Toyota Power Unit プラグインハイブリッドカー
  • ※車両は2017年2月発売モデルです。

プラグインハイブリッドカー(PHV)は、電気自動車(EV)と従来のハイブリッドカー(HV)の長所を併せ持ったクルマです。
大容量バッテリーを搭載し、日常用途ではEVとして走行可能。HVとしても走れるので、長距離の移動も安心です。
ガソリンと電気を上手に使い分けるPHV技術を、トヨタでは次世代環境車の柱として考えています。

プラグインハイブリッドシステム
大容量リチウムイオンバッテリーと「デュアルモータードライブシステム」により、EV走行性能を拡大。軽快・スムーズ・パワフルなEV走行が楽しめます。また、急速充電スタンドはもちろんのこと、ご家庭のコンセントからでも、さらには太陽光からも充電が可能になりました。
  • ※車両は2017年2月発売モデルです。
  • 大容量リチウムイオンバッテリー
    大容量リチウムイオンバッテリー

    大容量リチウムイオンバッテリー

    総エネルギー量が8.8kWhと従来の約2倍になり、EV走行距離(充電電力使用時走行距離)68.2km*1を実現しています。出力も大幅に向上し、いっそうスムーズでパワフルなEV走行を体感することが可能になりました。

    *1.
    JC08モード(国土交通省審査値)。メーカーオプションの215/45R17タイヤ&17×7J アルミホイールを装着した場合、55.2km。充電電力使用走行距離は定められた試験条件のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じてEV走行距離は大きく異なります。
  • モーター
    モーター

    モーター

    新巻線方式を用いた高回転モーターの開発により、小型・軽量化および、高出力密度化を実現。小型化により搭載の自由度が高まり、モーターの複軸配置による省スペース化を可能にしています。

    • ハイブリッド車にも同じモーターを使用しています。
  • ジェネレーター
    ジェネレーター(発電機)

    ジェネレーター(発電機)

    ジェネレーター(発電機)には高回転が可能な交流同期型モーターを採用。低速走行時に大きな電力を供給します。そのため、高出力のモーターとエンジンの組み合わせにより低~中速域での加速が向上しました。

    • ハイブリッド車にも同じジェネレーター(発電機)を使用しています。
  • エンジン
    エンジン

    エンジン

    熱効率に優れた1.8L・2ZR-FXEアトキンソンサイクルエンジンを採用。クールドEGR*1(排出ガス再循環システム)の流量アップをはじめ、吸気ポートの形状変更やクールエアダクトの採用などにより、熱効率が大きく向上しました。また、熱効率を決める基本諸元である、圧縮比を高めることが可能なアトキンソンサイクルの特性を活かし、レギュラーガソリンの仕様でありながら圧縮比13.0を実現しています。

    *1.
    EGR:Exhaust Gas Recirculation
    • ハイブリッド車にも同じエンジンを使用しています。
  • パワーコントロールユニット
    パワーコントロールユニット

    パワーコントロールユニット

    インバーター・昇圧コンバーター・DCDCコンバーターで構成される「パワーコントロールユニット」は、直流・交流を変換し、電源電圧を適切に調整する装置です。低損失素子の採用などにより、優れた損失低減を実現しました。

    • ハイブリッド車にも同じパワーコントロールユニットを使用しています。
  • 「デュアルモータードライブ」システム
    「デュアルモータードライブ」システム<

    「デュアルモータードライブ」システム

    ジェネレーター(発電機)をモーターとして利用することで、モーター2個分のパワフルなEV駆動力を得られる「デュアルモータードライブ」システム。従来のハイブリッドシステムではEV走行中にジェネレーター(発電機)からトルクを出力することはできませんでしたが、回転力を一方向のみに伝達する機構「ワンウェイクラッチ」の働きにより、これまで走行時にジェネレーター(発電機)として使用していたモーターを、走行用としても使えるようになりました。

  • 外部充電
    外部充電

    外部充電

    普通充電

    100V充電の電流は、一般家庭の配線を利用できるため、専用回路工事がいりません。屋外にあらかじめアース付のコンセントが付いていれば交換も不要(抜止形コンセントの場合は、高耐久コンセントへ交換が必要となります)。AC200V充電は配線工事が必要ですが、100Vより短時間で充電が完了します。充電時間はAC200Vで約2時間20分(満充電)、AC100Vで約14時間(満充電)。

    急速充電

    [Sを除く全車に標準装備、Sにメーカーオプション]

    日本国内で広く普及している、CHAdeMO規格に準拠した急速充電に対応。普通充電より大きい電力での充電が可能なため、満充電の約80%充電まで約20分で完了します。

*1.
Sを除く全車に標準装備、Sにメーカーオプションの急速充電インレットを装着した場合。
*2.
S“ナビパッケージ”、Sにメーカーオプションのソーラー充電システムを装着した場合。
*3.
充電電力使用時走行距離は定められた試験条件のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じてEV走行距離は大きく異なります。メーカーオプションの215/45R17タイヤ&17×7Jアルミホイールを装着した場合、55.2km。
ほかのクルマにはない、プリウスPHVだけの嬉しさ。
太陽光パネルによる充電システム

1.太陽光パネルによる充電システム

太陽の光を、走るエネルギーに変えます。

[S“ナビパッケージ”、Sにメーカーオプション]

ルーフに搭載される大型ソーラーパネルで、EV走行のための発電ができます。屋外に停めておくだけで、太陽光で発電した電力を駆動用バッテリーに充電。EV走行やエアコン駆動、AC100Vの外部給電などに利用できます。走行時には、太陽光で発電した電力により補機バッテリー系統の消費を補い、EV走行距離や電費の向上に貢献します。1日で最大6.1km、平均2.9km*1の自家発電が可能です。

*1.
太陽光発電協会の定める「表示ガイドライン(平成27年度)」に基づき、下記条件で駆動用バッテリーへの充電量を算出し、EV走行距離への換算を行っています。【車両状態】方位:真南、角度:0°【日射量データ】名古屋、1990年から2009年の平均年の日ごとのデータ(出典:NEDO)【計算数値】
■太陽電池損失/温度補正係数:<4-5月及び10-11月>8.7%、<6-9月>11.6%、<12-3月>5.8% ■ソーラーECU損失:19% ■その他損失1(配線・バッテリー充放電・制御損失):31% ■その他損失2(駆動用バッテリー充電時損失):<最大算出時>0.23kWh/日、<平均算出時>0.10kWh/日 ■JC08モード電費:10.54km/kWh*2 ※影、積雪、経年劣化、出力抑制、駆動用バッテリー満充電による影響は考慮されておりません。※地域別日照条件、システムの各損失を考慮して、当社発電シミュレーションにより算出された値であり、保証値ではありません。
各地の推定EV走行距離[km/日]札幌:平均 2.4/最大 6.2、仙台:平均 2.4/最大 5.7、東京:平均 2.4/最大 5.3、名古屋:平均 2.9/最大 6.1、金沢:平均 2.4/最大 5.3、大阪:平均 2.6/最大 5.3、広島:平均 2.9/最大 5.9、高松:平均 2.9/最大 5.7、福岡:平均 2.7/最大 5.8、那覇:平均 3.1/最大 5.5
*2.
電費には充電器の効率も含まれるため、換算時にはその効率を除いたものを使用しています。
太陽光パネルによる充電システム
外部電源供給システム

2.外部電源供給システム

プリウスPHVを、移動する電源として使えます。

[Aプレミアムに標準装備、Aプレミアムを除く全車にメーカーオプション]

大容量のバッテリーに蓄えた電力を「走る」以外にも使えるプリウスPHV。付属されるヴィークルパワーコネクターを普通充電インレットに挿し込めば、家庭用とまったく同じ100Vの外部給電用コンセントに早変わり。合計1500Wまで対応するので、消費電力の大きな家電製品も安心です。また、車内2カ所にもコンセントを設置しています。

  • 消費電力の合計が1500W以下の電気製品をご使用ください。ただし、電気製品によっては消費電力の合計が1500W以下の場合でも正常に作動しない場合があります。
  • 一部の自治体では、駐車または停車中にエンジンを始動させた場合、アイドリングストップに関する条例にふれるおそれがあります。関係する自治体に確認した上で、適切にご使用ください。
外部電源供給システム

搭載車種

  • プリウスPHV
    プリウスPHV
  • 撮影車両は開発当時のもので、販売車両とは異なる場合があります。また、装備の設定はグレードにより異なります。
  • ボディカラーおよび内装色は、撮影および表示画面の関係で実際の色と異なって見えることがあります。
  • 写真は機能説明のために各ランプを点灯させたものです。実際の走行状態を示すものではありません。
  • 写真は機能説明のためにボディの一部を切断したカットモデルです。
  • 画面はハメ込み合成です。
  • 標準状態以外のシートアレンジにすると走行できない場合や、ご注意いただきたい項目があります。必ず取扱説明書をご覧ください。
  • シートの操作方法については、ご注意いただきたい項目があります。必ず取扱説明書をご覧ください。
  • 数値は社内測定値。測定箇所により数値は異なります。