燃費・走行性能

次代が求める性能を追求した、明日を駆けるための心臓部。

環境の時代を走るテクノロジー 1.0tonシリーズエンジン

より進化した、クリーンディーゼルテクノロジー。

1KD-FTV

ディーゼルエンジン

ディーゼルDPRシステムなど最先端の環境技術の投入で、ディーゼル車は、ポスト新長期排出ガス規制に適合しました。

1KD-FTV

高出力と低燃費を両立し、環境にも配慮。

1TR-FE

ガソリンエンジン

パワフルな走りのDOHC16バルブエンジンは、VVT-i(連続可変バルブタイミング機構)*1の採用により軽快なレスポンスを発揮。さらに高性能の「三元触媒」と「空燃比補償装置」などの採用により排出ガスのクリーン化を実現。

*1.
VVT-i:Variable Valve Timing-intelligent
*2.
ガソリンエンジンのAT車は使用できるエンジン回転数に制約を設けているため、最大積載量1.25トンは第4速で、最大積載量1.5トンは全てのギア段で最高出力回転数に達しません。(5,000r.p.m.が上限)
1TR-FE

高いクリーン性能と経済性に、安全をプラス。

1TR-FPE

LPG エンジン

燃料をポンプで加圧し、インジェクターで液体噴射する電子制御式LPG液体噴射方式=EFI-LP*3を採用。精密な空燃比制御を可能にし、高い走行性能と低燃費を両立するとともに、低振動・低騒音、そして排出ガスのクリーン化を実現しました。

*3.
EFI-LP:EFI for LPgas
1TR-FPE
低燃費を極める。環境性能を磨き抜く。2.0tonシリーズエンジン

専用エンジン搭載。そして主要部品も小型・軽量化を追求。

N04C-UL

ディーゼルハイブリッドエンジン

優れた出力と低燃費とのより高水準な両立を求めて、燃焼効率が高く燃費の良いアトキンソンサイクルエンジンを搭載。専用のエンジンを採用したことで、さらに徹底した低燃費の追求が可能に。また、最新システムの採用やモーター、インバーターなど主要部品の改良も実施。ここに、最先端を行くディーゼルハイブリッドシステムが完成しています。

N04C-UL

更なる進化を遂げた、独創のグリーンディーゼル。

「平成22年(ポスト新長期)排出ガス規制」に適合

ディーゼルエンジン

「平成22年(ポスト新長期)排出ガス規制」に適合。

「平成22年(ポスト新長期)排出ガス規制」に適合
  • N04C-UM
  • N04C-UN
  • N04C-UP
  • N04C-UQ
「平成28年(ポスト・ポスト新長期)排出ガス規制」に適合

「平成28年(ポスト・ポスト新長期)排出ガス規制」に適合。

「平成28年(ポスト・ポスト新長期)排出ガス規制」に適合

卓越した低ランニングコストで、毎日を応援。

1BZ-FPE

LPG エンジン

優れた排出ガス制御システムの採用で、群を抜く環境性能を獲得。

1BZ-FPE
  • 装備類の詳しい設定につきましては、諸元表および主要装備一覧表をご覧ください。
  • ボディカラーおよび内装色は、撮影および表示画面の関係で実際の色と異なって見えることがあります。
  • 写真は機能説明のために各ランプを点灯させたものです。実際の走行状態を示すものではありません。
  • 写真は機能説明のためにボディの一部を切断したカットモデルです。
  • 画面はハメ込み合成です。
  • 一部の写真は合成・イメージです。

エクストラナビゲーション

このクルマを検討している方は、以下のクルマも検討しています