WOW ACTION CLIP

2017.08.31-09.02 TOKYO 挑戦したら、夢中になって笑顔になった。
体験で感じる車いすバスケの魅力

Action Clip 特別篇 powered by Sportsnavi
学生との初めての車いすバスケ体験

「車いすバスケを体験している時、みんなの表情が生き生きしているように見えましたね。新たな魅力あるものに出会えた好奇心というか、すごく楽しそうに見えました」(麒麟の田村裕さん)

2020年まで、あと3年に迫っている。パラ(障がい者)スポーツへの関心はますます高まっている一方で、パラスポーツがスポーツとして当たり前になっているかと言えば、まだ伸びしろは多い。そんな中、8月31日から3日間、東京体育館で開催された車いすバスケの国際大会「三菱電機 WORLD CHALLENGE CUP 2017」(ワールドチャレンジカップ)では、日本代表の強化とパラスポーツの認知拡大を図るため、世界トップレベルの車いすバスケの試合を行うだけでなく、さまざまなイベントも実施。トヨタ自動車は9月1日に大学生を集めたバスケットボールクリニックと車いすバスケ体験会を行った。

車いすバスケは普段なかなか接することがないため、世界トップ選手のプレーのレベルの高さや、車いすでバスケを行う難しさを実感する機会は少ない。そこで学生たちに実際に車いすバスケを体験してもらうことで、その後のトップチームの試合の面白さ、すごさを知り、観戦の楽しみを訴求するとともに、車いすバスケの魅力を伝えていこうという取り組みである。

イベントには、車いすバスケプレーヤーで、日本代表候補の藤澤潔と宮島徹也、岩井孝義のほか、Bリーグのアルバルク東京でスクールコーチを務める塩野竜太、中村領介、応援団として、麒麟の田村さん、大西ライオンさんが学生と一緒に車いすバスケを体験した。

思い通りに動かない中で自由に動かすかっこよさ

参加者は悪戦苦闘しながら、車いす操作や車いすからのレイアップシュートに挑戦。大西ライオンさんは「車いすを自由自在に動かす壮快さ、自由に動いてくれない不自由さが魅力です。その中で選手が自由に『キュッ、キュッ』とスピーディーに動いているのを見ると、『すごくかっこいいな』『自分も動かせるようになりたいな』と思ってはまっていきますね」と興奮気味に語ってくれた。

実際、車いすからのシュート練習では、シュートした本人ももちろんだが、周囲も自分が決めたかのように喜び、ハイタッチしている様子が見られた。不自由な中で自由に動かすかっこよさに引かれていくのが、はっきりと見てとれた。

この光景に、田村さんは「見ているだけだと分からない、体験してみて分かる気持ち良さと言いますか、難しいですが挑戦してみたくなるような興味深さが車いすバスケにはあります。みんなが夢中になってしまう魅力がある」と分析した。

世界の強豪を撃破!日本代表が奮闘

もちろん車いすバスケの人気拡大には、日本代表の活躍が不可欠だ。ワールドチャレンジカップは、日本代表の強化を目的に今年から始まった新設の大会である。2014年世界選手権優勝のオーストラリア、強豪国のイギリス、今年欧州選手権を制したトルコの3カ国が来日。日本が格上相手に挑んだ。

日本は、U23世界選手権で4位になるなど若手が台頭しつつある。U23世界選手権で主力として活躍した鳥海連志や古澤拓也がコート上で積極的なプレーを展開。日本のエースである香西宏昭らも得点を重ね、新たな可能性を示した結果、トルコを二度にわたって破り3位に入る奮闘を見せた。

車いすバスケプレーヤーを代表してイベントに参加した藤澤は「代表もしっかり国際試合の結果で『(日本は)強いんだぞ』という実績を残しつつ、メダルを狙える位置にまでレベルアップすることが、いろいろな人が車いすバスケに興味を持つきっかけになると思います」と話し、日本チームとしてのさらなる躍進を誓っていた。

体験から観戦、そしてファンへ

「車いすバスケに触れ合ってみると、参加した方はすごく良い笑顔になるし、楽しさに気付いてくれます。『もっと早く来れば良かった』とか『もっと体験してみれば良かった』と、みんな言ってくれるので、体験や僕たちタレントを通じて、もっと車いすバスケをいろいろな人に知ってほしいですね」と話す田村さん。車いすバスケの認知拡大に、今回のような体験会が有効だと訴えていた。大会運営やイベントに協賛したトヨタ自動車は今後、大会だけでなく、同社の販売会社などでも同様の車いすバスケ体験イベントを継続的に開催していく方針だそうだ。

イベントを終えて、田村さんは「車いすバスケに興味を持っている人でも、なかなか普段、車いすバスケと接点がないので、こういう国際大会の機会に体験できる場があることはすごく良いこと」と強調。2020年までにパラスポーツを当たり前のスポーツにする──。体験から観戦、そしてファンへ。認知拡大と強化の両面でワールドチャレンジカップは画期的な大会となっていきそうだ。

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
PAGE TOP

WHAT WOWS YOU.

このページをシェア
  • twitterでシェア
  • Facebookでシェア