WHAT WOWS YOU.

WOW ACTION CLIP

2016.10.02 TOKUSHIMA

BACK TO INDEX

#06

カローラ徳島 みんなのカローラまつり2016

地元の皆さんへ今までの感謝をこめて。車あり!阿波踊りあり!美味しいものあり!な、感謝祭を開催。

トヨタが主催、参加するイベントの中で、心が揺れ動く瞬間を見つけていくWOW ACTION CLIP。今回、訪れたのは徳島。今年50周年を記念するカローラ徳島が、日頃の感謝を込めて地元の皆様に楽しんでもらおうと、お祭りを開きました。この日はどんな「WOW」が生まれたのでしょうか。

瀬戸内海の穏やかな気候の秋空に、夏の強い日差しが混じる10月初め。トヨタカローラ徳島50周年を記念して、「みんなのカローラまつり」がアスティとくしまにて開催されました。スポーツあり、レース車両あり、交通安全あり、アイドルあり、ヘルシーフードあり……。今日はカローラ徳島店から、お世話になっている地元の皆さんへ恩返しする一日。販売店の独自企画でもあるオレンジスマイルプロジェクトを絡めながら、社員一丸となって素敵な思い出づくりのお手伝いとして、沢山の催しをぎゅっと1日に詰め込みました。

未来のパラアスリート選手に向けて伝えたいことは、今、自分自身でできることをしっかりとやっていくこと、と語るのはリオ2016パラリンピック日本代表(柔道)・藤本聰選手。
「自分の場合もそうですが、環境をしっかりと切り拓いていくことで、自ずと次のステップに繋がっていったと思いますし、そういう意識をもってスポーツに臨んで欲しいですね」
そう語る藤本選手は、オレンジスマイルプロジェクトの一員として、今回トークショーに参加しました。
「スポーツをやる上で、自分の練習環境をつくるのは自分。どんな環境も言い訳にしてほしくないと思います。周りが動くよりも自分が先に動いて、一生懸命やっている姿を見てもらう。そうすれば、いろんな人が絶対力を貸してくれます」。

開場と同時に、多くのお客様が会場に来場しました。ご家族皆さんご一緒の方、おじいちゃんおばあちゃんに手を引かれてきたお孫さん、ステージに出演するアイドル観戦に各地から集まったファンの皆さん……。それぞれ思い思いに、目指すブースに向かっていきます。イベントは大きく分けてメインステージ、TOYOTOWNステージ、スポーツエリアの3つのエリアで行われます。その他にも、徳島の地元のクリエイターのみなさんが手掛けたグッズを実演・販売するブース「ハンドメイドマーケット」、徳島の四大麺を食べ比べ出来る「とくしま麺ロード」、健康と美容を考えた徳島産フードとドリンクを販売する「ヘルス&ビューティーマルシェ」など地元に密着した出店も並んでいました。

まず、盛り上がりを見せたのはスポーツエリア。TOYOTA運動部のひとつであるヴェルブリッツの選手と一緒にラグビーが楽しめる「ふれあいラグビー体験」は、子ども達を中心に大人気!基本の動きとなるリフト、タックル、キックを教えてもらいました。
「タックルは肩から入るといいよ。」
そんなアドバイスをもらいながら、子ども達が見上げる程大きいお兄さんたちの持つタックルバッグに向かって一直線。思いきり助走をつけても、思うようなタックルはなかなか難しそうです。
「もう1回、もう1回!」。
何回も列に並び直し、少しずつ感触を掴んでいく子ども達。その目はキラキラと輝いていました。思いっきりタックルしたものの、はじき飛ばされてしまったり、タックルバッグを掴むラグビー選手のお兄さんに抱きついてしまったりするワンシーンには、見守る大人達一同思わずほっこりとしてしまいました。リフトでは、果敢にも110kgあるというお父さんを持ち上げて歓声があがりました。
「120kgまでであれば、許容範囲ですね」、
そう話す選手はとても心強く、頼もしく見えるものです!

様々なイベントを挟みながら、リオパラリンピック柔道銅メダリストの藤本選手と、稲垣宗員スポーツトレーナーのトークショーに続きます。藤本選手と稲垣トレーナーは、同じ徳島出身であり、同年代。藤本選手がパラリンピック3連覇した後、ぶつかった壁を乗り越えようともがく最中に出会ったのが稲垣トレーナーでした。
「4年後、日本武道館の舞台の上での景色を是非見たいです。それまで、コーチと二人三脚で向かっていきたい」。
そう話す藤本選手とトレーナーへの信頼は厚い。会場に来ている保護者の方、お子さんに向けては、こんなことも語りかけてくれました。
「子ども達の社会には子ども達のルールがあります。大人が介入することではなく、彼ら彼女たちが自分で解決の糸口を見つけることが必要です」。
彼ら二人は、スポーツにはセルフマネジメントが大事だと話していました。それは、出来ない理由を言い訳にして夢や目標を諦めるのではなく、自分で自分の環境を整えて、切り拓いていくこと。スポーツを通して、自分の人生から逃げずに立ち向かい続ける大切さ、そしてWOWを語ってくださった二人に大きな拍手がおくられました。

Today’s Madonna 今日の看板娘

松崎仁美さん

開店直後から行列がたえなかった徳島ラーメンのお店で売り子をしていた松崎さん。その弾けるような笑顔に触れると、ラーメンのおいしさもひとしお!「有名人をはじめ、いろんな方のショーをチラチラと見ながらお店番をしていました。素晴らしいイベントに参加できてうれしかったです」。そんな松崎さん、愛車はTOYOTAなのだそう。

  • Twitter
  • Facebook

WHAT WOWS YOU.

このページをシェア
  • twitterでシェア
  • Facebookでシェア