WHAT WOWS YOU.

WOW ACTION CLIP

2016.08.24 yamanashi

BACK TO INDEX

#02

山梨トヨペット 地域貢献活動キックオフ集会

地元出身のパラリンピック
選手を一丸となって
送り出す壮行会。

全国の販売店イベントの中で、心が揺れ動く瞬間を見つけていくWOW ACTION CLIP。今回訪れたのは山梨県・甲府市。
リオデジャネイロパラリンピック出場選手であり、山梨トヨペットが長年応援してきた鈴木徹選手の壮行会を兼ねた地域貢献活動のキックオフ集会に向かいました。この日はどんな「WOW」が生まれたのでしょうか。

きょうのイベントをつくった人

  • 山梨トヨペット代表取締役社長
    髙野孫左ヱ門さん

  • 山梨トヨペット
    横川紘子さん

きょうのがんばった人

  • リオ2016パラリンピック日本代表(陸上)
    鈴木徹選手

受付には開催30分前からずらりと並んだ長蛇の列。この日、甲府市にある会場では山梨トヨペットの全社員が集まり、これから地域貢献活動として取り組んでいく「ジュニアスポーツ支援」に向けてのキックオフ集会が行われました。またこの集会は、山梨県出身であり、リオ・パラリンピックに出場する鈴木選手の壮行会も兼ねています。

山梨トヨペットと鈴木選手が出会ったのは今から7年前のこと。新入社員のオリエンテーションで登壇を依頼したことがきっかけで、今年からは「ジュニアスポーツ」イベントを一緒に取り組んでいきます。
「このイベントでは、障がいを持つ人も健常な人もお互いに自然なんだってことを同じスポーツを通して経験できる場にしたいと思ってます」。
そう話すのは山梨トヨペットの髙野社長。
「最初はパラスポーツの支援をしたいと相談したのですが、鈴木さんは、障がいに対しての理解を自然と身につけてもらうには小学校低学年くらいまでに伝えたいですねとおっしゃったんです。また同時に、さまざまなスポーツにも触れてもらって、スポーツの夢を広く描いてもらえたらと話が進んでいきました」。
ジュニアスポーツという名前にはそうした思いが込められています。

会場の受付には、壮行会の準備に奔走する運営委員の一人、横川さんの姿がありました。鈴木選手に贈呈するイラストボードに、小指を金色に塗ってスタンプしてもらうよう、社員の方々を案内しているところです。
「言葉のメッセージだとみんな似ちゃいますから。だったらもう、金メダルへの気持ちを込めてスタンプをぐっとやるほうが絶対にいいよねって」
と横川さん。
とにかく地元ならではの温かみのある贈り物を渡したかったそうです。
こうして幕を開けた集会は、まずは甲府警察署から近年の交通事故状況の報告があり、髙野社長の挨拶を経て、壮行会へと続きます。実は鈴木選手が会場入りする前に、全体で応援エールの練習が行われました。社員全員を前に大きな声で音頭を取っている方に目をやると、練習とは思えない真剣な顔つきで、腹の底から太い声を振り絞っています。この時点ですでに、今日のWOWここにアリ!です。その声量からもともと応援団をやられていた方なのかと思いきや、
「そうではないらしいんですけど、皆を引っ張るなら彼だろうと。いつも全身全霊で。もちろん売り上げもとってもいい方です(笑)」
と微笑む横川さん。

いよいよ鈴木選手が壇上に上がると、社員の皆さんはきりりと顔を引き締めて真剣な眼差しをステージに向けます。講演テーマは「乗り越える力」。交通事故で足を失い、絶望の底から立ち上がるきっかけをつくってくれた恩師の話。大好きだったハンドボールをもう一度したいという想いでリハビリに向き合った話。
「皆さんから見ると強く見えるかもしれない。けれど、強くなるしかないんです」。
ときに障がい者のシビアな現実を織り交ぜながら、熱のこもった言葉でこれまでの生涯を語りはじめた鈴木選手に、社員の皆さんは息を飲むような表情で耳を傾けていました。
「僕は1cmという世界で戦っています。皆さんも、クルマをどう1台売るかの世界にいると思います」。
このように目線を合わせながら話をされていたのも、会場の意識をひとつにしていたように感じます。

講演後、鈴木選手には、花束と、社員みんなの指でスタンプしたイラストボードが渡されました。
「まさにWOWでしたよ!」。
日本の国旗にメッセージを書いてもらうということはこれまでの壮行会でも経験されたそうですが、こうした贈呈品は初めてだったようで、「とてもびっくりしました!」
と鈴木選手は笑顔で話してくれました。
その後、リハーサルでも行った全社員からの応援エールが行われ、この日の集会は幕を閉じます。その地域にいる選手を支え、つぎの時代の選手も支えていく。その想いをみんなで金色の誓いにして約束し合う決起集会となりました。

Today’s Madonna 今日のマドンナ

小澤奈々さん

今日の集会が開かれた「山梨県立男女共同参画推進センター」で臨時職員として働く小澤さん。「今回のイベントは、参加団体の目録を見ていて偶然知ったんです。パラリンピックに山梨県の方が出場するなんて、応援に力が入ります。同じ地元からこんなに素晴らしい人が輩出されているなんて、本当にうれしいことですよね!」

  • Twitter
  • Facebook

WHAT WOWS YOU.

このページをシェア
  • twitterでシェア
  • Facebookでシェア