WHAT WOWS YOU.

WOW ACTION CLIP

WOW ACTION CLIP

BACK TO INDEX

#08

福島トヨペット
ハイエースカスタマイズフェア2016

ずらりと並んだハイエースと、
楽しい体験ブース。
大人も子供も大興奮の
「ハイエースカスタマイズ
フェア2016」が福島で開催!

トヨタが主催、参加するイベントの中で、心が揺れ動く瞬間を見つけていくWOW ACTION CLIP。今回訪れたのは福島県。福島トヨペットが開催する「ハイエースフェア2016」に潜入してきました。この日はどんな「WOW」が生まれたのでしょうか。

きょうのイベントをつくった人

  • 郷津二さん写真

    福島トヨペット
    郷津二さん

きょうのがんばった人

  • 笹山清美さん写真

    スペシャルオリンピックス スポーツプログラム委員長
    笹山清美さん

この日、福島県のビックパレットふくしまには、たくさんのハイエースが集まりました。来年生誕50周年を迎えるハイエースの展示会「福島トヨペット ハイエースフェア2016 inビックパレットふくしま」の開幕です。
「今年はハイエースの展示だけではなく、いろんな人に楽しんでもらえるアトラクションやブースも用意しました」
と話すのは福島トヨペットの郷津二さん。今回は今までのハイエースフェアと一味違うようです。

今回のイベントには、ジャンピングバルーンを体験できるブースや、Winglet体験コーナーのほかに、スポーツ応援特設ブースとして、スペシャルオリンピックスのブースが設けられました。スペシャルオリンピックスとは、「知的発達障がいのある方に、スポーツプログラムの体験をしましょうということで、もともとアメリカで始まった組織です。日本にも組織がありまして、4年に一回、冬の大会と夏の大会を開催しています」
と、説明してくれたのは、スペシャルオリンピックススポーツプログラム委員長の笹山清美さん。今回はパラリンピックで大活躍したスポーツ「ボッチャ」の体験を通して、スペシャルオリンピックスを少しでも知ってもらおうと意気込んでいるそうです。そうしているうちに、いよいよハイエースフェアが開場です!

10時ちょうど、たくさんのトヨタスタッフに迎えられ、開場を待ちわびた人たちがやってきました。この日はあいにくの雨。元気の有り余った子供たちもたくさん遊びに来ているようでした。ずらりと並んだハイエースを、じっくり見回るお父さん、美味しそうな香りのパン工房に吸い寄せられるお母さん、そして楽しそうなバルーンやボッチャ、サッカーの体験ブースに目を輝かせる子供たち……。大きなスマイルのバルーンに乗って空中散歩ができるブースは、地元のバルーンデコレーターの方たちが大活躍。この方たちは2011年の震災の時にも、風船をたくさん持って被災地を回る活動をしていたと言います。そしてそんな時に活躍したのがハイエースだったそうです。この日も、風船と一緒に高く飛んだ子供たちがニコニコ笑顔と楽しそうな歓声を振りまいていました。見ているお父さんお母さんも嬉しそうです。

そして小さい子供も大人も、一緒に楽しめるボッチャの体験ブースは、順番待ちするほど大人気!初めて会った子供たちが、一点取るごとにハイタッチをしたり、子供に負けて本気で悔しがるお父さんがいたりと、純粋にボッチャを楽しむ姿がたくさん見られました。体験した方は
「意外と難しいですね。いろんな方と対戦してみたくなりました!」
とさらなる興味が湧いた様子。それを聞いた笹山さんの笑顔、今日のWOW!です。

ボランティアでスペシャルオリンピックスのコーチなどを務めているという郷さんは「体験していただくことが大切。名前だけ聞いても忘れてしまうと思いますが、あの時体験してうまくいったとか、そういう思い出ってなかなか消えないと思うんです」と、語ります。
最後に笹山さんは
「福島トヨペットの皆さんは、いつもスペシャルオリンピックスの活動に関わってくれて、本当に感謝しています。今回のイベントに参加できたこと、それが今日の僕のWOWです!」
と話してくれました。ハイエースのお祭りでボッチャの体験をしたこと、きっとたくさんの人の胸に刻まれたはず。これからも、こういった活動を通してスペシャルオリンピックスの名前が浸透していくのだろう。そう実感させてくれるイベントでした。

Today’s Madonna 今日のマドンナ

松村靖子さん

バルーンデコレーターとして、たくさんの子供たちの空中浮遊を手助けしていた松村さん。「震災の時、ハイエースに風船を詰めて、少しでも笑顔になってもらおうという『スマイルプロジェクト』を行いました。今日の子供たちの笑顔を見て、その時のことをちょっと思い出しちゃった」と涙ぐんでいました。「子供たちの元気にWOW!直接触れ合って、こちらも元気をもらいました。また風船を持っていろんなところ巡りたいです」

  • Twitter
  • Facebook

WHAT WOWS YOU.

このページをシェア
  • twitterでシェア
  • Facebookでシェア