、装備の設定はグレードにより異なります。
  • ボディカラーおよび内装色は、撮影および表示画面の関係で実際の色と異なって見えることがあります。
  • 写真は機能説明のために各ランプを点灯させたものです。実際の走行状態を示すものではありません。
  • 写真は機能説明のためにボディの一部を切断したカットモデルです。
  • 画面はハメ込み合成です。
  • 標準状態以外のシートアレンジにすると走行できない場合や、ご注意いただきたい項目があります。必ず取扱説明書をご覧ください。
  • シートの操作方法については、ご注意いただきたい項目があります。必ず取扱説明書をご覧ください。
  • 数値は社内測定値。測定箇所により数値は異なります。