ヴィッツは「セーフティ・サポートカーS〈ワイド〉、セーフティ・サポートカー」 です。

セーフティ・サポートカーS〈ワイド〉(サポカーS〈ワイド〉)*1、セーフティ・サポートカー(サポカー)*2は、政府が交通事故防止対策の一環として普及啓発しているものです。自動ブレーキ(対歩行者)やペダル踏み間違い時加速抑制装置などの安全運転を支援する装置を搭載し、ドライバーの安全をサポートします。

セーフティ・サポートカーS〈ワイド〉 セーフティ・サポートカー
  • 安全運転を支援する装置は、あくまで運転を支援する機能です。本機能を過信せず、必ずドライバーが責任を持って運転してください。
  • グレードによって安全装備の設定が異なる場合があります。
  • グレードや安全装備の設定によって同じ車種でも安全運転サポート車の区分が異なる場合があります。
3つの先進安全機能でドライバーをサポート。
Toyota Safety Sense(衝突回避支援パッケージ)
前方の安全を見守る、高精度な「2種類の目」。ヴィッツのToyota Safety Senseは、レーザーレーダーと単眼カメラを併用した検知センサーと、それに基づく統合的な制御により、事故の回避や衝突被害の軽減を支援します。
[HYBRID U“Sportyパッケージ”、HYBRID U、HYBRID Jewela、U“Sportyパッケージ”、U、Jewela“SMART STOPパッケージ”、Jewelaに標準装備。HYBRID F、F“SMART STOPパッケージ”、F、F“Mパッケージ”にメーカーオプション]
主な機能
センサー技術を活用したその他の機能

2015年度 JNCAP*3予防安全性能評価*4
最高ランク「ASV+」獲得*5
コンビニ駐車場などでの踏み間違え時に被害軽減をサポート。
インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)
アクセルの踏み間違いや踏みすぎなどで起こる衝突を緩和し、被害の軽減に寄与するシステム。車庫入れなどの運転時、静止物への接近を表示とブザーで知らせる「クリアランスソナー」に、静止物との接触を緩和する機能を追加しました。ソナーはコンビニなどのガラスもしっかり検知。低速走行時(15km/h以下)に進行方向にある静止物を検知している場合、エンジン/ハイブリッドシステム出力を抑制し、さらに距離が縮まると自動的にブレーキをかけます。
シフト操作時の急発進・急加速を抑制し被害の軽減をサポート。
ドライブスタートコントロール
シフト操作時における急発進の抑制や
衝突時の被害軽減に寄与するシステムです。
衝突時の被害を最小限に。
SRSエアバッグ+SRSサイドエアバッグ+SRSカーテンシールドエアバッグ
万一の衝突時に前方からの強い衝撃に対して作動。シートベルトの働きと合わせて、頭や胸への衝撃を緩和します。
■SRS[乗員保護補助装置]:Supplemental Restraint System
*1. Toyota Safety Senseかつインテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)装着車。
*2. Toyota Safety Sense 装着車。
*3. 自動車アセスメント(JNCAP:Japan New Car Assessment Program):国土交通省と独立行政法人 自動車事故対策機構が、安全な自動車の普及を促進する目的で、1995年度より公表している自動車安全情報。
*4. 予防安全性能評価:JNCAPに2014年度より導入され、以下の項目により車両の予防安全性能を、2016年度から「ASV+」、「ASV++」の2段階で評価。 ①衝突被害軽減制動制御装置[対車両]<プリクラッシュセーフティ> ②車線逸脱警報装置<レーンディパーチャーアラート> ③後方視界情報提供装置<バックモニター等>(2015年度から追加) ④衝突被害軽減制動制御装置[対歩行者、昼間]<プリクラッシュセーフティ>(2016年度から追加)
*5. Toyota Safety Sense 搭載及びバックカメラ装着車。
■環境対応車 普及促進税制およびリサイクル料金については、各販売店へおたずねください。 ■燃料消費率は定められた試験条件[JC08モード(国土交通省審査値)]のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて燃料消費率は異なります。 ■ボディカラーおよび内装色は、撮影および表示画面の関係で実際の色と異なって見えることがあります。 ■写真は機能説明のために各ランプを点灯したものです。実際の走行状態を示すものではありません。 ■写真は機能説明のためにボディの一部を切断したカットモデルです。 ■画面はハメ込み合成です。 ■一部の写真は合成・イメージです。