WHAT WOWS YOU.

WOW ACTION CLIP

2015.09.21 KANAGAWA

BACK TO INDEX

#20

トヨタ交通安全キャンペーン

交通事故死傷者をゼロに!
敬老の日に
「安心」を
届ける。

トヨタが主催、参加するイベントの中で、心が揺れ動く瞬間を見つけていくWOW ACTION CLIP。今回は「全国交通安全運動」にあわせて、春と秋の2回開催される「トヨタ交通安全キャンペーン」を訪れました。このキャンペーンは1960年代から行われています。この日はどんな「WOW」が生まれたのでしょうか。

楽しく交通安全を考える 今回訪れたのは「秋のトヨタ交通安全キャンペーン」。会場では危険予測シミュレーターを使った横断歩道の安全な渡り方など、子供にも分かりやすい交通安全がレクチャーされました。また、この日は敬老の日にちなんでおじいちゃん・おばあちゃんへプレゼントする反射材キーホルダー工作教室も開催。自分たちがつくったオリジナルのキーホルダー。プレゼントする場面を想像する子供たちの表情はうれしそう。家族の安全を考えることで自然に笑顔があふれているようでした。

誰かを守ることで自分も感じる交通安全 歩行中の交通事故死者の7割が高齢者と言われています。とくに夕方や夜遅くの道路は見通しが悪く危険。そんな時、反射材をつけていると57m以上先にいるドライバーにもその光が見えるので事故を防ぐことにつながります。手書きのメッセージを添えて、子供たちから「いつも持っててね」と温かい眼差しでプレゼント。かわいい孫からもらった反射材キーホルダーは、「喜び」だけでなく「安心」も届けてくれました。大好きな人の安全を考えることで、子供たち自身も自然に交通安全を考えるように。きっかけは誰かを思いやることから始まるのです。

交通安全にかけるトヨタの想い 全国のトヨタ関連施設や販売店では交通安全の呼びかけや反射材グッズなどを配布しています。幼児に向けては、楽しく分かりやすく学習できるよう絵本や紙芝居を使い、それらは全国の幼稚園や保育園、児童館、図書館などにも贈呈しています。
また、夜間の交通事故をなくすためのキャンペーン「マチホタル」もトヨタ交通安全キャンペーンで取り組んでいる活動の一つです。ドライバーに「ハイビームでの走行」、歩行者に「反射材の着用」を呼びかけています。クルマがこれからも安全で楽しいものであり続けるために、トヨタは自動車メーカーとして交通安全活動に全力で取り組んでいきます。

HOW WOW YOU

  • 名前
    坂主よしみさん
    職業
    トヨタ自動車社会貢献推進部
    現在行っている活動について教えてください。
    ドキドキ・ハラハラしながらも、交通安全についてのメッセージを子供たちの心に刻む紙芝居ストーリーを目指して、内閣府、安全協会の皆様と制作しています。
  • 名前
    助川孝明さん
    職業
    トヨタ自動車販売店
    現在行っている活動について教えてください。
    茨城県トヨタ販売会社グループで交通安全の企画を担当しています。紙芝居を使って、子供たちにわかりやすく伝えるよう心がけています。

MOVIE

  • Twitter
  • Facebook

WHAT WOWS YOU.

このページをシェア
  • twitterでシェア
  • Facebookでシェア